おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「恋するポルノグラフィティ」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

原題「ZACK AND MIRI MAKE A PORNO」、ケヴィン・スミスが監督&脚本で主演はセス・ローゲンエリザベス・バンクス…当然ザックはセスでミリーがリズね、そして伝説のポルノ女優トレーシー・ローズもバブルス役で共演という'08年に製作されたラブコメです。
ちなみにバブルスはチンパンジー関係じゃなくて、彼女の特技に由来してます。笑
ザックとミリーは幼なじみ、一緒に住んでるのは単にコスパの問題…でも色々と大雑把すぎる点は似た者同士、電気も水道も止められて家賃も滞納で厳冬のペンシルバニア州ピッツバーグに放り出されるピンチ!
同窓会でミリーが高校時代に憧れていたボビーはゲイ化していて、恋人のゲイ男優がポルノ主演で製作と配給も手掛け年収10万ドルと知ったザック。

そこで「ミリー、売春だ!…いや待てポルノだよ、自分らで作って売るんだよ!」って。笑
ミリー“そんなに簡単ならみんながやってるでしょ?”
ザック“他の奴らには選択肢とプライドがある”
ザック“パリスは暗視カメラでフェラを撮られたが――小学生に香水を売ってる完全にアホだ”
ザック“同窓生がポルノに出てたら自分だって観るだろ”
ザック“20ドルで千枚 売れたら全ての支払いが出来る”
ミリー“だけど知らない人とはイヤ”
ザック“今回のことも笑い話になるさ”
…というコトで、スタッフと役者を集めるザック。

“売れるポルノの題名は――ヒット映画をもじってる”という訳で、「スターウォーズ」をパロった「スター・ホアーズ」がクランク・イン。
ところが翌日、セットも機材も全部失う憂き目に…でも諦めないんですねー、ナイス村西もヨヨチューもビックリ(しないか)の大技発動!
“時には――誰かに教えてもらって初めて見える事もあるんだ”
大筋は予想どおりでしたけど、まさかポロリじゃなくてホロリとさせられるとはなぁ…まぁ観れば分かるけど実際ドキドキしちゃうのはヤッてる場面じゃないんだよね、しかし明け透けで品のないエリザベスってのも妙に可愛いです。

選曲はドナルド・フェイゲンにピクシーズジザメリプライマスなど。
ポスト・プロダクションの音響効果にルーカス・フィルムのスカイウォーカー・サウンドが供給されてて、本家お墨付きってコトですかね?
でもエンドクレジットを遮ってのフェイクCM“ZACK and MIRI Make YOUR Porno!!!”って、本編でここに伏線張るなよ!笑
謝辞の後に宣伝とか“Christ, I spend too much time on the internet...”とか要らんクレジット入れ過ぎですが、まぁ最後に日本語版のクレジットもあったからいっか。
恋するポルノグラフィティ(←左クリックで拡大表示されます)
0
    | cinema | 2018.08.12 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top