ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PS1ソフト「エクソダスギルティー」

【未来/スィー編】
前回の続きで旧首都から、リリィの幻術が解けて現れた酸の海を渡る道…その先の島は、かつてマリーン湖と水の宮殿があった辺り。
周囲が水没して海水が流れ込み、湖底が逆に隆起したのか?…分かれ道を左に行くと危険な気配の監視塔、右は湖だった場所が迷いの森状態で「帰れ!」と謎の声に一喝され進めません。
ティティ曰く「あれは父の声だ」、て事は前に言ってたミスティック・フォレストかぁー…砂塵の書を掲げるとクエイクが巨人のハンマーと引き換えてくれましたが、スィーをアーレスと見間違え「また酒を飲み交わそう」とか言ってるし!

いやクエイクの実体は1万5千年前にいて、スィーの姿が見えてないから勝手にアーレスと思い込んでるんだな?
とはいえ森の結界を解くアイテムじゃないようなので諦めて分かれ道まで戻ると、イイナが「ザザンの下から逃げ出した」と言って接近…油断したスィーはラーライラ&ティティと共に囚われ、ザザン到着までに監視塔から脱出しなくちゃ!
という次第で久々にレイルルの出番です、通気口から外に出て…森じゃ「帰れ!」だし旧首都は自動音声、イーの「スィーを賢者ウーに会わせたい」的な発言で期待したら“まだ現代編と過去編をクリアしてないのン!?”と言われる始末。

詰問口調で、てっきり強制ザッピングか?と思えば特に何もなく…であればレイルル探険隊、行ける限りは一通り行ってみますか!笑
聖地ラ・ムーでは「オペレータ不足」って言われ、虎牢関は潜り抜けて…聖なる泉じゃないしタツタの故郷も関係なし、って途中の兵士たちの台詞で見当は付きましたけど城と大聖堂もこの際だから行っときます。
で、ティティの故郷タウンの詰所ね…また兵士のヒントを得て坑道内の見晴らしへ行くも、ここと違うの?
「ワールドガイダンス」見たら遭遇はランダムらしく、根気よく3回顔を合わせると兵士が移動、次は聖地ですよ泉周辺じゃない方。

紛らわしいよね聖地があちこちあって、しかも関所と坑道の間なんて道しかないのに…ともあれここで更に兵士と2度遇ってジーナ=イー城に行くと、奥に入れてレイルルはザザンこと仮面アーレスと対面します。
デ・スを救いマーサの願いを叶えるには、スィーが持つウィルの鍵で知識の扉が開かれる事を断固阻止せねばならない…そのためにスィーを殺すのだと言うザザン、いや仮面アーレス。
彼はスィーの捕まっている監視塔へと向かったのでしょうが、追っ掛けても事態は進行せず手詰まり状態。
どうやら「ワールドガイダンス」や各攻略サイトを見ても、ここまでっぽいな。

多分ここら辺が【未来編】に【現代編】を統合する最終期限なのでしょう、攻略サイトによってチャートの記述が異なっているのは【現代編】終了タイミングと【未来編】の進行状況で展開が多少変わってくるからですね…つまり【現代編】のカスミが【未来編】に現れて、相互にイベントをクリアする事でストーリーが進んで行く仕掛けだから。
【過去編】は最終的に【未来編】でザザンとして敵対するから関係なさそうだけど、とりあえず【未来編】と【現代編】は【未来/統合編】になっちゃうので最初に【現代編】を終わらせといても好かったのかも?
とにかく【現代編】だな!


前回

次回
0
    | game | 2019.02.02 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top