おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「劇場版総集編オーバーロード 不死者の王【前編】」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

西暦2126年にリリースされたDMMO-RPG「ユグドラシル」、以来12年を経てサービス終了の時を迎えようとしていた…ハンドルネーム「モモンガ」はラスボスみたいな風体のアバターで孤独を噛み締めていましたが、サーバーがダウンする時刻を過ぎても終わらない?
しかもメニュー画面が出なくなるわ配下のNPCが生身だわで混乱するモモンガ、とりあえずサービス終了までに獲得済みだった能力は維持されていると判明、でも肝心の運営とは連絡が取れないし他にも残存プレイヤーがいるのかは不明。
しかし地上の変化から、自分の作った地下墳墓迷宮ごと異世界転移したようで。

兵士に襲われていた近隣の村を救い、正体を隠して情報収集に…どうやら戦士長を巡る政争に巻き込まれたモモンガ、その名を「アインズウルゴウン」に改め世界制覇に乗り出すと決断。
理由の一つは、未だ確認すら出来ない残存プレイヤーがいるとしたらアインズの名に覚えがある筈だから。
そしてもう一つは、迷宮の支配者に君臨するガイコツ大魔王としての非人間的な性格からなのではないか?
そもそも地下迷宮の元NPCは魔族ばかりで人間など下等生物扱い、自身も内面では冷血な己の感覚に驚きつつ抵抗は感じない様子。

より多くの情報を得るべく近くの町で「モモン」として冒険者登録したアインズ、駆け出しの身分でも態度は魔王…しかし冒険者ギルドの貼り紙に「んー、読めん」は笑ったわ、言葉は通じるのに文字が読めないのは電脳世界の名残りか?
格上パーティに誘われモンスター討伐に、と思ったら名指しの依頼が…あらゆるマジック・アイテムを使える異能者から薬草採取の護衛、で先約の冒険者パーティを孫請けにして向かった森で“賢王”と畏れられる巨獣との一騎討ちに勝利。
この巨獣を見てガックリ、ギャグのセンスねーなぁ!
正直「読めん」以外は、イラッとする詰まらなさ。

エンドロールで流れる曲が、何故か今更マリリン・マンソンのフォロワーかっていう微妙さで…'17年でコレは如何なモンかね、いや曲に限らず全体的にだよ。
これじゃ後編も期待薄だな、まぁ観る気でいるけどさ…いわゆるヒロイック・ファンタジーの現代版がオンラインRPGを下敷きにするのはともかく、笑わせる気なら「間」ってのを考えた方が好いね。
っていうか、仮想RPG→異世界+チート級って「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」か!


【後編】「漆黒の英雄」
0
    | animation | 2018.09.15 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top