オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-250AV
オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-250AV (JUGEMレビュー »)

安くて丈夫で高性能なヘッドフォン、もし壊れても買い直す予定。
ハウジング部分が小さめな割に、長く装着してても耳が疲れないし遮音性も高いし低音も出てます。
紹介記事【2019.03.31】
南の島のティオ (文春文庫)
南の島のティオ (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
池澤 夏樹
14歳の少年ティオが小さな島の出来事を綴っていく連作短編集で、実在の少年とポナペ島をモデルに著者自身が様々な島で聞いた話を再構成したのだそう。
前年の台湾旅行で読んだ本書は「海の向こうに帰った兵士たち」という一編を加えた'10年12刷以降の増補版で、この(南の島の物語を南の島国で読む)という旅のエクストラに新たな一編がオマケされたのは嬉しい偶然でした。
紹介記事【2019.01.24】
ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム (シークレットDVD同梱)
ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム (シークレットDVD同梱) (JUGEMレビュー »)

最近は評価が好転してきたようで、実際PS2最終期に出ただけあって申し分ない出来栄え。
一見、難しそうなバトルシステムもプレイの幅を広げてくれます。
その辺も含め、ノーマル版のやり込み本ですが「ファイナルファンタジーXIIのあるきかた」も併せて是非!
紹介記事【2019.03.28】
レディ・プレイヤー1 [DVD]
レディ・プレイヤー1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

スティーヴン・スピルバーグ監督による'18年のSF作、娯楽映画には珍しく2時間超の長尺ながらダレ場なし。
是非DVDで繰り返し観てください、マニアックな小ネタ探しだけでなく。
天才変人の孤独と愛情が実は普遍的である事、それもまたイースター・エッグかと。
紹介記事【2019.02.11】
琉球奇譚 シマクサラシの夜 (竹書房文庫)
琉球奇譚 シマクサラシの夜 (竹書房文庫) (JUGEMレビュー »)
小原猛
石垣島に行くのに持ってく本でしたが、結局フライト乗り遅れもあって到着前に読み終えてました。
おどろおどろしさは控えめで、怖いというより不思議だったり哀しかったり薄気味悪かったり程度。
しかし寝静まった石垣島のゲストハウス夜11時、軽く読み返していてドキドキ。
紹介記事【2019.05.02】
夢かもしんない コミック 全5巻完結セット (ビッグコミックス)
夢かもしんない コミック 全5巻完結セット (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
星里 もちる
「光速シスター」「怪獣の家」から立て続けに読んじゃいました。
妻子持ち営業マン&思い出のアイドル、の幽霊?
本作もまた「いい人」を主役に、大人社会の悲哀と可笑し味を描きつつラストで涙腺を決壊させます。
紹介記事【2019.01.17】
ハイ・フィデリティ (新潮文庫)
ハイ・フィデリティ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ
女性弁護士と別れ話が進行中なアラサー中古レコード店主の、シット・コム的な恋愛×音楽in the UK。
60-70年代メインのネタで会話の可笑しみ倍増、分からなくても巻末の「ほとんど注解に終始する訳者あとがき」が丁寧にフォローしてくれますし、むしろ訳者の注解コメントで笑っちゃったりも。
紹介記事【2019.06.23】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
2030年の旅 (中公文庫)
2030年の旅 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
恩田 陸,坂口 恭平,小路幸也,瀬名秀明,宗田理,支倉 凍砂,山内 マリコ,喜多喜久
なんか「2300年未来への旅」を連想させるタイトルですが、日本人の作家による近未来SFアンソロジーです
お題は“東京オリンピックからさらに十年後”の7編、個人的には坂口恭平による巻末エッセイの「自殺願望は脳の誤作動」にハッとしました。
紹介記事【2019.01.04】
デッドマン [DVD]
デッドマン [DVD] (JUGEMレビュー »)

別に「ブレイブ」と本作をジョニデ繋がりで観た訳ではないのですが、結果としては彼が「ブレイブ」を世に出した理由も感じ取れた気がします。
シンプル過ぎるヤマなしオチなしイミなし流浪譚ながら、詩人ブレイクを知っている方には意味深いのかも。
星野通夫の「森と氷河と鯨」で見たハイダ族やトリンギット族を思わせる、アイヌに似た文様の集落……同化政策は祖先の魂を殺すのですね、非物理的な世界で。
静寂と、雨の船出の美しさが忘れた頃に沁みてきます。
紹介記事【2019.02.23】
ブレイブ [DVD]
ブレイブ [DVD] (JUGEMレビュー »)

ジョニデが監督と共同脚本に主演と、ミーハーなファンこそ必見ですね。笑
シンプル&ヘビーな本作、イギー・ポップやノーギャラ出演のマーロン・ブランドら敬愛する人物と撮った彼の気骨が詰まってます。
特に冒頭は二度観て、彼がアメリカ本国での公開を拒んだ心に思いを馳せては?
紹介記事【2019.02.22】
夢の階段 (新潮文庫)
夢の階段 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
池波 正太郎
本書の7編はデビュー作を含む現代小説で巻末の2編だけが時代小説、しかも全編が本書初収録。
現代小説とはいっても昭和で言えば29〜36年、著者が31〜36歳の間に発表された戦後の気配が濃厚に感じられる「現代」。
いわゆる大物海外ミュージシャンの死後どっと出回る未発表音源みたいな、クオリティの心配は当然ながら無用です。
紹介記事【2019.06.15】
その男ゾルバ(特別編) [DVD]
その男ゾルバ(特別編) [DVD] (JUGEMレビュー »)

'64年の英米とギリシャ合作映画、英国育ちのスランプ詩人が屈強な男ゾルバと過ごしたクレタ島での日々が描かれます。
「無法松の一生」の三船敏郎を思わせるゾルバの心情も、目を疑うような島の人々も音声解説なしでは理解し難いかと。
対照的な二人の男のエンディングは、ジワリと胸に残ります。
紹介記事【2019.01.30】
【2019.01.31】
波乗りの島―ブルー・パシフィック・ストーリーズ (1980年) (角川文庫)
波乗りの島―ブルー・パシフィック・ストーリーズ (1980年) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
片岡 義男
僕が初めて手にした著者の小説であり、著者の初期短編集でもあります。
ハワイイに住む青年サーファー、バリー・カネシロを主人公にした連作5編を収録。
写真の佐藤秀明との巻末対談も含め、失われゆく最後の輝きを僕は感じました。
紹介記事【2019.04.24】
 (JUGEMレビュー »)

作者の他作品を読んだ記憶は曖昧ながら、その時に思った(あんま上手くないな)という印象は何だったのやら。
サイバラ風でも四コマでもなく、ストーリーの組み立てもシッカリしてるしコマの流れも自然だし。
洒落にならない裏話も飄々としたキャラに救われます、男性も一度は読んでみましょう。
紹介記事【2019.05.12】
サムウェア・ディープ・イン・ザ・ナイト
サムウェア・ディープ・イン・ザ・ナイト (JUGEMレビュー »)
スウィング・アウト・シスター
ヒット曲を連発してた90年代を過ぎ、'01年にリリースされた本作は妥当というか順当な仕上がり。
ブレずに焦りも無理もなく、エレポップの衣を脱いで一層60年代ソウルやバカラック温故知新をアダルトに昇華。
気に入った曲だけ摘まむんじゃなく、一枚として聴くべき。
紹介記事【2019.06.18】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
クルドの星 1~最新巻(文庫版)(中公文庫) [マーケットプレイス コミックセット]
クルドの星 1~最新巻(文庫版)(中公文庫) [マーケットプレイス コミックセット] (JUGEMレビュー »)
安彦 良和
「機動戦士ガンダム」のキャラでお馴染みの作画家による漫画ですが、中東の少数派クルド人を描いてるレアさでオススメに。
もっとも「これからだ!」オチは、日和った編集の強制打ち切りか?
トルコの“土くさい人々”に惹かれた結果が何故かクルド視点、でも本作同様に何一つ解決してないんだよね現実も。
紹介記事【2019.05.06】【2019.05.30】
ルーティーン: 篠田節子SF短篇ベスト (ハヤカワ文庫JA)
ルーティーン: 篠田節子SF短篇ベスト (ハヤカワ文庫JA) (JUGEMレビュー »)
篠田 節子
副題に「篠田節子SF短編ベスト」とあるけど、どんな類いのSFなのかがまったく伺えない、鯨幕というか昔のVIVA YOUみたいな表紙カバーが斬新。
巻末解説によると、著者は20余年のキャリアを持ち一般にはジャンル横断作家と認識されているそうで。
アニメ化されそうなハードSFから昭和ジェンダー恨み節、エスノ土着オカルトを経て超高齢化+正論社会の果てまで心刺しまくり。
紹介記事【2019.03.26】
 (JUGEMレビュー »)

本作は明治から昭和にかけて親しまれた、泉鏡花の“三大戯曲”をコミカライズした作品集です。
単行本化に際して描き下ろされたオマケ漫画+原作者の略歴や作品解説&文庫描き下ろしオマケ漫画と人形師による解説も収録と、これまで鏡花文学に触れて来なかった僕には有難い仕様。
人形師の一文が印象深く、100年近く前の物語にハッとさせられるのは人間に進歩などないからかも?
紹介記事【2019.04.13】
ざ・ちぇんじ 全2巻 完結セット(白泉社文庫)
ざ・ちぇんじ 全2巻 完結セット(白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
山内 直実,氷室 冴子
平安期の古典文学「とりかえばや物語」に基づく氷室冴子の小説をコミカライズした本作、氷室冴子も古典文学も完全スルーでしたが予想外の面白さにビックリ!
男勝りな双子の姉×病弱が故に女君として育った弟、姉は男装のまま御所に入内&弟も女官で後宮入り?
見事な風呂敷の畳みっぷりと、千年前のラブコメでLGBTを先取りのエキゾチック・ジャパンは未見なら是非!
紹介記事【2019.04.30】【2019.05.29】
ヒート [DVD]
ヒート [DVD] (JUGEMレビュー »)

ロバート・デニーロvs.アル・パチーノ、この豪華共演が「午後のロードショー」で掛かるとは!
マイケル・マン監督が脚本も手掛けており、適度に緩急を付けながら3時間近く視線を釘付けにします。
まぁ「似た者同士で対照的な立場」という月並みな設定ではありますが、改めて映画は筋書きだけでは分からないなと。
紹介記事【2019.05.28】
フロントミッション サード
フロントミッション サード (JUGEMレビュー »)

遂に全ルート攻略完了、しかし未だ引継ぎ要素は完クリ出来ずボリューム満点!笑
シミュレーションRPGって得意ではないけど、PS2の後継作「FM4」と本作は別格です。
紹介記事【2019.05.26】
PURPLE RAIN (DELUXE) [2CD] (2015 PAISLEY PARK REMASTER, PREVIOUSLY UNRELEASED TRACKS)
PURPLE RAIN (DELUXE) [2CD] (2015 PAISLEY PARK REMASTER, PREVIOUSLY UNRELEASED TRACKS) (JUGEMレビュー »)
PRINCE & THE REVOLUTION
'84年の大出世作&未発表曲集のダブル・リマスタリング作。
同世代では(プリンス=キモい)でしたが、自ら「King of Pop」を名乗った生前のMJより全てが革新的でした。
ソウル/ファンクを抑えたロック・ハードな「パープル〜」と、前作に近いエレ・ファンク中心の未発表曲集なので万人受けしないのは当然だけど本物の「Prince of Pop」は明白よ?笑
紹介記事【2019.05.09】(Disc 1)
紹介記事【2019.05.17】(Disc 2)
ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD]
ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD] (JUGEMレビュー »)

観たのはTV放映でした、でもどこカットしたかも分かるので。
もはや脱ルパンした立場で多くは語りませんが、アニメ版ルパンの最高傑作です。
本作後の脳マモーが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のエゴになる件とかは誰か考察してください、ただ政治ナンセンス的なあのオチは「ルパン三世」が生まれた60年代末の土壌を意識していたのではないかと。
観る度毎に、頭でっかちに神を夢みたマモーの涙が沁みてきます。
紹介記事【2019.06.03】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「その男ゾルバ <特別編>」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

そういえば本作って、ギリシャ単独ではなく英米との合作映画だったんですね…「マイケル・カコヤニス(監督)とディミトリアス・リアパス(近代ギリシャ史学者)による音声解説」にて再視聴です、しかし知名度の低さに反論するかのような監督のコメントから始まる辺りでお察しかな。
映画会社が2時間という枠内での製作を求めても、自分の監督作はヒットするからルールを破っても平気なのだと豪語…その割に“芸術品を品評することには私は反対だ”って、よく分かんないす。笑
とはいえ脚本だけでなく編集や配給まで手掛けるインディーズ監督で、本作での世界的な成功後も自身のスタイルは変えなかったとは気骨ある人物ですな。

しかし本作、オリジナル版は3時間を超えていたとはな…2時間半でも編集が甘い感じでしたけど、これでも監督としては詰めてたのかぁ。
完全版の、ゾルバがロシアを旅するシーンは観てみたい気がするけど。
ちなみに「もうひとつのオープニング」は、誰も地獄に送らず罪を赦す神=ゾルバという意図があったのか…単に怠慢な神様と地獄イメージはご想像でっていう訳じゃなかった、と。
つまり冒頭の雲間シークエンスは、ゾルバが地上に遣わされた神というニュアンスなのね?
原作者は「神は実在しない想像の産物」ながらも、神への考察こそが神性だと考えていたのだとか。

'88年にマーティン・スコセッシ監督が映画化した「最後の誘惑」も、本作と同じくニコス・カザンザキスが原作だそうで。
リアパス教授いわく“実物のゾルバは1942年に他界している”って、撮影時に見た目を参考にした人物と別に原作もモデルがいたのね…どうやら監督と教授のコメンタリーは別録りみたいで、一緒に観ながら話してるのではない感じ。
監督の思い出話と教授の批評や作品の背景に関するコメント内容が映像と同期していないので、各自へのインタビュー音声を編集して重ねただけかもしれませんなぁ。
本作のヒットを受けて後にはミュージカル化もされ、再主演したクインはカコヤニスを舞台監督に指名…しかし気難しい彼とは監督も仲違いし、クインの晩年に謝罪を受けて和解したそうです。


長くなったので、続きは下欄に。

【バジルとゾルバ】
2人は性格が対照的というだけでなく、ゾルバにはインテリのバジルに足りない「経験に根差した知恵がある」のです…それが中盤の、2人の口論で交わす台詞に表れてたのね。
だけどゾルバがバジルに雇われる際に言った鉱夫の経歴は嘘っぱちで、単なる山師だったとは気付かなかったな…ゾルバが崩落しかかっている坑道から逃げなかった場面は、彼が鉱山仕事の素人だって事を示唆していたって事か?
となると口先三寸で切り抜けてきたゾルバの行動が、如何に場当たり的で説得力に欠けるかが目についてきます。

とはいえ、対トルコ戦の話などから粗暴でも無学な訳でもないと分かります。
すると同時に、バジルも紳士的というより世間知らずというか…まぁ監督も彼が童貞であると匂わせる発言をしてましたし、本土で女遊びしてきたゾルバに強く言えないのは納得がいきます。笑
バジルは村の有力者が預かっていた鉱山の所有者なので、村人は彼の胸三寸で仕事を得られるとあって一目置いている訳ですが…明らかに気質が違うバジルは、男として認められてませんよね。

【ゾルバとマダム】
ゾルバがマダムをブブリーナと呼ぶのは“1821年のギリシャ独立戦争で活躍した”女傑の一人と同様に「マダムも数々の元帥と対等だった」という意味だったのか…要するに、ゾルバが実はインテリだという表れですか?
ブブリーナは自前の戦艦を有する大富豪で、その邸宅は今もスペツェス島で博物館として公開されているそう。
ゾルバの口説きは処世術で、いわば元帥どもとどっこいどっこい…島を離れる前にはけんもほろろ、それでも病気の時は傍に付き添ってあげるのが紳士的。

【事実をもとに書かれた原作】
1914年頃に聖山アトスの僧院でジョージ・ゾルバという人物と出会った原作者カザンザキスは、その3年後にペロポネソス半島で鉱山開発を共同で手掛けます…作家としての収入が少額で不安定だったため、鉱山からの収入を期待したのですが事業は失敗。
1942年にゾルバ死去との電報を受けたカザンザキスは、彼との思い出を整理して物語の背景とします。
その年まで原作者はアテネから船で小1時間のエギナ島に妻と住んでいて、ナチス占領下で“飢餓状態に近い生活を強いられていた”そうです。

【クレタの人々】
カコヤニス監督いわく“鉱山での出来事をクレタ島南部に置き換えた”のは、そこが“クレタ島の中でも手つかずの孤立した地域だ”ったからだそうで…オープニング・クレジットに“AND THE PEOPLE OF CRETE”と大書きされていた、クレタ島の人々は脇役以上に印象強いです。
リアパス教授は原作の時代背景を1910年代と推定しており、だから60年代末のクレタ島がこうだった訳ではないのかもしれませんけど…しかし撮影に協力したクレタ島の人々にしてみれば、この場面で演じた事は黒歴史でしょうな。

マダムの体調悪化を嗅ぎ付けた黒装束の婆さん、しわくちゃなのに敏捷で死神っぽいよ…これも地元の婆さん達で、身寄りのない死者の家財は国が没収するからって、死なない内から入り込んで忌の際をソワソワ待ってるのはマダムじゃなくても怖いわ!笑
ゾルバさえもマダムの死を悼む事なく、村人総出の略奪はドアまで盗むお祭り騒ぎ…その理由は“約700年もの間この地域の政権は――外国人や侵略者が握っていた/だから家財を没収するのは彼らの真の“国”ではない”からだそう、村人の顔つきや服装がトルコっぽいのも島が19世紀までオスマン帝国の支配下にあった名残りかも。

原作の出版時にも、未亡人への魔女狩りめいたシークエンスには非難の声が上がったそうですが…似たような事件が実際にあった事を原作者の妻が明らかにすると沈静化した、と教授が語っておりました。
少なくとも1910年代は、彼女のように身寄りのない未亡人は「所有者が失われた女」だから誰がモノにしても構わないと見做されていたようで…島の男たち誰もが若き未亡人を性的な捌け口にしたがっていて、有力者の息子パブロが彼女に惚れている事もあるし高嶺の花だからと劣等感を意識させられてしてしまい男同士で牽制し合っている状況。

未亡人にしてみれば村人のギタギタした空気は耐え難かったでしょうけど、結果的に彼女がよそ者に体を許した事で男たちの抑圧されてきた性欲が暴力に転嫁されるのですな…もちろん村の女たちは彼女に嫉妬していたし、明らかに有力者は制裁として処刑したのです。
それはつまり「未亡人は息子のモノ」という暗黙のルールがあって、掟に背き息子の威厳を損ねた未亡人は死ぬ運命にあったのでしょう。
処刑の直後、包囲していた村人が興味を失ったように散って行くのが一段と不気味です。

ミミトーは未亡人が村で唯一信頼する男で、彼も自分を雑に扱わない未亡人に尽くしていました…こうした知的障害を持つ男はカザンザキスの小説ではお馴染みらしく、現実にも娯楽の少ない村社会では彼らを養う一方で笑いの対象として道化扱いする一種の共有財産だったようで。
よそ者2人が島に来た時、ミミトーが「アメリカ人だ」と言ってるのは興味深いですね…第二次大戦後のヨーロッパでは戦勝国も敗戦国も一様に、アメリカの影響力を文化的な侵略と受け止めていたように思える事例がここにも。→関連記事

【ギリシャの人々】
カフェニオは、コーヒーだけでなくウーゾやワインを飲んでカードに興じる「男の社交場」で…タベルナと違って女人禁制だった時代らしいです、本作に描かれた1910年代は。
だから男たちは、未亡人の逃げたヤギをカフェニオの奥に隠していたという訳かぁ。
“ギリシャ人が大勢で踊る時は拍手していい”が、しかし“男が1人でゼイベキコスを踊る時は――観客ではなく 自身のために踊っているのだ”とリアパス教授…カコヤニス監督もまた“ゾルバは息子を亡くした時踊ったと言った(中略)悲しみを克服するための踊りを他人が邪魔してはならない”と言っておりました。

実際にギリシャの人々は、皆で食べて歌い踊るのだといいます。
カザンザキスはクレタ島北部の生まれで、カコヤニス監督はキプロス生まれ…ギリシャ人気質を当然のように撮っていて、それが時代の離れた遠い島国では伝わらない部分もあるでしょう。
監督は“ギリシャの日差しを考えるとモノクロが合うと思った”と、コメンタリーで発言していました。
“素の自分に満足していた”現実のゾルバに、原作者は敬服し羨望の念を抱いていたようで…もしかしたらゾルバのインテリな面には原作者の一面が反映されてるのかも。

しかし思えばゾルバの作った粗雑なケーブル設備が試運転で壊れたのは却って好かった気がしますし、仮にプロ中のプロが作ったとしても失敗や過失は起こり得るんですよね…実際、撮影時も早く壊れ過ぎたりして助監督が追加撮影してるし。
そう考えながらあのラストを観ると(やっぱ好いなぁ)と思えてきました、不謹慎だろうが笑いたくなれば笑うし“人生は苦難の連続だが歩み続けねばならない”のです。
あ、ゾルバってドイツ読みだとゾーヴァ
0
    | cinema | 2019.01.31 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://mot.lanikeha.gonna.jp/trackback/1008912




    ↑ top