おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近行ったところ
さや堂ホール「展示プロジェクト ハナムラチカヒロ 地球の告白」(←リンク先は公式サイト)
千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展(←リンク先は公式サイト)

また「1968年 激動の時代の芸術」を観てきたんですけど、本当の目的は「ハナムラチカヒロ 地球の告白」のパフォーマンス「地球に捧げる回転」を観たかったのです…開始時間から大幅に遅れてしまったので諦め半分で行ってみたら、ギリギリで最後の数分間を観る事が出来ました。
さや堂というのは、美術館が入ってるビルを建てる前から同所に建ってた歴史的建築物らしく…それを移築せず取り囲むようにしてビルが建ってるのですね、なので現代的なビルの中に恐らくは明治時代の様式と思われる石造りの重厚な建物が入れ子になっている訳。

こないだ「1968年〜」を観に来た時も気になったのですが、その時は閉館してたので機会あれば…と思っていたら「地球の〜」展が行われているのを知りまして、しかもスーフィーの旋回舞踊を基にしたパフォーマンスというので是非とも観たいと駆け付けたのです。
出遅れちゃったけどね!笑
僅かでも観られて好かったです、クラシカルなホールに反響する振り子の音も神秘的でしたし…ハナムラチカヒロご自身らしき人物は衣装もスーフィーっぽくて、やっぱり頭を傾げて反時計回りに旋回してました。
「ラスト・バリア」に書かれてたイメージ通りで、足元もフラつかないのです。

総勢10人近い男女が代わる代わる旋回してましたけど、まったく動きが乱れないのね…定刻どおり始まって最初から旋回してたら40分以上は続いてた事になるけど、まるで僕が着いた時に始まったばかりのように軽やかだったしなぁ〜?
詳細は何も知らずに観てましたが、フーコーの振り子を用いた舞台装置も凝ってたし不思議でした…歩く所作も舞踊になっていて、だけど振り子とか円盤に記された知識とかからするとカバラ辺りにも詳しそうで。
この集団の軸足は、舞踏やダンスにあるのか…それともスーフィズムだけでなく、人智学やなど人文研究が主体なのかと。

パフォーマンス終了後、ホール内を歩きながら観賞してビルの8階へ上がり「1968年〜」展を再び観賞。
最終日とあって込み合ってましたが、学生運動絡みのコーナーは自分的に前回で消化してたのでスルー…しかし反体制的カウンターカルチャーは結局のところ万博を利しただけで萎んじゃったような印象を抱いたり、高度経済成長による豊かさを甘受する後ろめたさが三里塚抗争やノスタルジックな土着性に潜んでいたようにも思えたりしました。
展示を眺める年配の客層に彼らの1968年を思い、そして大掴みに“芸術”と称してしまっている当時のうねりに浸ってみたりもして。

思えば僕は、1968年をピークとして当時の世相とかアートシーンを歴史として整理しようとしていたのかもなぁ…でも実際には無数の顔があり、様々な思惑があったりなかったりして正に“激動”してたのですね。
一方で端正かつ時代を感じさせる灘本唯人や伊坂芳太郎のイラストの、静かな狂気を孕んだ眼差し…単なるエコロジストではなく筋金入りのヒッピーだった山尾三省など、バブル経済を挟んだ半世紀前が現代の日本と直接地続きになっているような気さえしましたよ。
現代との違いは目に見えていた格差にあるのかもしれません、なんとも性急なまとめになっちゃいますが。


〈スーフィズム〉関連記事:
【最近読んだ本】岡田明憲「ゾロアスターの神秘思想」 | 2007.12.25
【最近読んだ本】ティエリー・ザルコンヌ「スーフィー イスラームの神秘主義者たち」 | 2012.08.15
【最近読んだ本】大田俊寛「現代オカルトの根源」 | 2013.12.17
【最近読んだ本】ルシャッド・フィールド「ラスト・バリア ―スーフィーの教え―」 | 2017.10.14

〈1968年〉関連記事:
【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫クロニクル 1968〜1989」 | 2012.03.30
【最近みたDVD】「テルミン」 | 2012.12.20
【最近読んだ本】池澤夏樹「終わりと始まり」 | 2014.05.20
【最近読んだ本】渡辺眸「1968新宿」 | 2015.02.18
【最近読んだ本】ティム・オブライエン「本当の戦争の話をしよう」 | 2017.04.15
【最近行ったところ】千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展 | 2018.11.10

〈学生運動、フーテン〉関連記事:
【最近読んだ本】田中長徳「トウキョウ今昔 1966・2006」 | 2011.06.16
【最近読んだ本】ロバート・ホワイティング(著)、松井みどり(訳)「東京アンダーワールド」 | 2011.07.26
【最近読んだ本】片岡義男「花のある静かな休日」 | 2012.01.01
【最近読んだ本】君塚太(編著)「原宿セントラルアパートを歩く」 | 2013.05.18
【最近聴いたCD】ガガガSP「オラぁいちぬけた」 | 2013.10.07
【最近読んだマンガ】いがらしみきお「私はたいがいの場合正しかった」」 | 2013.10.020
0
    | visited / plan | 2018.11.28 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top