ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ReLIFE」File.6(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

「report10 みんなのワガママ」は前巻の続きから、まったく腹立つな狩生…って、まんまとハマってる?
ところで、こんなラウンジーなピアノがBGMで違和感ないのが不思議だわ…今回は鍵盤が坪口昌恭で打楽器は芳垣安洋、やっぱりアフレコ形式で映像にインプロで当ててるのかなぁ〜?
狩生と玉来の仲直りに一肌脱いだ日代と、それを支えた海崎…逐一モニターしていた夜明がナイス・アシスト、で小野屋にツッコまれて若干アタフタという。笑
前話で日代が持ち掛けた「リベンジ」を受けた海崎が、よりクラスメイトにコミットしてゆく流れにリライフ側も手応えを感じてる?

のっけから「元に戻る薬が欲しい」と夜明に切り出した海崎、リタイアって訳じゃなく墓参りって…そう、会社員時代のトラウマでもある先輩の命日だからと。
実は前年の墓参も知っていて「心配だから付いて行く」夜明、どんだけ入念な身辺調査してんだリライフ!
そんな「report11 過去トリップ」、同行したがる小野屋に夜明は頼み事…夜明と二人で大人に戻った海崎、しかし夜中の墓参りってのは感心しませんなぁ〜。
更に会った事もない後輩まで夜中に墓参りですか、近頃そういうスタイルなん?
「一度きりの人生をあんな会社にくれてやるほど云々」とは、言ったねぇ海崎!

夜明も策士というかお人好しというか、まぁ見方によっては彼や小野屋をアツくさせてる海崎の人徳ってか?…珍しく学校抜きのタイトな回でしたが、転落人生の裏事情と振り返れる今のアナザースカイ感が伝わってきて僕も「カンクン月光浴」を思い出したり。笑
そして流れるはケミストリーの「Pieces of a dream」、スタッフクレジットの背後に挟まる水彩タッチの一枚絵に合わせたサビのタイミングが上手いよねぇ。
アラサーのJK煩悩に見せ掛けた学園ラブコメ、と思わせて何気に生き辛さを抱えた若手社会人へのエールって…ちょっと好きだな、適度にメッセージしてて。


次巻

前巻
0
    | animation | 2018.11.14 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top