おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「infini-T Force」02(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

なんと本作、Wikipedia情報ですが“タツノコプロ創立55周年記念作品”らしいですね…因みに実写版「ガッチャマン」とか「ヤッターマン」とか、おそらくは先日観たアニメ「夜ノヤッターマン」も含めた各リブート作品を引っ括めた壮大なアニバーサリー企画の一環と何かで読んだ気が。
前巻で破裏拳ポリマーの宿敵を退けるも、EP.04「IMAGINARY FRIEND」ではテッカマンが“強い遺伝子”を求める吸血少女ベルに目を付けられ…一方ハロウィン・パーティーへ出掛けたエミは、幼なじみの気遣いを冷たくあしらってさ迷う内に“ケース”の持ち主と知ったベルに襲われます。

武装少女に対抗するはテッカマン&ペガス、そういやテックセッターって痛みを伴うんだっけ…またもや別の次元らしき渋谷に連れ込まれたエミたち、堪りませんねぇこの廃墟っぷり!笑
ちょっと「楽園追放」っぽい市街地ドッグファイトも束の間、呆気なく武装ベルリン戦意喪失…しかし今時なエミの褪めた態度のせいか、昔気質なヒーロー達の芝居がかった立ち居振舞いは不自然で鼻につきます。
それも世代の温度差を演出する狙いでしょうけど、流石に“名を名乗れ!”なんて言っちゃうのはなぁ…彼女の通う女子校もギャルゲ的な嘘臭さだし、全体がエミ目線で描かれてない?笑

お次のラジャは、その成りで普通にエミ宅をピンポンして“初めまして”って!…しかもキャシャーンが「操られていた時に見覚えある」と言ってる割に、居間に通してご対面とはな!笑
掴みはオッケーなEP.05「INVISIBLE FUTURE」、いきなりギャグ路線かと思えばラジャのお悩み相談は人情路線だし…曰く“理想の世界を創る”というZの理念に共感し手を貸してきたものの、本心を知ったからには既に人でなしのZ=エミの父親を討つのでヒーローズと共闘したいのだとか。
ラジャの過去に己を見たキャシャーンは彼の“差別なき世界”実現に傾きます、情けに訴えるねぇラジャ!

彼が連れ込んだ異次元の渋谷も魅力的な廃墟っぷりだわ、それぞれにホームタウン的な世界があるのもユニークですが…結局は自分のテリトリーで本音むき出し、虚無と絶望の根底にあるのは憎悪と怒りなのか?
哀戦士キャシャーンの熱い説得で初心に還ったラジャは大人しく結界に封じられますが、直後に神社の場面って事は日本式の鎮守=御霊信仰を意識したのかな?
これで一段落かと油断したら再登場ダミアンの奇襲でスキルを奪われたケン、生身のまま変身さえ敵わずダミアン世界へ連れ込まれ…EP.06「INFINI-T FORCE」で、ダミアンはエミに“ケース”に願えと脅します。

ベルリンもラジャも分かり合える余地がありそうでしたが、ダミアンだけは無理っぽいね…次元の歪みを察知して駆け付けたヒーローズ、ポリマーの“相変わらずドブみたいに汚い真似してるな”には笑いました。
しかし頭脳プレーで4対1のハンデを物ともしないダミー、憎らしいほど小気味よいドブっぷりでした…今度は死んだかな、いや生きてるんだろうなダミアン。
こんだけヒーローズが体を張っても“上から目線で人助け”とは、まぁ他人事みたく言うねぇエミ…もしや辛口ツンデレですか、これが「ReLIFE」の日代と同じ声優(茅野愛衣)とは意外!

ところで今更なんですけど、次元移動装置ってのは「Zだけが持ってる」設定だったような?…それと最終回でもない6話がメインタイトルと被ってるとか、サブタイトルのイニシャルをIFに統一してるのは何故?
キャラ毎に別々のモーションアクターを起用してるのは驚きですが、CGとはいえ実に細やかな目の演技にも感嘆しました…特に無表情なラジャが、声音もだけど目で語る説得力は見事!


次巻

前巻

〈無人の街〉関連記事:
【最近読んだ本】阿久井義孝、伊藤千行「水辺の生活誌 軍艦島」| 2008.03.10
【最近読んだ本】小野一郎「ウルトラバロック」| 2008.10.13
【最近読んだ本】谷川渥「死都」| 2009.02.13
【最近読んだ本】九龍城探検隊(写真・文)、寺澤一美(絵)「大図解 九龍城」| 2009.11.30
【最近読んだ本】丸田祥三「少女物語 棄景IV」| 2010.07.06
【最近読んだ本】本山周平「Luxembourg, The Netherlands」| 2011.02.10
【最近読んだ本】元田久治「NEO RUINS」| 2012.06.19
【最近みたDVD】「THE LAST 7」| 2013.12.21
【最近みたDVD】「エンド・オブ・ザ・ワールド」| 2014.01.27
【最近読んだ本】小林伸一郎「亡骸劇場」| 2014.08.03
【最近読んだ本】MASATAKA NAKANO「TOKYO BLACKOUT」| 2015.01.23
【最近読んだ本】安島太佳由「要塞列島 ― 日本への遺言」| 2015.10.17
【最近読んだ本】中筋純「流転 緑の廃墟」| 2015.12.12
【最近みたDVD】「リヴォルト」| 2020.04.13
0
    | animation | 2018.12.31 Monday | comments(0) | - |













    ↑ top