ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ドランクモンキー 酔拳」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

「ライターのリック・マイヤーズとジェフ・ヤンによる音声解説」で再視聴
誰かと思えば武術の著書も出している“アジアン・カルト映画のコラムニスト”で、要するにプロのマニアですな…ジャッキー・チェンがアメリカで知られる以前から彼に注目していたという、いわば筋金入りのカンフー映画ヲタク。
リックが喋り慣れてる印象ですが、発言の途中で遮ったり話題を変えたりと若干コミュ障なのでジェフは苛ついたんじゃないかな?笑
70年代末にマーベル・ヒーロー映画のわざとらしさを嘆いていた時、本作を観て興奮したリック曰く“いいカンフー映画は――オペラとバレエの融合だ”そう。

リックもジャッキー本人も、常に「酔拳は創作だろ?」と訊かれるそうですが…リックの弁によれば“酔拳のいいところは何にでもなれるところ”で、“蛇拳や猿拳を知っていればそれを取り入れられる”実在する拳法なのだとか。
ただし、現実でフェイフォンが継承した洪家拳は“虎と鶴の融合”で“少林寺の敵に復讐するべく洪夫婦が編み出した拳法”だったとか…“妻は鶴拳 父は虎拳を息子に教えそれが洪家拳となった”そうで、本作の英題「DRUNKEN MONKEY IN THE TIGER'S EYES」に猿と虎が入っている理由もそこにあったのね?

無影手を遣う殺人拳法家を演じたハリー細野っぽいウォン・チェンリー(黄正利)はテコンドーの名手、大阪生まれの韓国人とは意外でした。
カンフー・バトルのシームレスなアクションは今も見とれるほどですが、やはり本作最大の見どころは特訓シーンでしょう…カンフー・アクション中心に組み上げたようなストーリーでも構成に無駄がなく、多少の台詞は聞き飛ばしても展開が読めるシンプルさも世界的にヒットした理由でしょうな。
ところで根本的な疑問として、酒が切れると精度が落ちる酔拳を若い弟子に伝授したのは何故なんでしょうね?笑

実際は違うのかもしれないけれど、本作での酔拳が「変幻自在だが酒に支配される諸刃の拳」として描かれている点に関しては、16年後の正統的な続編の伏線にもなっているそうで…超えてはいけない“酔う”と“酔っ払う”の境界線の話が「酔拳2」ではあったらしいです、観たけど覚えていないなー?笑
“酔っ払ってしまえば力は出ない”ので、飽くまで“少し酔ってリラックスできる程度”でなければならないのが酔拳の秘訣なんですと。
う〜ん、だけど師匠の呑みっぷりは明らかに度を越えてたんじゃ?笑

因みに師匠と知らずに出会う飯店で、ジャッキーが乱闘中に足を突っ込んだ壺は尿瓶というそう(いわゆる「しびん」じゃないよ)。
つまり少なくとも清代末期までは、食堂の床に置かれた壺で小用を足していたのね…師匠と寝起きするあばら家にも大きな尿瓶はあったけれど、あれは(特訓期間限定の住居だから)だろうと思ってましたよ。
あんな大きな瓶に溜め込んでたら、中身を捨てるにしても特訓が要りそうですなー…山の中の一軒家で、どう処理してたのか考えると(外に穴掘ってしたら?)と思っちゃいますよ。笑


長文になったので下段に分けました。

ブルース・リーの後釜を狙う数多の俳優の一人である事を製作者のロー・ウェイに求められ、しかも人気が出ず契約を切られる寸前だった当時のジャッキー…そんな彼が別のプロダクションに貸し出され、カンフー・コメディである「蛇拳」と本作に主演するや世界的な大ヒットに!
しかし彼は「蛇拳」を撮る以前から“ブルース・リーとは正反対のことをやりたい”と明言していて、結果的に“それまでのカンフー・コメディーにない”つまり京劇スタイルではない笑いを確立した2作で先見の明を証明した訳ですな?

見る目がなかったロー・ウェイの醜聞は、Wikipedia情報に譲るとして。
後に「マトリックス」でアクション監督を務める本作の監督ユエン・ウーピンは“ジャッキーの自由にやらせた”事で、それまで英雄として数多くの映画で清廉潔白に描かれてきたウォン・フェイフォンが下品でコミカルな人物像へと大胆に改変され…いわば業界的には掟破りでも、西洋文化に馴染んだ若者から熱狂的に支持されたのでした。

ちなみに香港では「蛇拳 (蛇形刀手)」の続編としても知られる本作「酔拳(Zui quan)」、とはいえ同じウォン・フェイフォン物ながらストーリーの関連性は皆無だそう。
ただし、例えば本作でフェイフォンの父親役を演じている俳優が50〜60年代の映画でフェイフォンを演じていた人物でもあるとか…そういった関連性が可笑しさに一役買っていたりする、独特の映画文化が香港にはあるようで。

“香港のコメディー映画を本当に笑いたいと思うなら――香港の過去の映画や文化を知らなければならない”
“ただ単にドタバタを演じているわけではなく――すべてに元ネタがあってパロディーの域を超えている”
“実は当時 隆盛を誇った俳優たちの世代は――伝統的な京劇の学校で訓練された最後の世代なんだ”

故に「初期のジャッキー作品に拷問的なシーンがある事と、彼が実質的に売られた京劇学校の厳しい体罰とは無関係じゃない」とする指摘は、若干こじつけっぽい気もしますが興味深いです。
そういや京劇でジャッキーの弟分だったユンピョウや兄弟子のサモハンとは、この後3人で主演した映画を何本もヒットさせましたっけ。

ともあれ、この成功でジャッキーは“世界一自由なフィルムメーカー”となり“香港では必要なだけ製作費と人材と――時間が与えられる”立場を得たのだとか…ジャッキー映画では恒例となったエンディングのNG集は、数年後に出演する「キャノンボール」ラストの台詞NG集をヒントにしたとの事。

それとユエン・シャオティエンこと袁小田(サイモン・ユエン)はウーピン監督の父親で、'78年の公開当時66歳!…やはり顔が映らない場面はスタントだそうですけど、ご本人のキレのある動作はカーアクションの早回し手法ですかね?
ベテラン役者ではあったものの「蛇拳」と本作でジャッキーと共に一躍スターに、しかし翌'79年に心臓発作で亡くなったのだそうです。
0
    | cinema | 2018.10.28 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top