ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ローガン・ラッキー」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

原題同じく「LOGAN LUCKY」、とはいえ往年のSF映画「LOGAN'S RUN」とは何も関係ないと思います。
国内配給元のスターチャンネル・ムービーズとは「世界中から選び抜いた作品を劇場公開、その後最速で独占放送!」という企画らしく、スターチャンネル自体は日本の有線放送局みたい。
よくある一攫千金の逆転ストーリーながら、どいつもこいつも頼りなさ気…盗み出すのはNASCARレースの収益金、金庫破りの爆弾師は檻の中っていう無茶な設定で。
ローガン兄弟の兄ジミーはチャニング・テイタム、義手の弟はアダム・ドライバー…爆弾師役はダニエル・クレイグ、って何かなぁ?

と、期待しないで観たら意外に面白かった…いやハラハラドキドキとはいっても(色々ガバガバ過ぎだろ!)的な意味でね、やたらアメリカン・イディオットにヤキモキさせられるけども。
ローガン兄弟の妹メリーはプレスリーの孫娘ライリー・キーオ、ジミーの元女房でケイティ・ホームズ…終盤に出てきて最後を飾る特別捜査官にヒラリー・スワンク、NASCARチームの鼻持ちならないオーナーをセス・マクファーレン
爆弾師バングの弟2人の内、ジョニー・ノックスヴィルっぽい末っ子フィッシュ役ジャック・クエイドはデニス・クエイドメグ・ライアンの息子だそうです。

個人的にはバングに協力する囚人ネイマン役のJON EYEZが気になりました、2代目サミュエル・L・ジャクソンを狙える雰囲気がある面構えだなと…そして兄弟の友人アールもね、バングの弟より役に立ってたのに数カットしか出番ないし!
やっぱアールの分け前シーンは欲しかったなー、バングの弟たちはキャラ的に平気で口を割りそうだしヒラリー捜査官も公私混同しなさそうで素直にハッピーエンドと思えないんだよね。
失業から数週間で、権力者の思考パターンも込みの強盗&脱獄経路を練り上げるとかさ…二度観してもモヤモヤは残れど、面白かったと言わざるを得ませんな。

残り10分で始まる謎解きの流れとか、貧しさ故の不幸からの金がもたらす手のひら返しという辛辣なユーモアは見せ方が上手いな…まぁエンドロールの“本作で強盗に遭ったのはあなただけ”ってのは「金返せ!」的ブーイングを見越した予防線でしょうか、ちょっと分かりませんでした。
あと劇中の「オーシャンズ・セブンイレブン」という謎発言は、スティーブン・ソダーバーグ監督の代表作と掛けてたのか?…唐突な印象だった「ゲーム・オブ・スローンズ」ネタも、もしかしてスターチャンネルに絡めて日本語吹き替えの台詞を差し替えたのかな?
でも、最大の謎は南部ネタかも。

ジョン・デンバーの「Take me home, country roads」誕生秘話(?)から始まる時点で、本作が南部モノと気付くべきでしたね…撮影はジョージア州で舞台はローガン兄弟が暮らすウエストバージニア州&NASサーキット場のあるノースカロライナ州って、そのまんま「カントリー・ロード」の歌詞じゃないの!笑
刑務所長役のドワイト・ヨアカムも、レース前に歌うリアン・ライムスもカントリー歌手でしたね…しかもWikipedia情報をチェックしたらNASカーのドライバーが端役で多数出演してるし、ジミーの“Gun show!”で娘がガッツポーズするのも南部流だったり?笑

サウンドトラックもジョン・デンバーの他にボ・ディドリーやドクター・ジョンC.C.R.にロレッタ・リンと、如何にも南部モノらしいですな…だけどやっぱり根本的なニュアンスが掴めないんだよなぁ、どうして南部人と北部人でバディ・ムービー作ってカルチャーギャップをネタにしないんだろうな?って考えると尚更そう思うのです。
宗教ネタやブラック・カルチャーのギャグは過激なのに、南部ネタだと微妙にマイルドじゃない?って。


〈南部ローカル・ジョーク〉関連記事:
【最近みたDVD】「デュークス・オブ・ハザード」| 2008.08.19
【最近みたDVD】「ソウルメン」| 2013.01.07
【最近みたDVD】「フォレスト・ガンプ/一期一会」| 2014.05.28
【最近みたDVD】「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」| 2015.01.04
【最近みたDVD】「タラデガ・ナイト オーバルの狼」| 2015.01.08
【最近みたDVD】「あいつはママのボーイフレンド」| 2015.05.06
【最近みたDVD】「レディ・キラーズ」| 2016.02.17
【最近みたDVD】「コンボイ」| 2017.01.17
【最近みたDVD】「トランザム7000」| 2017.08.31
【最近みたDVD】「コンボイ」(再視聴)| 2017.09.24
【最近みたDVD】「ある決闘 −セントヘレナの掟−」| 2018.06.02
【最近みたDVD】「奇跡の絆」| 2018.06.16
【最近みたDVD】「キングスマン: ゴールデン・サークル」| 2018.11.15
【最近読んだ本】マーク・トウェイン(著)、大久保博(訳)「ハックルベリ・フィンの冒険」| 2019.05.22
0
    | cinema | 2019.01.10 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top