ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「戦闘メカ ザブングル」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

別に先日の「レディ・プレイヤー1」で思い出した訳じゃないんですよ、前々からリストには登録してあったんです…放映当時は(XABUNGLE)と書いてザブングルと読む斬新さに先ずヤラレ、後にプラモ作って脇役ウォーカーマシン(WM)の泥臭い造型にシビレまして。
更に「未来惑星ザルドス」を初めて観た時も本作の原点を見た思いに駆られ、最近では同じ富野監督による「キングゲイナー」で本作の先進性に気付かされ…そりゃあストーリーの根幹は70年代SFでも、何気にシリアスな土台にコミカルかつ荒唐無稽な活劇ドラマを乗っけちゃうというノリと情報量のギャップがね。

串田あきら(現・串田アキラ)のアツいOP曲、作詞の井荻麟って確か富野由悠季総監督のペンネームでしたよね…初っ端から「うる星やつら」っぽい声が飛び交う第1話「命をかけて生きてます」、ホバギーを駆ってWMを襲撃する山賊団の若き頭領ラグ&彼女の右腕ブルメを演じるは島津冴子と古川登志夫の名コンビ。
本作って割と観てた筈なんだけど、最終回は何となく覚えてても最初が完全にド忘れしてたので意外でしたよ…少年少女山賊団サンドラットの襲撃に、主人公のジロン・アモスが手を貸す事から話が始まるとはね!
って、収録されてる全5話のストーリー紹介は長くなっちゃったので後回し。笑

今時のDVD化では意外に思えるほど画面が粗いです、特に第1話の半端なさは特筆モノでしょう…それが却って放映当時の空気を感じさせて、甘酸っぱい気分になりましたよ。
そして第2話からOP後Aパートの始まりに止め絵タイトルバックが入り、ギレン総帥こと田中崇(現・銀河万丈)の“惑星、ゾラと言われている地球…しかし、人々はゾラという名前を忘れて久しい”という定番ナレーションが入って懐かしさMAX!笑
個人的には、ティンプが何故か「カリ城」屋根ジャンプをやらかしてビックリ&大笑いでした。

特典映像は「番組宣伝スポット」の他、スライドショー形式の「メカ設定」と「キャラ設定」が。
メカデザに関しては「企画段階で宇宙戦争物としてデザインされた大河原邦男によるメインメカ」と「ガソリンで動くロボットという富野監督のコンセプトにより出渕裕がデザインしたサブメカ」が混在しておりまして、スポンサーである玩具メーカーの要望に沿った大河原デザインのザブングルは主役メカにも関わらず途中で退場しちゃうんですよね。
その他WMは世界観に併せた作業用ロボットが中心で、使用者の趣向や目的によりカスタマイズやマイナーチェンジが施されているといった細やかさもポイント高いです。

初期型のトラッド11やギャロップといった小型WMのイメージは、後に出渕裕が関わる「パトレイバー」にも継承されたのでは?
「キャラ設定」では、アンパンマンライクなジロンの丸顔ネジ目が「イデオン」の湖川友謙とは思えないコミカルさですね。
そしてティンプ・シャローンは一匹狼のブレイカー、と見せかけて実はやっぱりイノセントに雇われたシビリアン団結阻止係みたいです。
その他ジロンを巡ってエルチとラグは恋のライバル関係に発展、など結構ネタバレ上等な解説ですな…と思ったらコレ、DVDのBOXからバラでレンタルしてるからですなー。笑

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その42


補足:Wikipedia情報によりますと“本作では宮崎駿の作品が意識された”そうで“富野自身も『コナン』を模倣するところから始めたと証言しており、『ルパン三世 カリオストロの城』をまねろとも指示してい”たのだそうです。
ザブングル(←左クリックで拡大表示されます)


以下、個人的ストーリー紹介メモ。

第1話「命をかけて生きてます」の続きは、山賊団サンドラットに加勢したジロンを乗せてバザーへ到着。
バザーを仕切るカーゴ一家の青い新型WMに決めたジロン、ラグ達の協力で夜陰に乗じて盗み出すも一家のお嬢エルチに捕まっちゃいます。
この世界に警察はないので、そこそこ無法地帯っぽいのね。

第2話「ザブングルはもらったよ」でエルチはバザーに来ていたロックマン=採掘業者にジロンを押し付けるも、それは彼らを襲撃するカーゴ一家のブレイカー=用心棒達と一戦交えさせる腕試しでした…バザーで売って3日以内に取り返す、そういう阿漕な商売がカーゴ一家のやり口な訳で。
父親の商売には我関せずでも、何故かジロンにご執心のエルチ…ブレイカー達が出払った隙に青いWMを強奪する山賊団に合流したジロン、追っ手のブレイカーに囲まれるも勝ち逃げだ!
そうそう、この世界では(どんな悪事を働いても3日間逃げ切れば帳消し)というルールがありまして…でもこの掟って、実際に昔オーストラリアかどこかで存在してたみたいですな?

第3話「み〜んな当て外れ」で青いWMの奪還に賞金を懸けた、カーゴ一家のブレイカーを束ねるホーラ…エルチの口添えで親方から3千ギャラントを引き出しながら、ブレイカー達は2千ギャラントで踊らせる辺りにも切れ者っぷりが伺えます。
再び手薄になった隙に2機目の強奪に動く「うる星〜」コンビ、しかしエルチ自ら青いWMでジロンを追っかけて「文化的な生活をゾラに広める」って何さ?笑
イノセントの住むドーム都市を盾にすれば手を出せない、この作戦で3日を逃げ切るか?…イノセントはWMやランドシップといった、荒野に暮らす人々に似つかわしくない精密機器を売ってくれる特権階級なのです。
仲間のジルを人質に取られた山賊団、しかしエルチが助太刀に来て大乱戦に…その最中にジロンは憎き親の仇と遭遇、掟を無視して追い続けていたのに惜しくも逃げられてしまいました。

第4話「なんで掟を破るのさ」で山賊一味に加わったエルチ、1週間も昔の親殺しを追うクセに3日間逃げ切って青い新型WMザブングルを奪おうというジロンは掟を都合よく解釈してると指摘され。
敵討ちが済めばザブングルにも用はない!とティンプを追うジロン、しかしティンプは巧妙な罠を仕掛けておりました…カーゴ一家に包囲された2人はWMを降りて一騎討ち、その混乱に乗じて縄張りを乗っ取ろうと現れたグロッキー一家の砲撃で親方キャリングが死亡?
勝負そっちのけで撃退するも、まんまとティンプに逃げられたジロン…関わる者みな巻き添えにしようと構わず自分の意志にこだわるって、どうなんだろうなー。

第5話「3人揃ってシャクの種」で山賊団はエルチを仲間と認めたのか、対グロッキー一家の哨戒中…ホーラは何故か自分が一家を継ぎ、エルチを娶る気で。
文化的な葬儀も、イノセントの習慣に詳しくないため出鱈目に…飽くまでも文化的に生きたいエルチにフラれたホーラは力ずくで運び屋の手形を奪うもジロンに敗れ、WMで逃亡した挙げ句グロッキー一家に接近して追い返される体たらく!
しかし何故ティンプは一同共倒れに持ち込みたいのかね、実はイノセントに雇われてるんだっけか?…再び扇動されたグロッキー側から仕掛けるも、遂にカーゴ一家のランド・シップが巨大WMに変形したのを見て慌てて撤退するのでした。
成り行きで艦長に就いたエルチと給料制で一家に組み込まれたジロンと山賊団、新生カーゴ一家の出発だ!
0
    | animation | 2019.02.16 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top