ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

原題「JAY AND SILENT BOB STRIKE BACK」、特典映像とオーディオ・コメンタリーがあるのはコレクターズ・エディションだからですかね…前に観た時にはなかったような、というか内容自体も大枠でしか覚えていないのですが後々になって観たコメディ映画の多くに本作が何かしら関係している事に気が付きまして。
まぁ過去に観た時も大爆笑!という程じゃなかった気はしましたし、ザックリとですがストーリーも覚えてたけれど借りてみました。
監督兼ボブ役のケヴィン・スミス、彼の商業デビュー作「クラークス」は評価が高いようですけど…初めて本作を観た後で観たら非常にショボかったんだよなー、なのに本作は無駄に豪華なキャスティングなのですよ。
そういう意味でも、よく分からない映画です。笑

“遠い昔 はるか彼方のコンビニの前で…”とスターウォーズ風に、70年代ニュージャージー州レオナードのコンビニ前から始まります。
ジェイとサイレント・ボブは対照的なキャラ造形で、片やハイテンション喋りまくりで片や喋れなくはないけど寡黙…元はケヴィンが以前に撮った映画の脇役らしく、つまりスピンオフではありますが前作との関連は気にせず。
基本的にお下劣ギャグというよりも、単にガキみたく「ち○こま○こ」連呼してるだけなのでオススメはしません…でも“俺らの理想はモーリス・デイとジェローム”なジェイが「Jungle love」を絡めるラップは今でも面白いわ、実際にラストを映画「パープル・レイン」みたいなザ・タイムの「ジャングル・ラブ」オンステージにするサプライズも最高!笑
ジェイの心の天使が言う“put the dick down”も笑ったなー。

彼らをモデルにしたアメコミが映画化されて大金が転がり込む!と聞かされ、原作者(ベン・アフレック)から肖像権料を貰おうと尋ねたら「権利は売った」とかわされ…しかもネットで漫画のキャラと自分たちが混同され叩かれてる事にムカついて“3日で映画製作を阻止する”ためハリウッド行きを決意、ヒッチハイクを敢行するも敢えなく挫折しファストフード店に入ると何故かボン・ジョビ「Bad medicine」に乗って美女が現れジェイは一目惚れ。
彼女らが反動物実験の抗議集団を装った女性窃盗団とも知らず、バンに相乗りしてコロラド州ボールダーへ…旅仲間のフォーク青年(ショーン・ウィリアム・スコット)を放り出したせいで、彼ら2人がダイヤ強奪のデコイ役にされたとも知らず。

ダイヤ会社に隣接する製薬会社のモルモットを解放しオランウータンを連れ出したら、パトカーに囲まれるわ乗ってた車は爆発するわで荒野をさ迷う羽目に…連邦野生動物監視官(ウィル・フェレル)は2人を動物愛護テロリストとしてユタ州へ追跡、何とかミラマックスの撮影所に潜り込んだ2人はスター俳優ベン・アフレックマット・デイモンの撮影エキストラに紛れ、ガードマンと追い掛けっこの果てに自分たちの役で駆り出され。
監督(クリス・ロック)の前で敵役(マーク・ハミル)とバトル中、そこへ乗り込んできた野生動物監視官&ボン・ジョビ女+窃盗団の姐御たち…因みにキャリー・フィッシャーはヒッチハイクの尼さんドライバー役で、「グッド・ウィル・ハンティング2」監督役ガス・ヴァン・サントやアラニス・モリセットも最後にチョロっと出演。

ずっとタバコ吸ってる2人、いやタバコだったよな?…巻いたハッパを“ドゥービー・スナック”と言ってたので(やっぱり「ドゥービー・ブラザーズ=ハッパ兄弟」説は本当だったんだ!)と、妙なムダ知識も。
本作も「恋するポルノグラフィティ」と同様にスターウォーズのパロディやっててスカイウォーカー・サウンド、BGMはジョー・ウォルシュブラッドハウンド・ギャング/ステッペン・ウルフ/ランDMCPJハーヴェイビージーズといった感じ。
'01年作。
スヌーガン!


オーディオ・コメンタリーでの再視聴


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Jay And Silent Bob Strike Back: Jay's Rap Song w/ Lyrics』(初っ端からザ・タイムへのリスペクト、掴みの小ネタかと思わせてラストは本人達でっていうマジ加減が堪りません。笑)


『Jay and Silent Bob - Trouser Snake』(“put the dick down”シーンです、とりあえず「俺たちは天使だ」よりは可笑しいかと・・・)
0
    | cinema | 2018.10.16 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top