ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みたアート >>
最近行ったところ
上野(東京国立博物館)

近頃なんだか上野のミュージアムばかり来てますが、観たいと思う展覧会が続いたんですよ…今回の主目的は「マルセル・デュシャンと日本美術」だったのですけど、そちらは後日の「最近みたアート」で改めて。
で、もう一つの目的が「中国写真紀行 −日本人が撮った100年前の風景−」(←リンク先は公式サイト)…こちらも「マルセル〜」と同じ平成館で展示されていましたが、特別展じゃないし(ついでに)的な感じで。
同じく平成館では「マルセル〜」の向かい側で「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展が開催中で、もし両方を観賞するとしたら¥1,200チケットを別個に購入しなきゃならないそう。

しかし平日だと割に空いてて好いですな、いや平日でも上野の森美術館で開催中だった「フェルメール展」は入場制限かかって大行列でしたけど…ある意味そっちにミーハー連中の客足が流れてくれた気もして、ラッキーだったのかも?笑
しかし上野公園って外国人の観光客が多いのね、下手すりゃ半数以上かも…東京国立博物館は特に欧米人が多くて、海外旅行で美術展を観るという感性はオシャレだなぁと感心しました。
ところで「中国写真紀行」展、いかにも空きスペースの有効活用だったのは残念…先に観た特別展と比べて、仕方ないとはいえ。

手札サイズの古い写真をガラス越しに眺めるという味気なさね、額装して1点ずつ壁に飾る手間は掛けられなかったんだ…かなり色褪せてきてたけどガラスの向こうじゃ細かく観察しようもなく、いっそ拡大コピーでも貼っとけよっていう。
撮影時期は1903年(明治36年)から1920年(大正9年)という中国各地の史跡、その頃フランスではデュシャンがコンセプチュアル・アートを開花させていたと思うとまた格別な心境です。
その頃の中国は清朝末期〜中華民国の初期、って事はジャッキー映画の「天中拳」「酔拳」の時代か!笑
遥か昔に建てられた、およそ100年前の被写体。

例えば三蔵法師が印度から持ち帰った経典を納めた大雁塔や彼の遺骨を保存する舎利塔、河南省洛陽の黄河支流両岸に穿たれた龍門石窟など…往時の栄華など微塵もない、荒涼とした景色とのコントラストに悠久の時の流れを感じました。
全部が全部じゃないにしても、近年に撮られた写真と比べて動乱の時代に放ったらかされた史跡の寂寥感には何か惹き付けられるロマンがありますね…これらの写真の中の、この場所に自分も立ってみたい!そんな気持ちにさせられました。


関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】莫邦富「中国全省を読む地図」| 2010.07.09
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周 ある青年が撮った日本と世界」| 2012.10.29
【最近読んだ本】菅沼晃「モンゴル仏教紀行」| 2013.03.07
【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近みたDVD】「リュミエール!」| 2018.08.11

〈東京国立博物館〉関連記事:
【最近行ったところ】「空海と密教美術展」| 2011.07.30
【最近行ったところ】「海の道 ジャランジャラン」展| 2018.09.22
【最近みたアート】「マルセル・デュシャンと日本美術展」| 2018.10.30
0
    | visited / plan | 2018.10.29 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top