ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
穂村弘「もしもし、運命の人ですか。」

本書は初版'17年の角川文庫ですが、単行本として出版されたのは10年前…ですよねぇ、だってタイトルは初めて著者の本を読んだ時点で知ってましたから。
8年前のMF文庫ダ・ヴィンチに続く、二度目の文庫化なのだそうで…出版不況などと叫ばれる昨今でも売れる、だからこその再文庫化という事なのでしょう。
穂村弘といえば恋愛エッセイ、今や平成の俵万智といえるトップ短歌人にも関わらず短歌集よりエッセイ集の方が出版点数が多いのでは?とも噂される(要出典)著者が本領発揮した一冊。
恋愛エッセイじゃなくても女性への妄想を炸裂させる、そんな著者の本領発揮。

そう、妄想こそが著者の凄味といえるでしょう…何故かエロには発展しない、甘さ控えめな塩っぱいロマンチックさは我々が抱く女性への妄想と微妙に異なる次元で繰り広げられる世界。
それは正に「心の関節を外す」短歌の延長線上にある著者の主戦場、決してアウェイでは勝負しない戦略が奏功している事は巻末解説でも明らかです…漫画家とミュージシャンという、言葉に関わる異業種の女性2人が解説文を寄せているなんて異例中の異例ですよ。
放っておいたら次作の解説は後2〜3人ぐらい増えてそう、しかも女性ばかりが…このマーケティング巧者め、この屁理屈解説者め!

悔しいので、僕も著者に倣って内心に秘めていた妄想を公言する事にしました…まっすぐ「やらせて」と口に出す清々しさとは裏腹に、お叱りやらお小言などを頂くばかりてすけれど。
もし(嘘ばっかり)と思ったならば、著者の明かすエピソードはどうなんだろう?と考えてみてください…本書に限らずエッセイの8割方が塩ロマンて、そこまでネタ帳みたいな恋愛未満遍歴が真実であるのかを。
ですから女性読者のみなさん、著作の中の著者と本人を混同してきゅんきゅんしないでください…実際、著者は“平成二十五年くらいにはアクシデントと流血が似合う男になっているだろう”と書いてるじゃない?

だけど、だからといって女性読者が夢から醒めたような目で僕に振り向いたりはしないんだよね…そんな風に思った瞬間、雷に撃たれたように著者の気持ちが僕の心に伝わってきました。
“知っているよ。そんなこと。行きなさい。行きなさい。行って雨にうたれて血と泥にまみれて罵って平手打ちして泣きじゃくって抱き合って、一度きりの命を燃やしてくるがいい。あとのことは気にしなくていいよ。デザートは君の分も食べてあげるから。私は怒りや羨望を通り越した静かなやけくその境地に達していた”(p.27)
妄想の新形態を切り拓いたトップランナーによる、妄想男子のバイブル的一冊。


〈穂村弘〉関連記事:
【最近読んだ本】穂村弘「いじわるな天使」| 2007.09.21
【最近読んだ本】穂村弘「本当はちがうんだ日記」| 2007.09.23
【最近読んだ本】穂村弘「世界音痴」| 2007.10.04
【最近読んだ本】穂村弘「現実入門」| 2007.10.08
【最近読んだ本】穂村弘×寺田克也「車掌」| 2009.02.23
【最近読んだ本】穂村弘「絶叫委員会」| 2011.09.11
【最近読んだ本】穂村弘「にょにょっ記」| 2012.09.14

〈短歌〉関連記事:
【最近読んだマンガ】小手川ゆあ「ショートソング」1巻| 2009.11.07
【最近読んだマンガ】小手川ゆあ「ショートソング」2巻| 2009.11.19
【最近読んだ本】枡野浩一・選「ドラえもん短歌」| 2013.01.24


以下、個人的メモ。

“私は「ときめき」が薄れて恋が水平飛行に変わることを恐れる。何故なら、その次に来るのは下降だからだ”(p.8)

“「タイプ分類」や「未来予測」の感覚が発達し過ぎると、目の前の恋愛に対する集中力は失われ、その喜びも半減してしまう。だが、それがわかっていても、経験が生み出す自らの心の動きを完全に封じるのは難しい”(p.23)

“それは……、今日という一日が始まったときには考えもしなかったような「思いがけない良いこと」だ”(p.60)

“どうして誰も僕と甘酸っぱさを分け合ってくれないのか。誰だか知らないけど、どういうつもりなのか。永遠に生きるわけじゃないんだぞ”(p.62)

“胸が痛い。
 ほとんど物理的に痛い”(p.63)

“まだしてません。
 それはもうロマンチックという範囲を超えている。
 わかっている。
 まともじゃない。
 でも、今日も私の視線はサーチライトのように女神を探し続ける。
 真夏に長袖を着ているひとをみるだけで、おっと思う。(中略)
 絵本のなかのかぐや姫に、おっ。
 雪女に、おっ。
 世界は女神に充ちている”(p.68)

“私のことを嫌いじゃないあなたは、私のことが好きなのでは”(p.90)

“女友達の恋人や旦那さんに対して全く魅力を感じなくて、どこを褒めていいかわからなかったら、とりあえず「やさしそう」と云っておく、とのことだ。思い当たることがあって怖ろしかった”(p.92)

“恋患いというだけはあるが、さらに云うと、免疫のない若い個体には、それぞれの症状がより強く現れるところも似ている。恋も風邪も、子供は一気に高熱が出てすぐに下がるのに対して、歳を取るとなまじ免疫があるせいか曖昧に始まってぐずぐずと長引くのだ”(p.131)

“(2)OKのとき
 手を握り返す。その場合は男性は暗いところに車をとめてゆっくりとキスを試みてよい(ゆっくりなのは、「やっぱり嫌」という権利とタイミングを女性側に与えるため。「やっぱり嫌」が出されたとき、男性側は一回に限りゆっくり再チャレンジしてもよい)”(p.138)

“だが、共有した筈の過去の否定とは、相手の心変わり以上に受け入れ難いものである。切り捨てられる側は、つい「あの頃の俺たち」的なことを口走りがちだ。そして、思い出を口にすればするほど逆効果、という現実を思い知らされることになる”(p.161)

“「不思議ちゃん」にもいろいろあると思うが、その必然性を突きつめると、多くの場合、世界に免責される特別な存在でありたい、という本人の自意識(というか無意識?)にいきつくのではないだろうか。
 その動機はわかり過ぎるほどわかる。
 つまり、全く「不思議」ではないということだ”(p.179)

“この本は、奥手の中年男性が運命の人を探し求め、ああでもないこうでもないと奔走するほんわか恋愛エッセイ、だと思ったら大間違いだ”(p.202「解説 パンクと、恋と、穂村弘」ハルカ)
0
    | books | 2018.11.26 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top