ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PS1ソフト「エクソダスギルティー」

さて前回の【過去編】で、地理や伝承の繋がりが見えてきた【現在/カスミ編】の外人墓地から再開です。
カスミが単なるレイナの知り合いじゃないと看破した墓守り爺ブナン、何故か盗難に遭った七つ道具の一つ(アクアラング)をカスミに返却…盗んだ輩に貰ったというけど、明らかにこれから必要って事だろコレ?笑
と、ようやく台座に太陽の炎を嵌めてある事に気付き月の輝きを貰いました。
早速これも嵌め込むと台座が引っ込んで地下通路が出現、忍び込むカスミの後を追うアイらしき女の影…。
通路は吊り橋の落ちている谷川の上流に出て、道は対岸の聖なる湖へ続きます。

マリーン湖、って【過去編】のアクアがいた神殿があったよな…という事は、ここでアクアラングの出番か?と思ったら違うらしく。
引き返すと墓地の入り口でワッツから「飛行場で騒ぎがあった」と聞き、真っ直ぐ向かうと格納庫にあったTNT数十キロが盗まれたとか…その後どこを回っても反応ないので再び墓地の地下に潜るとレイナにバッタリ、レイナを追って宿舎に行くと例の優男が登場。
レイナの元旦那と言われてビックリ、それにしてはカスミの裏稼業まで調べあげてて「モーゼの件からは手を引け」と警告してきます…国際科学アカデミーの調査員、にしては胡散臭い!

彼が「東の教会で拾った」と言う七つ道具のウォーターグライダーを渡され、最初の手持ちは10キロまでっていう重量制限はどこへやら…それも抱えてマリーン湖へ戻るとレイナに再会、リヒテルがトレジャー・ハンターを雇って学術調査の発掘隊を解雇すると知り彼女は落ち込んでいます。
しかしカスミもレイナがいなくなったら滞在理由が失われるし、いつになく弱気なレイナを励ましていると頬っぺにチュッ!って?…これは禁断の恋路フラグからのシリアス展開でしょうか、カスミの軽口でコメディ調に見せてはいても実のところハードボイルド・ミステリーっぽいんだよね。

ここらで【未来/スィー編】にザッピング、ヴィレッジ・ギルドで再会した少年タツタに「牛乳女」呼ばわりされキレ気味のスィー…コチラは今のところ王道お色気コメディ路線ですな、脱力ギャグの珍道中。笑
ジブラール坑道を塞ぐ褐色の扉には王家の紋章、これは変態宣教師イーの地図と交換した褐色の短剣で開けられるんだけど…以前もココで詰んだなぁ、ヴィレッジに行ってもタツタは出て来ないし関所まで引き返したって何も変わらないし。
でも昔と違うのは「ワールドガイダンス」を持ってるという事、攻略チャートを見てイーの出現場所が判明し短剣を取り返せました!

坑道の先は、虎牢関という厳戒態勢の関所が通行止めなので聖地へ…澄んだ池に建つオベリスク、でも位置的には水の神殿じゃなく迷いの森があった辺りでは?
どうやら古き魔が作り出した防御結界を科学的に応用して北の神殿を隠しているらしく、その結界をミスティック・フォレストと名付けたティティ父の碑銘文がオベリスクに刻まれておりました…光の盾により結界を無力化する仕掛けだそうですが、意味分からないので征嵐の書を掲げてみたらなんと風の神官が出現し天空のアミュレットなる新アイテムを入手したものの。
そこで手詰まり&腹ペコで、一旦ヴィレッジへ撤退。
エクソダスギルティー2(←左クリックで拡大表示されます)


前回

次回
0
    | game | 2018.11.29 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top