ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PS1ソフト「エクソダスギルティー」

前々回でカスミも未来へ到達して【統合編】に突入、前回ようやく監視塔から助けたスィーはザザン配下のリリーヌを見て別行動ですか…次はミスティック・フォレスト突破の糸口なんだけど、聖地ラ・ムーで結界を解除するにもメンツが足らず。
旧首都ザールの制御塔と聖地を行き来してても埒が明かず、虎牢関まで引き返して聖なる泉に行ってみたらリリーヌと再会…今更ザザンの許になど帰れる筈もなく、行き場を失った彼女の苦悩に“斬るは長の義務、殺さぬは人の情”とは上手いコト言ったねカスミ!笑
リリーヌはザザン以前のアーレスに出会い、彼への献身を誓っていたのでした。

あまりに深く傷つき病んだ未来に絶望したアーレスは、リリーヌに緑や青い空を見せると言ってくれた…この辛さは彼に斬られた事ではなく、自分が役立たずな存在となったと思うからなのだと洩らしたリリーヌ。
カスミは「ウジウジ考えてないで本人に当たって砕けたらどうだ」と発破を掛け、再び彼女が仲間入り…これでオペレーターは足りるけど、その前にジーナ=イー城でリリーヌのザザン告白タイムってのは如何?笑
そういえばカスミが現代から持ち込んだ炎の書、どこでアイテム交換なのかと思ったらジブラール坑道の半端な場所で…神殿も何もなかったのに、何故ここで?

さて4人で聖地に行き、制御パネルの前で主人公変更してスィー達は旧首都の制御塔へ…これでミスティック・フォレストの結界はオフになりましたが、再起動するまでカスミ達は制御パネル室から出られないの?
とりあえずイーの師匠に会うまで、彼らには缶詰め状態で待機してもらうとして…いきなり白骨化した父とご対面のティティ、なのに取り乱す事なく父のポケットから紙片を見付けました。
それは娘への遺書で、王室に強要されたミスティック・フォレスト解明から得た“相補性と呼ばれる仮説のジレンマ”に関する記述…則ち、観測結果には必ず代償が伴うという考え方で。

いわく「人類文明の発展にはグ=アーイヤ(ガイア)の代償を要する」、つまり終末期の人類文明に世界の終焉を止める術はないと…両者が相補的な関係である以上、その共存は絶望的と悟り自ら命を絶ったのです。
観測者が人類であるが故に、ガイアが対価を支払う結論は共存と言えない…といって既に人類は代償を払う余力もなく、まさに相補性のジレンマといえますな?
更に結界の先にある水の神殿は、今や王室の重職にあった賢者ウーをザザンの命で軟禁する座敷牢でした。
賢者の話もまた、世界の真実に迫る深イイ話(古っ)。
しかしウィルの鍵がデコイで、知識の扉は開かれているとな?

「旧世界が神と悪魔の交戦で滅びた」とは王家の作り話で、悪魔に敗れたのは旧人類でした…その悪魔に対抗し得るフィフス=セラフィーとはスィーの身を何度となく守ってきた聖衣の事で、本当の鍵は杖の痣を持つスィー自身なのだとか。
彼女の王位継承時に知識の扉を開き悪魔を倒す計画は、悪魔の味方ザザンのクーデターでご破算に…ウィルの鍵はスィーに危害が及ばぬよう敵を欺くフェイクで、破魔の聖衣は王位継承者だけが扱えると語る賢者。
旧世界を滅ぼした「杖の交わり」発動前に、城の地下深くで眠る悪魔を倒す事…それには先ず「4つの聖具を集めよ」と言い、漆黒の短剣と水声の書をスィーに渡しました。


前回

次回
0
    | game | 2019.03.10 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top