おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
星里もちる「夢かもしんない」3巻

前巻ラストで現れた、加勢そっくりな恋のライバル古谷…加勢の大口客は無事に納品が済んでホッとしましたが、熱く夢を語って佐藤をドキドキさせてた古谷がやらかしてくれるとは!
って前にも読んでるのに、まんまと引き込まれてます…そりゃまぁ佐藤×古谷がトントン拍子で進んだら、加勢が脇役になっちゃいそうだけど?笑
最新PC7台と共に雲隠れした古谷、6百万円の大損害で自信喪失&加勢を忘れようとしてた佐藤の傷心に加勢は一線を越えちまいました…一夜のエッチで元気回復の佐藤、流石のイヤミ上司も今回の件は“営業を育てるには時間がかかる”と厳重注意のみで一段落。

しかし一夜のつもりがベッタリに、とはならないのが加勢らしいな…そんなタイミングで長野から週末を加勢と過ごしに来た娘に焦るも、馴染みの客にダメ後輩の山崎にと頼られる父親の家庭では見られない一面を見た真奈でした。
加勢の娘と顔を合わせた佐藤の反応に妙な生々しさを感じ、思わず(作者って男だったよね?)とWikipedia情報を確認しましたよ。笑
そして“俺くらいの歳になると会社でパソコン導入する権限ありそうな奴いる”と踏んで、商機満々で同窓会に出席する加勢ですが。

“ハナっから商売するつもりで来たのか?”と絡むゼミ時代の松本先輩、散々「真面目で波風立てずうまくやる方法ばかり考えてるから大嫌い」とか「計算高くずる賢い才能」とか面罵しつつ「加勢が来るから同窓会に来た」ってツンデレか…慌ただしく強引なヘッドハンティング?に戸惑う加勢、今やソフト業界の風雲児と呼ばれるキレ者の松本も“ムリして、ガマンして、自分抑えて、それで人生楽しいか!?”と、夢野すみれと同じコト言うし。
やりがい+年棒2千万より顧客への責任!と自問自答の加勢でしたが、誤って開封した妻の口座案内で彼女が高給取りと知り愕然。

休日返上で夜中まで働き、家庭を顧みない現状を(俺が家族を養ってる)と肯定していたのに…入社したての美佐子が手取りで40万オーバーじゃ、加勢としては立つ瀬ないというもの。
しまいには松本から加勢を指名して会社に営業の誘い、業務命令とあっては行かない訳にはいかないな…面倒臭いキャラの松本ですが、ソフト開発スキルに全振りで対人スキルがマイナスだからこそ正反対の加勢が必要だと実感してるのかも。


前巻

次巻
0
    | comic | 2019.01.01 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top