ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PS1ソフト「エクソダスギルティー」

【未来/スィー編】
前々々回フリーズしちゃった虎牢関の続きです、またイー捜しからやり直しかよ!…しかし別行動のメンバーによって、それぞれ台詞が用意されてるとはねぇ。
タツタと組んでると聖なる泉では妹を思い出すし、ティティと一緒だと大聖堂で興味深げに…ラーライラとティティ宅に戻ると懐かしそうにしたりね、だけど虎牢関でタツタが独走する理由としてはティティよりもライリーの方が合ってるので今回もラブラブ班だな!
そういう次第でティティとスィーで虎牢関内へ、ライリーと合流した場所の防御スクリーンは紫の紋章ドアがヒントだったんですね?

紫の短剣をかざすとドアが開き、スクリーンを切って先に進むと獅子の紋章を嵌めてタツタ救出へ…騎士団のビーム射撃もリリーヌ団長の電撃ムチもスィーの聖衣に弾かれ、その爆煙に紛れて脱出しつつリリーヌが落とした虎の紋章も入手。
これを内部で嵌め込んで虎牢関は開門、しかしリリーヌは度重なった不手際に詰め腹を切らされ指揮権はイイナに…愛するザザンに尽くした挙げ句に見捨てられたリリーヌの最期は胸が痛みますな、それにしてもザザンは間違いなく彼だけど何故こんな鬼畜になった?
旧首都ザールに着いたスィー達、噂どおりの廃墟っぷりですが中には入れず。

旧首都とは逆方向に行くと聖地ラ・ムー、王家の人物を声で識別する超ハイテク空間へ…でもそこは旧首都の管制基地らしく、防御電波を切ったら他にやる事ないので旧首都へUターン。
無人の不気味なザール市街、ふいにタツタが「妹の声が!」とまたも独走…ライリーも後を追い離脱って、恋は盲目を地で行くか!笑
あれほど王女の護衛を至上目的にしてたのが、すっかりほだされちまってさ…ネーネが草葉の陰で泣くぞ、スィーを放り出すなんて。
ティティと2人で奥に進むと迷子の幼女が、もしやタツタの妹?…こんな廃墟で、あんな年端もいかない子が独りで生き延びれるか?

2人を誘うように現れては消える幼女の亡霊、やはりタツタの妹だったのね…制御塔の上へと追い掛けて行くと砂塵の書を発見、その一方で幼女リリィはライリーの前に現れて身の上話を聞かせていたのでした。
かつて腐れ貴族の慰み物にされていた孤独と哀しみに囚われた彼女は幻術でタツタを洗脳し、ラーライラを酸の海に引き込もうとします…酸に足を焼かれ我に返ったライリーに駆け寄るスィー、そこに制御塔からタツタの別れを告げる声が!
彼は洗脳ではなく自分の意志で、妹と共に行くと決めたのでした…安らかに母なる心の中へと旅発てるよう、短い恋の思い出を胸に。

リリィを抱き寄せ「兄としてやってやれる最後のこと」と笑って、酸の海に消えちまいましたよ…おいマジで死亡フラグだったなんて、こっちも要らぬ軽口叩いた責任感じちゃうじゃん!
茫然自失のラーライラ、ネーネが死んだときでさえ流れなかった涙が溢れ…本当の気持ちを伝えられなかった悲しみ、それが死を悼む思いの核心なんですよね。
スィーの“最後に人は、必ず1人になるの……さびしくても”という慰めの虚しさよ、例えリリィが「何かの意志の語りべにすぎなかった」としても…本当に言うべき言葉は何もないよね、こんな時だからこそ言いたい事を言うんじゃなくてさ。


前回

次回
0
    | game | 2019.01.13 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top