おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近やったゲーム >>
最近みたDVD
「ジオストーム」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

'17年のアメリカ映画で、タイトルは地球規模の巨大な嵐の事らしいです…所謂ディザースター・ムービーを観たのは、本作が初めてだったんじゃないかな。
ところで、こういう映画を観るなんて不謹慎!的な意見もありそうですよね…でもまぁ他人を批判してる人ってのは、自身が抱えている問題から目を背ける口実が欲しいだけですから。
ともあれ我ながら急に災害映画を観たい気分になったのは不思議です、別に自然災害のニュースが急増したような気がする事とは関係ないんですよね…なんといいますか、自分を生かしている大きな存在への畏敬を実感したくなった的な?笑

で本作、ザックリ言っちゃうと「異常気象対策として人工的に気象管理しようとして機器が暴走」&「事態の修復に命を懸ける主人公たちの黒幕捜し+真相究明」という…昔の災害映画と違うのは「誰も悪くない」んじゃなく「自然は悪くない」点ですかね、単なるパニック映画では新味に欠けるのかもしれませんけど。
まぁ現実世界では国際気象宇宙ステーションなんて今のところ実在しませんが、いつ実現しても不自然ではないし実現すれば何かしら問題は起こり得るだけに生々しいな…実際、歴史上「神の領域」へと踏み込む度に人類は負の遺産を背負い込んできてる訳ですし?

いやいや原子力だけでなく、遺伝子工学とか延命医療とか人の営みから外れた技術には何でも功罪の両面があるでしょ…そして一つもマイナス要素を解決した試しがない事実ね、これは僕が知らないだけだったりして?笑
本作には“技術に頼り人間性を失えば地球は滅ぶ”というディーン・デヴリン監督らのメッセージが込められているそうです、でもきっと人類は反省しない生き物ですから壮大なSFXを呑気に楽しみましょう。
めくるめく破滅のスペクタクル、むしろ他人事感覚ではなく地球の生態系と共に滅びゆく自分を想像するという背徳的な謎の快楽!
あ、僕って変態ですか?笑

ディテールには色々と妙な点が散見されましたが、対照的な兄弟の確執と和解を軸に政治的陰謀を暴くストーリーは素直に楽しめました…逆に言えば宇宙ステーション周りの「ゼロ・グラビティ」っぽさの方が見せ場になってた印象で、むしろ世界各地の人工災害はメインじゃないのが物足りなかったなー。
だけど語り手でもある主人公の娘を演じたタリタ・ベイトマン(CVは潘めぐみ)、大人っぽいわ演技達者だわ何者だよ…ちなみに国際気象宇宙ステーションの司令官ウーテを演じたアレクサンドラ・マリア・ララ(CVは田中敦子)は、先日みた「遥かな町へ」で主人公の母親アンナ役でした。
他にはアンディ・ガルシア(CV・内田直哉)がアメリカ大統領役で出演。

しかし主人公の弟が密かに付き合ってるシークレットサービスの彼女、この吹き替え素人は誰だ?と思えばブルゾンちえみでしたか…そこそこ出番が多くて本筋には絡まないポジションにあてがったCVキャスティングは見事だわ、主人公役ジェラルド・バトラー(CV・上川隆也)と弟役ジム・スタージェス(CV・山本耕史)は違和感のない吹き替えでした。
ところでアンセル・アダムスの写真が使われてたようですが、どこら辺だったやら気が付きませんでしたよ。
毎度エンドロールを隈無くチェックしてる訳ではないんですけどね、本作みたいに5分以上あると尚更に…でも日本人名だとローマ字表記でも割と目に付くんです、本作ではビジュアル・エフェクトを担当した会社のスタッフとしてユウジ・ヤガサキとジュン・ワタナベの名が。
0
    | cinema | 2018.09.09 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top