おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「レディ・ガイ」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

殺し屋が死の淵から舞い戻った時、何故か女性になっていた?…何ソレどこのカーミ・サンチンby「県立地球防衛軍」実写化ですか、まぁパクった訳じゃないのは分かってるけど観るぜ!
でも日本語デカ字幕って、最近どっかで見たな…しかもこのテイスト、あー「アンデッド刑事」臭いわ。笑
まだ男の殺し屋なのに声が女、分厚い胸板に胸毛ボーボーでも筋肉が女…無精ヒゲでも目許や肌ツヤが女、つまり不気味マッチョなミシェル・ロドリゲス。
雇い主に裏切られ女性化し、ようやくララ・クロフト2世に?…まさにサンチン的リアクション、なのにコメディじゃないのね本作。笑
要はシリアス・バカ映画?

マッド・サイエンティストな整形外科医も勘違いバカなのに、笑いを誘う間がないから台無しですよ…緊張感のあるBGMを要所々々で止めるだけでも違うのに、そういう演出イヤなの?
原題は「THE ASSIGNMENT」、意味は作業割り当てとか研究課題?…よく分からないけど「アンデッド〜」同様'16年の映画ながら監督がウォルター・ヒルで音楽にクレジットされているのがジョルジオ・モロダーとゴージャスでビックリ!
整形外科医がシガニー・ウィーバーだったのも驚き、その他トニー・シャルーブやアンソニー・ラパーリアも主要な役で出演。
0
    | cinema | 2018.07.31 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top