ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近行ったところ
上野(東京国立博物館「海の道 ジャランジャラン」展)(←リンク先は東京国立博物館公式サイト内当該ページ)

雨天時は美術展が空いてるので、台風の合間を縫うように上野まで行ってみました…空いてれば映画でも好いかな、と思ったら軒並み潰れちゃったみたいで。笑
しばらく見ない内に聚楽跡は小綺麗になってるし、ユニークだかU2だか服屋もなくなっちゃってたのね?
なので上野のお山に上がって、何か面白そうなのないかな?…と案内板をチェックしたけど今一つビンと来なくて、とりあえず「海の道 ジャランジャラン」という謎タイトルに惹かれ東京国立博物館の東洋館へ。
しかし上野公園の噴水って、もっと長々と動物園の手前辺りまであったような気がしたのは思い違いか?

公園も人気はまばらで、やっぱり外国人の観光客がほとんどでしたね…博物館も、いたのは外国人でした。
さて東洋館には入ったものの、件(くだん)の展示が地下だと気付かず常設展を観始めて(なんか違くない?)と…しかし今読んでる漫画「雷火」に関わる魏代の仏像や、最初に仏像制作が始まったガンダーラとマトゥーの男らしいインド顔の仏像が新鮮で興味深く鑑賞。
ところが1年ぶり位に履いたブーツで靴擦れしてきちゃって気が散るわ、喉が渇くわで集中力が限界に…最後の方の書画や朝鮮の展示はスルーして一旦休憩、それから地階の展示に気付き「ジャランジャラン」へ。

今年は日本インドネシア国交樹立60周年だそうで、ジャランジャランとは散歩を意味するのだとか…カンボジアの仏像(金剛像)は小柄な感じで面立ちも日本人的、というかダウンタウン浜田とナオト・インティライミを足して二で割った感じの親しげな雰囲気が。笑
土着のナーガ(蛇)信仰とヒンドゥーの影響が、ご本尊ドーン!じゃなく色々くっついてワンセットな印象。
何故かインドの細密画もあって、水彩画なのに独特の発色が面白かったな…どの文化でも芸術の発展に宗教が関わっているのは、衣食住とは無関係な富の集中が職業として成立させるからなのだと思ったりもして。

バティック(ジャワ更紗)も数多く展示されていましたけど、ガラス越しだと生地の風合いが分からなくてピンと来ませんでした…そりゃあ触られても困るでしょうが、間近で観察したかったな。
特に金糸で光り物を織り込んだ布、多色染めの布も目を引きました…しかし実際にマネキンがまとった状態で見せてほしかったな、あんなデカい布じゃあ体に巻くのも一苦労だろうしイメージが浮かばないからね。
ちょうど前夜たまたまYouTubeでインドネシアのイカす(死語)バンドを発見したばかりだったので、インドネシア古典音楽の楽器もあるかと思ったのだけど…多分なかった、と思います。


〈東南アジア〉関連記事
【最近聴いたCD】「ナチュラル・サウンド・イン・アジア」 | 2007.08.14
【最近読んだ本】田口ランディ「7days in BALI」| 2008.04.03
【最近読んだ本】太田康男「熱帯林に生きる」| 2009.03.28
【最近聴いたCD】「ボン・ボヤージュ! ベトナム」| 2009.04.25
【最近読んだ本】新美敬子「ベトナム犬の街かど」| 2009.04.19
【最近聴いたCD】「地球の“聴き”方 バリ編」 | 2010.09.18
【最近読んだ本】三留理男「希望の川 子供たちの詩」| 2011.09.14
【最近読んだ本】「ビルマVJ 消された革命」| 2012.12.24
【最近聴いたCD】「ジャスミン・アイル〜ジャワのガムラン音楽への誘い」 | 2013.01.31
【最近読んだ本】小林正典「横たわるブッダ」| 2013.10.30
【最近読んだ本】二元裕子(編訳)「ラオス現代文学選集」| 2014.03.17
【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
【最近読んだ本】進藤幸彦「世界の不思議なお守り」| 2016.05.24
【最近読んだマンガ】さそうあきら「バリ島物語 〜神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死〜」1巻| 2017.08.05
【最近読んだ本】河野典生「デンパサールの怪鳥」| 2017.09.06
【最近聴いたCD】PONE NYET PHYU「Mandalay Star 〜ミャンマー伝統音楽の旅で見つけた黄金郷〜」 | 2018.12.16

その他の関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】今岡昌子「天山南路」| 2008.10.16
【最近読んだ本】神谷武夫「インドの建築」| 2008.12.19
【最近読んだ本】神谷武夫「インド古寺案内」| 2008.12.21
【最近読んだマンガ】手塚治虫「ブッダ」全12巻| 2009.12.25
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 文明の道」第5集「シルクロードの謎 隊商の民ソグド」| 2010.11.06
【最近みたアート】「空海と密教美術展」| 2011.08.02
【最近読んだ本】今岡昌子「天山南路」(再読)| 2011.09.26
【最近読んだ本】荒俣宏(著)、大村次郷(写真)「獅子 ―王権と魔除けのシンボル」| 2012.09.20
【最近読んだ本】山折哲雄、大村次郷「ブッダの教え 仏教2500年の流れ」| 2012.10.02
【最近読んだ本】菅沼晃「モンゴル仏教紀行」| 2013.03.07
【最近読んだ本】中淳志「バーミヤン 写真報告2002」| 2013.04.03
【最近みたDVD】「黄金の都バーミヤン 〜三蔵法師が見た巨大仏〜」| 2013.04.10
【最近読んだ本】杉原たく哉「いま見ても新しい 古代中国の造形」| 2014.09.23
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 文明の道 第3集 ガンダーラ 仏教飛翔の地」| 2014.10.17

〈東京国立博物館〉関連記事:
【最近行ったところ】「空海と密教美術展」| 2011.07.30
【最近行ったところ】「中国写真紀行 −日本人が撮った100年前の風景−」| 2018.10.29
【最近みたアート】「マルセル・デュシャンと日本美術展」| 2018.10.30
0
    | visited / plan | 2018.09.22 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top