スキャナー・ダークリー [Blu-ray]
スキャナー・ダークリー [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
俳優の仕草や表情をアニメとして再構築する、非常に手間の掛かった映像が生理的に苦手な人もいるでしょうね。
しかしながら出演者も(誰々が出てるから)という理由で観て欲しくはないでしょう、自伝的要素の強い原作を尊重した結果としてのスキャニメーションは実に効果的です。
意義を見出せない業務に延々と従事させられる主人公、彼の破滅を前提とした麻薬撲滅作戦…小さな政府がもたらした民間委託の陥穽、委託された組織間のマッチポンプは緩いディストピアですが。
どこまでが虚構でSFなのか、エンディングには賛否が分かれそう。
紹介記事【2019.07.27】
ブレイク・ビーターズ [ ゴードン・ケメラー ]
ブレイク・ビーターズ [ ゴードン・ケメラー ] (JUGEMレビュー »)
旧東独、といっても今じゃ通じなさそうですが…80年代の社会主義国でヒップホップに目覚めちゃった若者と、彼らの活動を体制翼賛に取り込もうとする当局との丁々発止を描く青春コメディ。
飼い慣らそうとする権力側と調子を合わせつつ苦悩する主人公たち、ベルリンの壁が崩壊して彼らを待ち受けるラストのほろ苦さとタフさに男泣きです。
自分でいる事を描いている点で、英国のサルサ映画「カムバック!」と併せてオススメ。
紹介記事【2019.11.02】
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1《完全生産限定版》 (初回限定) 【Blu-ray】
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1《完全生産限定版》 (初回限定) 【Blu-ray】 (JUGEMレビュー »)
荒廃した世界で生き残りを賭けて地底人と戦う少年少女、その謎が明らかになるにつれ絶望の色は増すばかりですが…絵空事に潜む「茶色の朝」の未来、大人目線で子供たちの希望を切に願ってしまいました。
次の世代のために何が出来るだろう、この気持ちを失わずにいたいです。
紹介記事【2019.08.28】
月曜日の友達(1-2巻 全巻) 全巻セット
月曜日の友達(1-2巻 全巻) 全巻セット (JUGEMレビュー »)
中学生になったばかりの頃の、世界の拡がりに戸惑う姿は性別や世代を超えて響きますね。
作画力もストーリーテリングも卓越してます、些細な一瞬を捉える巧さが。
忘れていた何か、忘れたくなかった何か…最後のコマに、胸が苦しくなりました。
紹介記事【2019.11.11】
TVアニメ『プラネット・ウィズ』オリジナルサウンドトラック [ 田中公平 ]
TVアニメ『プラネット・ウィズ』オリジナルサウンドトラック [ 田中公平 ] (JUGEMレビュー »)
(↑※サムネイルのリンクはサントラにしています)
所謂スピリチュアルなストーリーでありながら、どこか70年代アニメっぽいお約束とフォーマットをごちゃ混ぜにして力技で着地させたような奇想天外さが独特。
戦隊ヒーローに学園モノ、ジャンプ的な熱血インフレ勝負など…ネタの重ね掛けでも訳分からなくならない見事な構成、思いがけずラストに泣かされました。
正義のあるところに悪がある、よって正義は愛ではない…ならば善とはなんなのか? 先ずはご覧あれ。
紹介記事【2019.09.10】
ポルノ☆スターへの道 [ ニック・スウォードソン ]
ポルノ☆スターへの道 [ ニック・スウォードソン ] (JUGEMレビュー »)
ラジー賞を独占した下ネタ満載ムービー、とりあえず下品ですけど線引きはキッチリしてますね…笑わせる内容は、少なくとも男性なら他人事じゃないというか。
女性同士の巨乳幻想みたいなね、目の付け処が上手いなぁと。
まぁ万人向けではないにせよ、僕は感心しつつ大笑いしました。
紹介記事【2019.10.17】
夜長姫と耳男 (岩波現代文庫) [ 近藤ようこ ]
夜長姫と耳男 (岩波現代文庫) [ 近藤ようこ ] (JUGEMレビュー »)
原作者の作品は知らないので、本作は衝撃的でした…こんな物語が書かれていたのかと、まるで伝承の聞き書きか夢を書き起こしたような浮遊感!
印象としては南伸坊が中国の怪異譚を漫画にした「仙人の壺」に近い、無闇に説明しようとしない描線のアッサリ感が素晴らしいです。
空白の多さに、却って想像力を掻き立てられました。
紹介記事【2019.11.25】
さよならの朝に約束の花をかざろう 通常版 [Blu-ray]
さよならの朝に約束の花をかざろう 通常版 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
不老不死というか不死者の物語にハマっているとはいえ、ファンタジー世界が舞台だとなぁ…と思ってましたが、不死者の(一般的な寿命の人間社会で生きる哀しみ)というツボを丁寧に描いていて好感が持てました。
寓話的なラストが作品世界と相まって、爽やかに切ないです。
紹介記事【2019.09.23】
おとなのけんか [ ジョディ・フォスター ]
おとなのけんか [ ジョディ・フォスター ] (JUGEMレビュー »)
血生臭い原題の割に、ほぼダイニング一間で完結している会話劇です。
子供の喧嘩に親が出て、大人同士で和やかに話し合って解決する目論見が破綻してエスカレート。
隣人を愛せれば戦争なんて起きない訳で、そんな皮肉な原題と裏腹に子供同士は親心を知らず…淡々としてますが大いに笑わせてくれます、個人的にはオススメ。
紹介記事【2019.10.22】
【中古】 山本耳かき店 ビッグCスペシャル/安倍夜郎(著者) 【中古】afb
【中古】 山本耳かき店 ビッグCスペシャル/安倍夜郎(著者) 【中古】afb (JUGEMレビュー »)
耳かき店ブームの火付け役、なんて書いては申し訳ないのですけども…決してブームに便乗した後追いではない、と。
穏やかな時間の流れる小さな町で、耳かき屋さんを訪れる客の脳内イメージが秀逸です。
こんな表現があったのか、こんな漫画があったのかと目からウロコ耳から(略)。
紹介記事【2019.12.23】
グラン・プリ [Blu-ray]
グラン・プリ [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
最初はソール・バスの映像分割がスタイリッシュというより情報過多に感じましたが、それが後から効いて来るんですね…世界各地を転戦するF1レーサーと彼らを取り巻く人間模様が主軸ながら、走行シーンも見甲斐があります。
クールなドラマと60年代のムードが、ダンディな三船敏郎も含めて現代とは別世界のようです。
紹介記事【2019.12.21】
絵はがきにされた少年 [ 藤原章生 ]
絵はがきにされた少年 [ 藤原章生 ] (JUGEMレビュー »)
アフリカに対する先入観や固定観念が、ことごとく覆されます…偏見を持たないように心掛けていたつもりでも、日本にいて伝わってくる情報自体にバイアスが入っている訳ですが。
西欧支配の呪縛に歪められた各地の民族性や搾取の構造など、日本では見えにくい暗部が著者の目を通して見えてくるようで。
アフリカの話であり、同時に現代の実像でもあるのでは?と。
紹介記事【2019.09.1】
【中古】 マンガでわかる 戦後ニッポン /手塚治虫(著者),水木しげる(著者),つげ義春(著者),はるき悦巳(著者),ちばてつや(著者) 【中古】afb
【中古】 マンガでわかる 戦後ニッポン /手塚治虫(著者),水木しげる(著者),つげ義春(著者),はるき悦巳(著者),ちばてつや(著者) 【中古】afb (JUGEMレビュー »)
現代に至る国内の移ろいを漫画に語らせる好企画アンソロジーです。
漫画にしか出来ない表現は、例えば三輪自動車が走る風景でありリンチされる米軍の操縦士であり…基本的に主観視点であるが故の、俯瞰の効く文学表現よりも接地した仮想体験なのかも。
いわば漫画こそが伝え得た戦後の一片、切り口を変えて続けてもらいたいですね。
紹介記事【2019.12.12】
あきれたあきれた大作戦 [ ピーター・フォーク ]
あきれたあきれた大作戦 [ ピーター・フォーク ] (JUGEMレビュー »)
笑いって鮮度があると思ってました、本作を観るまでは。
先が読めずに引き込まれましたが、確かに繰り返し観たくなるかも…計算されたシナリオが効いた笑いと、映像的な古さもまた味わい深いです。
スタンダードでバカバカしくて無駄のない、意外な傑作。
紹介記事【2019.12.10】
人気マンガ・アニメのトラウマ最終回 極限編 [ 鉄人社編集部 ]
人気マンガ・アニメのトラウマ最終回 極限編 [ 鉄人社編集部 ] (JUGEMレビュー »)
面白可笑しい切り口で紹介されてるので、ファンの方にしてみれば物申したい点も多々ありそうですが。
様々な事情から意外な最終回を迎えていた、有名な作品の数々に先ずビックリ…知って何かの役に立つ訳ではありませんけど、やはり切り口が面白いのですよ。
紹介記事【2019.09.24】
【国内盤CD】【ネコポス送料無料】ファウンテインズ・オブ・ウェイン / トラフィック・アンド・ウェザー
【国内盤CD】【ネコポス送料無料】ファウンテインズ・オブ・ウェイン / トラフィック・アンド・ウェザー (JUGEMレビュー »)
「Stacy's mom」の青春パンクをイメージしてたら好い意味で裏切られました。
どこかSDP「スチャダラ外伝」に通じる旅アルバム、共通する根っこは世代なのかグローバル環境なのか…しかしELOっぽさを連想させるサウンドも厭味なく無理して頑張ってない感じだし、三人称のスキットみたいに様々な切り口で綴られる旅の寸描が詩的。
パッキング上手で飽きさせない仕上がりかと。
紹介記事【2019.07.08】
【中古】[PS2]ローグギャラクシー ディレクターズカット(Rogue Galaxy Director's Cut)(20070321)
【中古】[PS2]ローグギャラクシー ディレクターズカット(Rogue Galaxy Director's Cut)(20070321) (JUGEMレビュー »)
無印版も僕は楽しめましたが、ダレ要素を改善して全体的にボリューム・アップしておりオススメです。
難を言えば、このDC版では攻略本が出てない事ですね…特に武器の合成レシピが違っているし、追加武器はノーヒントで試行錯誤の連続に。
水の惑星にある3連宝箱は、多分エリアボスに乗って飛び移らなきゃ取れないと思うので、これからプレイする方は気を付けてね!笑
紹介記事【2018.07.19】
【中古】PS2 スターオーシャン3 Till the End of Time
【中古】PS2 スターオーシャン3 Till the End of Time (JUGEMレビュー »)
ディレクターズ・カット版が出てるようなので、そちらをオススメします。
僕も終盤でメニュー画面を開こうとしてブラックアウトや異音と共に「ディスクからデータを読み込み中です」と表示されたままフリーズでプレイ断念中です。笑
リアルタイム・バトルの忙しさは好みの問題として、城下町などの雰囲気が最高!
中世レベルの惑星に来た主人公がハイテク宇宙人側、という立ち位置はユニークで楽しめました。
紹介記事【2018.07.25】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「その男ゾルバ <特別編>」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

そういえば本作って、ギリシャ単独ではなく英米との合作映画だったんですね…「マイケル・カコヤニス(監督)とディミトリアス・リアパス(近代ギリシャ史学者)による音声解説」にて再視聴です、しかし知名度の低さに反論するかのような監督のコメントから始まる辺りでお察しかな。
映画会社が2時間という枠内での製作を求めても、自分の監督作はヒットするからルールを破っても平気なのだと豪語…その割に“芸術品を品評することには私は反対だ”って、よく分かんないす。笑
とはいえ脚本だけでなく編集や配給まで手掛けるインディーズ監督で、本作での世界的な成功後も自身のスタイルは変えなかったとは気骨ある人物ですな。

しかし本作、オリジナル版は3時間を超えていたとはな…2時間半でも編集が甘い感じでしたけど、これでも監督としては詰めてたのかぁ。
完全版の、ゾルバがロシアを旅するシーンは観てみたい気がするけど。
ちなみに「もうひとつのオープニング」は、誰も地獄に送らず罪を赦す神=ゾルバという意図があったのか…単に怠慢な神様と地獄イメージはご想像でっていう訳じゃなかった、と。
つまり冒頭の雲間シークエンスは、ゾルバが地上に遣わされた神というニュアンスなのね?
原作者は「神は実在しない想像の産物」ながらも、神への考察こそが神性だと考えていたのだとか。

'88年にマーティン・スコセッシ監督が映画化した「最後の誘惑」も、本作と同じくニコス・カザンザキスが原作だそうで。
リアパス教授いわく“実物のゾルバは1942年に他界している”って、撮影時に見た目を参考にした人物と別に原作もモデルがいたのね…どうやら監督と教授のコメンタリーは別録りみたいで、一緒に観ながら話してるのではない感じ。
監督の思い出話と教授の批評や作品の背景に関するコメント内容が映像と同期していないので、各自へのインタビュー音声を編集して重ねただけかもしれませんなぁ。
本作のヒットを受けて後にはミュージカル化もされ、再主演したクインはカコヤニスを舞台監督に指名…しかし気難しい彼とは監督も仲違いし、クインの晩年に謝罪を受けて和解したそうです。


長くなったので、続きは下欄に。

【バジルとゾルバ】
2人は性格が対照的というだけでなく、ゾルバにはインテリのバジルに足りない「経験に根差した知恵がある」のです…それが中盤の、2人の口論で交わす台詞に表れてたのね。
だけどゾルバがバジルに雇われる際に言った鉱夫の経歴は嘘っぱちで、単なる山師だったとは気付かなかったな…ゾルバが崩落しかかっている坑道から逃げなかった場面は、彼が鉱山仕事の素人だって事を示唆していたって事か?
となると口先三寸で切り抜けてきたゾルバの行動が、如何に場当たり的で説得力に欠けるかが目についてきます。

とはいえ、対トルコ戦の話などから粗暴でも無学な訳でもないと分かります。
すると同時に、バジルも紳士的というより世間知らずというか…まぁ監督も彼が童貞であると匂わせる発言をしてましたし、本土で女遊びしてきたゾルバに強く言えないのは納得がいきます。笑
バジルは村の有力者が預かっていた鉱山の所有者なので、村人は彼の胸三寸で仕事を得られるとあって一目置いている訳ですが…明らかに気質が違うバジルは、男として認められてませんよね。

【ゾルバとマダム】
ゾルバがマダムをブブリーナと呼ぶのは“1821年のギリシャ独立戦争で活躍した”女傑の一人と同様に「マダムも数々の元帥と対等だった」という意味だったのか…要するに、ゾルバが実はインテリだという表れですか?
ブブリーナは自前の戦艦を有する大富豪で、その邸宅は今もスペツェス島で博物館として公開されているそう。
ゾルバの口説きは処世術で、いわば元帥どもとどっこいどっこい…島を離れる前にはけんもほろろ、それでも病気の時は傍に付き添ってあげるのが紳士的。

【事実をもとに書かれた原作】
1914年頃に聖山アトスの僧院でジョージ・ゾルバという人物と出会った原作者カザンザキスは、その3年後にペロポネソス半島で鉱山開発を共同で手掛けます…作家としての収入が少額で不安定だったため、鉱山からの収入を期待したのですが事業は失敗。
1942年にゾルバ死去との電報を受けたカザンザキスは、彼との思い出を整理して物語の背景とします。
その年まで原作者はアテネから船で小1時間のエギナ島に妻と住んでいて、ナチス占領下で“飢餓状態に近い生活を強いられていた”そうです。

【クレタの人々】
カコヤニス監督いわく“鉱山での出来事をクレタ島南部に置き換えた”のは、そこが“クレタ島の中でも手つかずの孤立した地域だ”ったからだそうで…オープニング・クレジットに“AND THE PEOPLE OF CRETE”と大書きされていた、クレタ島の人々は脇役以上に印象強いです。
リアパス教授は原作の時代背景を1910年代と推定しており、だから60年代末のクレタ島がこうだった訳ではないのかもしれませんけど…しかし撮影に協力したクレタ島の人々にしてみれば、この場面で演じた事は黒歴史でしょうな。

マダムの体調悪化を嗅ぎ付けた黒装束の婆さん、しわくちゃなのに敏捷で死神っぽいよ…これも地元の婆さん達で、身寄りのない死者の家財は国が没収するからって、死なない内から入り込んで忌の際をソワソワ待ってるのはマダムじゃなくても怖いわ!笑
ゾルバさえもマダムの死を悼む事なく、村人総出の略奪はドアまで盗むお祭り騒ぎ…その理由は“約700年もの間この地域の政権は――外国人や侵略者が握っていた/だから家財を没収するのは彼らの真の“国”ではない”からだそう、村人の顔つきや服装がトルコっぽいのも島が19世紀までオスマン帝国の支配下にあった名残りかも。

原作の出版時にも、未亡人への魔女狩りめいたシークエンスには非難の声が上がったそうですが…似たような事件が実際にあった事を原作者の妻が明らかにすると沈静化した、と教授が語っておりました。
少なくとも1910年代は、彼女のように身寄りのない未亡人は「所有者が失われた女」だから誰がモノにしても構わないと見做されていたようで…島の男たち誰もが若き未亡人を性的な捌け口にしたがっていて、有力者の息子パブロが彼女に惚れている事もあるし高嶺の花だからと劣等感を意識させられてしてしまい男同士で牽制し合っている状況。

未亡人にしてみれば村人のギタギタした空気は耐え難かったでしょうけど、結果的に彼女がよそ者に体を許した事で男たちの抑圧されてきた性欲が暴力に転嫁されるのですな…もちろん村の女たちは彼女に嫉妬していたし、明らかに有力者は制裁として処刑したのです。
それはつまり「未亡人は息子のモノ」という暗黙のルールがあって、掟に背き息子の威厳を損ねた未亡人は死ぬ運命にあったのでしょう。
処刑の直後、包囲していた村人が興味を失ったように散って行くのが一段と不気味です。

ミミトーは未亡人が村で唯一信頼する男で、彼も自分を雑に扱わない未亡人に尽くしていました…こうした知的障害を持つ男はカザンザキスの小説ではお馴染みらしく、現実にも娯楽の少ない村社会では彼らを養う一方で笑いの対象として道化扱いする一種の共有財産だったようで。
よそ者2人が島に来た時、ミミトーが「アメリカ人だ」と言ってるのは興味深いですね…第二次大戦後のヨーロッパでは戦勝国も敗戦国も一様に、アメリカの影響力を文化的な侵略と受け止めていたように思える事例がここにも。→関連記事

【ギリシャの人々】
カフェニオは、コーヒーだけでなくウーゾやワインを飲んでカードに興じる「男の社交場」で…タベルナと違って女人禁制だった時代らしいです、本作に描かれた1910年代は。
だから男たちは、未亡人の逃げたヤギをカフェニオの奥に隠していたという訳かぁ。
“ギリシャ人が大勢で踊る時は拍手していい”が、しかし“男が1人でゼイベキコスを踊る時は――観客ではなく 自身のために踊っているのだ”とリアパス教授…カコヤニス監督もまた“ゾルバは息子を亡くした時踊ったと言った(中略)悲しみを克服するための踊りを他人が邪魔してはならない”と言っておりました。

実際にギリシャの人々は、皆で食べて歌い踊るのだといいます。
カザンザキスはクレタ島北部の生まれで、カコヤニス監督はキプロス生まれ…ギリシャ人気質を当然のように撮っていて、それが時代の離れた遠い島国では伝わらない部分もあるでしょう。
監督は“ギリシャの日差しを考えるとモノクロが合うと思った”と、コメンタリーで発言していました。
“素の自分に満足していた”現実のゾルバに、原作者は敬服し羨望の念を抱いていたようで…もしかしたらゾルバのインテリな面には原作者の一面が反映されてるのかも。

しかし思えばゾルバの作った粗雑なケーブル設備が試運転で壊れたのは却って好かった気がしますし、仮にプロ中のプロが作ったとしても失敗や過失は起こり得るんですよね…実際、撮影時も早く壊れ過ぎたりして助監督が追加撮影してるし。
そう考えながらあのラストを観ると(やっぱ好いなぁ)と思えてきました、不謹慎だろうが笑いたくなれば笑うし“人生は苦難の連続だが歩み続けねばならない”のです。
あ、ゾルバってドイツ読みだとゾーヴァ
0
    | cinema | 2019.01.31 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top