ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PS1ソフト「エクソダスギルティー」

前回の続きは【未来/スィー編】から、いきなり倒れたラーライラが回復するまで博多弁プロフェッサーのティティ宅にご厄介を…因みにティティ、王室に頼らない自活の道を研究しているせいで肩身が狭いとか。
食糧による依存で市民を支配している王室にしてみれば、善からぬ研究という訳ね…そもそも人が何故こんな終末を生きねばならないのか、それすらも忘れ去られている時代なのでした。
ラーライラが寝込んでいる今、ティティが話したがらないウーの話を聞き出すためにレイルルを連れて関門の情報集めに出るスィー。
関所破りを試みた人物のせいで、町は警護兵だらけ。

また四方を行きつ戻りつしていると関所破り未遂犯が捕らえられ、処刑されるとの情報が…ティティから手製えんまく弾を受け取り、大聖堂こと首切り堂に行くと年端もいかぬ少年が!
そこで一計を案じたスィー、レイルルにゴキ虫コスプレさせてパニックを起こして少年タツタと脱出…関所の向こうにあるヴィレッジ・ギルドに帰ろうとした彼は、シティを壊滅させた極悪2人組への警戒で門が閉ざされたため強行突破しようとしたのだそうで。笑
話に尾ヒレ付きまくり、ガチムチ悪党と思われてるスィー&ライリー…おかげで可憐な(?)2人はスルーな訳で、そこは喜ぶべきか?

ここで【過去/アーレス編】にザッピング、川の氾濫から少女を救おうとして逆に助けられたアーレス…彼女の名前はウィルじゃなくアクア、彼女が見付けたという「かしの木のつぼ」を受け取って中を確かめると「紋章のことわり」を記した紙片が出てきました。
その後また行きつ戻りつしても進展なくウル・アークに戻ってきた彼は、マーサと面会して去った眼帯の男がアブラームの従者ディーだったと聞かされました。
ディーは各地で神への冒涜を説いて神官から睨まれているらしく、プレン・アークのウィルに生け贄となる事を拒むよう進言したとの噂も小耳に挟みますが。

再会したアクアは、マーサがディーと面会した事で神官たちの怒りを買ったと言い…もしやと思ってウル集落に急行すれば案の定、炎の神官フレアの放った業火により処刑されるマーサ。
しかし彼女は自ら命を差し出す事で集落を全滅から救ったのです、ここでアーレスが激情に駆られフレアに逆えばマーサの遺志を無にしてしまう…人気の絶えた集落に現れたディーは、神官たちが民への弾圧を強める事が本当に“神の意志”かを質したいと言います。
彼が放浪して得た情報は、四大元素のアイテムが神に会う条件である事…そしてマーサとウィルには、神に選ばれた印があった筈と。

ウィルの体に印された痣は“悪魔の杖”、マーサのは“神の杖”と呼ばれていて…その2つの杖が交わる時に起こる“何か”を神は欲している、それを2人とも知っていながら拒んだと。
とすれば、マーサは処刑される事によって神の望みを断ったのか?…それは命懸けの異議申し立てだったのか、また別の理由なのか?
アブラームの志を継ぐディーは、今もアブラームが眠る迷いの森を突破する手段を探すため生き字引の老婆をシー・アークへ訪ねると言い…アーレスは先ず、何らかの理由で神の裁きに加わらなかった水と砂の神官に接触する事にしました。
と、今回はここまで。
エクソダスギルティー1(←左クリックで拡大表示されます)


前回

次回
0
    | game | 2018.11.17 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top