おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ドランクモンキー 酔拳」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

やっぱり借りちゃいましたよジャッキー・チェンの出世作、英題「DRUNKEN MONKEY IN THE TIGER'S EYES」若しくは「DRUNKEN MASTER」…'78年の香港映画で、ユエン・シャオティエンディーン・セキも出演しております。
しっかし、すげーピンボケ!…ま、味っちゃあ味ですけどね。笑
それと音声選択を広東語にしてても出演者の半分は英語で喋ってるのね、っていうか急に声音が変わる感じは敢えてオーバーダビングしたようですが何故?

ジャッキーは広東十虎の1人と謳われる拳法家のドラ息子、ホクロ毛を伸ばした師範代ディーンに楯突く位には強いけど自信過剰で怠慢…厳しい親父の命令で師範代がマンツーマンで修行させるのですが、やはり不真面目さがバレて他家へ弟子入りさせられる羽目に。
酒場のシーンでは確かに次長課長の河本?に似てる脇役が登場し、思わず笑っちゃいました。

それにしても素人目ながら組み立てが素晴らしいカンフーの殺陣には、今観ても感嘆します…殊にユエン師匠の下での修行シーンね、この時の師匠って実年齢は幾つだったんだろう?
ジャッキーより動きにキレがあるような、ってその辺は撮り方なんでしょうけども。
そして若かりしハリー細野みたいな殺人拳の遣い手、これがまた妙にカッコイイ!

悔し泣きで走り去る屈辱からの敵討ち、というお約束展開…ラスト3分で見せるオリジナル酔八仙は見どころです、“手は戸を探り 足は戸を破る”とか漢詩っぽく意味あり気だけど訳が分からないフレーズが個人的にツボりました。笑
しかし本作は決戦も明るく、父と和解のハッピーエンドです。
因みにジャッキーが演じたフェイフォンは実在の人物だそうで、但し酔八仙拳でなく洪家拳法だとか。
「ライターのリック・マイヤーズとジェフ・ヤンによる音声解説」は、また改めて。
「ドランクモンキー 酔拳」(←左クリックで拡大表示されます)


〈ジャッキー・チェン〉関連記事:
【最近みたビデオ】「蛇拳」| 2007.09.14
【最近みたDVD】「ドラゴン・キングダム」| 2013.04.25
【最近みたDVD】「カンニング・モンキー 天中拳」| 2018.02.11
【最近みたDVD】「ドラゴンロード」| 2018.02.22
【最近みたDVD】「スキップ・トレース」| 2018.03.14
【最近みたDVD】「ドランクモンキー 酔拳」(再視聴)| 2018.10.28
【最近みたDVD】「シティーハンター」| 2020.06.20
0
    | cinema | 2018.10.27 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top