素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店 [DVD]
素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店 [DVD] (JUGEMレビュー »)

人生に飽きた大富豪が終活代理店で運命の女性と出会う、という微妙に古臭いプロットに敢えて挑んだ'15年のベルギーと他国の合作映画。
2人が波打ち際で踊るエンドロールに「その男ゾルバ」を連想しましたが、内容は奇想天外なライト・コメディです。
エロもグロも観せずに全年齢での観賞に耐え得る映画です、ヨーロッパ映画らしい上品な笑いで無難にオススメです。笑
紹介記事【2018.07.04】
酔拳 (ドランク・モンキー) [DVD]
酔拳 (ドランク・モンキー) [DVD] (JUGEMレビュー »)

僕にとって(ジャッキー・チェンといえば!)の1本です、「蛇拳」などと同時代ながら、仇討ちなしの明るいストーリー。
しかも赤鼻爺さんユエン・シャオティエンにお調子者ディーン・セキ、凄腕の悪党にウォン・チェン・リーと役者も好いし。
“手は戸を探り 足は戸を破る”とか漢詩っぽく意味あり気だけど訳が分からないフレーズが個人的にツボりました。笑
紹介記事【2018.10.27】
リュミエール! [DVD]
リュミエール! [DVD] (JUGEMレビュー »)

リュミエール協会は1896年より世界各地にスタッフを派遣して最初期の短編動画シネマトグラフを撮影しており、その1割にも充たない108作品を選りすぐって編集した貴重な記録映像集です。
日本語ナレーションは立川志らくによる噺家口調、弁士がわりに的な発案でしょうが好き好きでしょうな。
基本的な映画の手法が早くも完成されていた事に驚かされ、優れた情報媒体であり大衆娯楽でもある動画の偉大さを実感。
現代では一個人の投稿動画が社会を変革し得るまでになった、双方向的な映像の未来を考えてみたりも。
紹介記事【2018.08.11】
光速シスター
光速シスター (JUGEMレビュー »)
星里もちる
好きが高じて往年のドラマ専門チャンネルに勤務する主人公、いわゆる聖地巡礼から帰ると妹が!?
某掲示板のオカルトスレ先取りですか、まぁ連載当時は聖地巡礼なんて言い方もしなかったけれど。
妹の正体は宇宙人、姿を偽装+主人公の記憶を書き換えて居候って!
昔のドラマや特撮へのオマージュを盛り込んだ、作者の趣味全開っぷりと間の取り方が絶妙に可笑しいです。
そして最後は作者に泣かされました、好い意味で。
紹介記事【2018.07.26】
李白の月
李白の月 (JUGEMレビュー »)
南 伸坊
本書から教わった志怪の妙味は、怪談に惹かれる僕の指向を明瞭にしてくれました。
恐怖や怨念じゃないしホラーでもない、不思議の一言では片付かないポッカリとした空白を独特の文体で説明してくれるのですが。
明治大正期の文豪が、かつて日本文学のフォーマットに合わせようとして整理しちゃった翻訳にはない妙味が味わえる筈。
紹介記事【2018.08.04】【2013.07.01】
月光浴音楽
月光浴音楽 (JUGEMレビュー »)
ナカダサトル with FIELD ORCHESTRA
虫の音とか波の音なんかが7トラック、1時間ちょっと続いてる自然音だけのCDです。
本作のポイントは、途中で聴こえるディジュリドゥみたいな謎の低音ですね……聴いてる分に害はないのですが、その場にいるような臨場感に(何の音なんだろう)と聴き入ってる内に爆睡。笑
紹介記事【2018.11.16】【2010.10.20】
遥かな町へ [DVD]
遥かな町へ [DVD] (JUGEMレビュー »)

谷口ジローの同名漫画を実写映画化、だけど何故だかベルギー/フランス/ドイツの合作映画…そして何故かDVD制作は鳥取市?
舞台はフランスの田舎町、帰省した初老のバンドデシネ作家が14歳の運命的な時へとタイムスリップ。
体は少年、心はオッサンて「リライフ」もビックリの振り幅だな!
だけども胸が切なくなるのは、どんな大人の心にも子供だった頃の傷が残っているからなのでしょう。
紹介記事【2018.07.03】
アデライン、100年目の恋 [DVD]
アデライン、100年目の恋 [DVD] (JUGEMレビュー »)

しばらく個人的にハマっている不老不死者というテーマを扱った、麗しきブレイク・ライブリー主演作です。
彼女のコンサバティブなファッションと姿勢の美しさは「隣のヒットマン」のナターシャ・ヘンストリッジを思わせ、チャーミングな表情は深キョン超え!
しかし常人と違うが故に慎重な彼女が恋に落ちたのは、若くて金持ちで慈善家でイケメンで知的でナンパも上手いという胡散臭い程の好青年で……いや、僻みは言うまい。笑
庶民的じゃないラブストーリーが嫌いでなければ、彼女の美しさだけでも。
紹介記事【2018.01.20】
【メーカー特典あり】ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE(オリジナルステッカー付) [DVD]
【メーカー特典あり】ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE(オリジナルステッカー付) [DVD] (JUGEMレビュー »)

台湾のローカル・バスって、高速バスの立派さとは違う魅力があります。
内容はTV番組と一緒です、なので海外とはいえグルメ情報も観光もないのです。
気楽な旅に見せながら、悪天候のアクシデントには同行スタッフの苦労がしのばれます。
個人的にはイイ感じに年増チックなマドンナ、三船美佳にグッときました。笑
紹介記事【2018.10.10】
トウェイン完訳コレクション  アーサー王宮廷のヤンキー (角川文庫)
トウェイン完訳コレクション アーサー王宮廷のヤンキー (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
マーク・トウェイン
中学の時に挫折した、文庫本の分厚さと読み辛さも今なら平気!笑
19世紀末のコネチカット・ヤンキーが何故か6世紀のイギリスで大活躍、つまり「読者の現代>130年前の現代>回想の中の現代」と、著者も予期しなかった入れ子構造なのがまた面白いです。
ちなみに、著者と同い年の有名人は“篤姫、小松帯刀、坂本龍馬、福澤諭吉、松平容保、土方歳三”だそう。
トマス・マロリーの古典文学「アーサー王の死」を読んでいる方なら、もっと面白いのでしょう。
「賢者の孫」のネタ元でしょうか、しかし著者の時代を先取した批評精神に脱帽です。
紹介記事【2018.09.28】
ダウンサイズ [DVD]
ダウンサイズ [DVD] (JUGEMレビュー »)

常々「あらゆる地球的問題の根源は過密状態にある」と思っている僕にとっては、興味深い内容でした。
“1950年代、既に研究所は我ら人類にとって最大の脅威は人口の増加にあると確信しておりました…今日我々が直面している災厄、異常気象に食糧危機、更に水質汚染といった危機を予測していたのです”
手のひらサイズになると、1ドルが千ドルの価値に……しかし所詮は実社会の庇護がなければ維持出来ない縮小ライフ、どこか戦前の移民政策や戦後の社会主義国を理想郷と煽った側のニオイも。
法整備が追い付かない状況を好機と見た連中の憎めなさ、悲劇の象徴にされてウンザリなヒロインなどコメディ調ながら重層的な好い物語でした。
込み入ったストーリーを整理した構成力とテンポよい演出、映像美も見事です。
紹介記事【2018.09.23】
グローイング・アップ5 ベイビー・ラブ [DVD]
グローイング・アップ5 ベイビー・ラブ [DVD] (JUGEMレビュー »)

イスラエル版「アメリカン・グラフィティ」、基本は失恋映画で今回はモテ男ボビーの妹がヘタレ主人公ベンジーの恋人に!
安っぽいファッションやショボいレースなど庶民的で微笑ましく、戦後のアメリカが世界に及ぼした影響力が伺えたりも。
チャリポツ野郎ヒューイのジュース「ブフォ!」、はとこのケダモノ娘フリーダ怪演ぶりは見どころ。
DVD自体のちゃちな仕様は謎です。笑
紹介記事【2018.11.22】
FOR YOU (フォー・ユー)
FOR YOU (フォー・ユー) (JUGEMレビュー »)
山下達郎,山下達郎,ALAN O’DAY,吉田美奈子
ファンからすれば(他のアルバムどんだけ知ってんの?)と突っ込まれそうですけど、本作しか知らないんです僕。
でもこれが彼の最高傑作でしょう、収録された楽曲のバランスも鈴木英人のジャケもね。
スライ風ファンク「Hey reporter!」が入ってる統一性のなさが上手く引っ掛かる構成、ただファン向けのボーナストラックが浮いちゃってるんだよなぁ!。
紹介記事【2018.10.13】
レベルE全3巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)
レベルE全3巻 完結セット (ジャンプ・コミックス) (JUGEMレビュー »)
冨樫 義博
本作は多分、僕みたいに(作者の名前は見聞きするけどナンボのモンじゃい?)位に思ってる人が読むに相応しい気がします。
鴨川つばめ江口寿史に池上遼一タッチの劇画顔と、分かれば尚更笑えるし有名なのも納得の画力です。
それと秀逸なのは筋の運び方と見せ方ね、ただ人間性は疑うけど!笑
紹介記事【2018.08.16】
スターフォース: 最強の軍団、誕生! (ハヤカワ文庫SF)
スターフォース: 最強の軍団、誕生! (ハヤカワ文庫SF) (JUGEMレビュー »)
B.V. ラーソン
電子書籍として発表されたアメリカ版なろうSF小説、子持ちの大学教授がベタな地球侵略に立ち上がるシリーズの第一作。
意外性あふれる教授の頭脳サバイバルに引き込まれます、ハリウッドが映画化しそうなレベル。
しかし8年経ってもハヤカワ文庫から続きが出ないので、ちょっとオススメしづらいです。笑
紹介記事【2018.08.29】
スターオーシャン3 Till the End of Time
スターオーシャン3 Till the End of Time (JUGEMレビュー »)

ディレクターズ・カット版が出てるようなので、そちらをオススメします。
僕も終盤でメニュー画面を開こうとしてブラックアウトや異音と共に「ディスクからデータを読み込み中です」と表示されたままフリーズでプレイ断念中です。笑
リアルタイム・バトルの忙しさは好みの問題として、城下町などの雰囲気が最高!
中世レベルの惑星に来た主人公がハイテク宇宙人側、という立ち位置はユニークで楽しめました。
紹介記事【2018.07.25】
ドゥービー天国
ドゥービー天国 (JUGEMレビュー »)
ドゥービー・ブラザーズ
若い頃は避けてたドゥービー、ですが名曲「Black water」を収録した本作は通しで聴きたかったのです。
M・マクドナルドのAORカラーが強い後期とは異なる、ブルース+カントリーな旨味と寛いで演奏を楽しんでるバンド感が魅力かと。
70年代ウェストコースト・サウンドを象徴するエッセンス満載で、個人的にはアコースティックの低音が心地好かったな。
紹介記事【2018.09.26】
シチズンフォー スノーデンの暴露 [DVD]
シチズンフォー スノーデンの暴露 [DVD] (JUGEMレビュー »)

国家に逆らえばどうなるか、国家は国民に何を隠しているのか?
かつて一躍時の人となったエドワード・スノーデン氏、時点でも無事に恋人と亡命生活を送れている事を祈ります。
本作の原題は「CITIZEN FOUR」で市民の敵(citizen's foe)ではありません、彼を見るとカナダの白人ラッパーSNOWを連想してしまいますが。笑
本作はドキュメンタリーなので、現場の緊迫した空気は本気(マジ)です。
紹介記事【2018.09.01】
K-PAX 光の旅人 [DVD]
K-PAX 光の旅人 [DVD] (JUGEMレビュー »)

自らを千光年も彼方の「琴座に近い“K−PAX”から来た異星人」という患者ケビン・スペイシーと、精神科医ジェフ・ブリッジスの物語として原作小説にアプローチしてます。
いわば両作が互いを補完しあう関係のようで、ミステリー仕立ての原作を分かりやすく観せてる気もします。
スピリチュアルな観点からも、普通のヒューマンドラマとしても充分に楽しめます。
紹介記事【2018.12.11】
心霊づきあい (MF文庫ダ・ヴィンチ)
心霊づきあい (MF文庫ダ・ヴィンチ) (JUGEMレビュー »)
加門七海
いわゆる心霊体験の豊富な著者が、著名人の“さまざまな「視える」人たち”と語らう企画から生まれた対談集。
巻末には漫画家の山本英夫による著者へのインタビューなど、単行本に追加要素を増やした文庫版です。
大御所的な松谷みよ子稲川淳二の他、TVプロヂューサーにタレントにレスラー議員や海外レポーターなどの“霊的なものへのスタンス”は興味深く読めました。
各インタビューを挟むように前書きと後書きがあって、会話の状況が伝わりやすくなってる構成も僕は好きです。
紹介記事【2018.10.15】
いくぜ!温泉卓球!!
いくぜ!温泉卓球!! (JUGEMレビュー »)

頑張りましたね彩京、ユニークなゲームソフトが出しづらくなったPS2で敢えてこれか!笑
まぁ定価で購入する方は今更いないと思うので、中古プライスなら甥っ子たちとの対戦ゲームに適当かと。
愛ちゃん(当時)が卓球するとは期待しないでください、つかCVも違うし。
この偽カータン、色違いってだけで版権とかクリア出来るの?
ステージ数もキャラも少なめですが操作性は良好で、一応キャラ毎の挙動に違いを持たせてる辺りも好感が。
紹介記事【2018.07.19】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みた夢
好きなもの全部入り!


最初は、現実で組んでるバンドのドラムスやってる中学時代の同級生に話し掛けられて始まったと思う。
「知り合いのバンドが演ってるから、見に行こう」と誘ってくれたのだ。
気が付いたら空き地のような場所に来ていて、キーボードを含む4人編成のメンバーに紹介されていた。
彼らに付いてペンション風の広い平屋に行き、白いコテージからサンルームのような窓を開けて全面板張りのスタジオに入った。
リーダー的な人物はリッケンバッカーをカスタマイズしたようなベースを弾いていて、ナルチョ系のノリノリなタイプだった…他メンバーも和気藹々なんだけど、溶け込むには距離感が。

でも初対面だし、変にベタベタした間合いよりは心地好いというお客さん感覚。
彼らの演奏は曲というより即興的なインストゥメンタルで、セッションとか言ってた筈だけどサブのベースも見えないし、耳馴染みがないというより僕の引き出しにはないタイプの音楽だったので見学していた。
思わず(窓を開けっ放しにしていて音洩れの苦情とかないのかな?)と気になったけど、テラスの向こうはキャンプ場みたいな庭地だし問題ないのだろう…こんな開放的な環境で演るなんて最高だなぁ、聴いてるだけでもウキウキしてくる。

しばらくして、自分のバンドのギター(彼も中学時代の同級生)が遅れて登場。
ちょこちょこ姿が見えなくなるので(相変わらず多忙そうだな)と思ってたら、僕を呼んで敷地の外に連れ出した…コテージから少し離れるとギリギリすれ違える幅のアスファルト道路があって、その向こう側にオレンジ色のカーブミラーが薄い西陽に染まっていた。
あ、夏草の匂いだと思う。
そこに子供たちが集団登校みたく並んでいて、ギターの友人は「親戚の子なんだ」と言い、端にいた2歳ぐらいの男の子に声を掛けると嬉しそうに話し始めたものの、僕に気付くなりモジモジして黙ってしまった。

他に学齢前の男の子が何人かいて、小学校低学年ぐらいの女の子が「挨拶、出来るよね?」と言うけど皆モニョモニョ…(なんか恐そう)というヒソヒソ声が聞こえたので、そう見られてたのかとニコニコ顔にしたらすぐに懐いてくれた。笑
慣れた途端に各自好き勝手に喋り出して、収拾つかなくなった辺りでギターの友人が切り上げて元いたキャンプ場?に引き返した。
彼が身内を紹介してくれた事が意外に思えて、でもそれはそれで嬉しかった。
夏の夕暮れっぽい空気だが、まだ陽は翳っていない。
この後の2つの出来事は順番が定かでなく、もう1つ何かあったようにも思う。

1つは、前に遊びに行った徳島県で暮らす友人がギターで弾き語りを聴かせてくれた事…屋根の上だったか一部が2階建てになっていてバルコニーからだったか曖昧なのだけど、見上げると上の方に彼はいたのだ。
それはオリジナルの新曲で、久しぶりに聴いた彼の歌詞と変わらない歌声に感極まった僕は堪らずに号泣。
万感の思いが、なんて訳ではないのだけど…彼の言葉と声の響きに宿る優しさに涙が溢れてきて、会わなくなってから積もっていた心の濁りを押し流したのだ。
彼が上から「おーい」と手を振ってきた時は(何故ここに?)と思い、同時に(今は特別なのだ)と感じた。

もう1つは、ドラムス友人バンドの演奏に加わった事だった…といっても僕の出番なしのまま、なし崩し的に終了してしまったけど。
先程のテラスに面した部屋から少し奥まった部屋に場所を変え、最初はギター友人が乱入する形でセッションが始まったように思う。
僕もサブのベースを借してもらったので、先ずはベース同士の掛け合いから入ったものの…なんだか微妙に噛み合ってない気がして様子を探りながら合わせ始めた辺りで終わってしまったのは残念ではあったが、まぁ短かったにしても気負わずに楽しんでプレイした。
別に「下手でゴメン」とか、そういう感じじゃなく。

そこでドラムス友人バンドのメンバーと話していると、彼らの知り合いがいるという話からドラマの撮影で来てたらしき吉田羊を紹介された…夢の初めにドラムスの友人といた空き地に行くと、ちょうど犬を連れて彼女がやって来たのだ。
特にファンでもないけれど、夢の中の吉田羊は気さくでよく話す女性だった。
連れていたラブラドール犬はドラマで共演しているらしく、彼女に懐いていて、よく撮影の待ち時間に散歩させていると言っていた。
話しながら一緒に庭地を横切り、コテージに併設された物置小屋のような場所に入った…そこはテラスと同じ白い板で簡単に造られていて、入り口付近は狭くて奥に行くと犬の世話が出来る位のスペースがあった。

屋内の照明はなかったが、板の隙間から射し込む陽光で充分に明るかった。
一番奥に流し台があり、吉田羊は僕と話しながら器に水を注いで犬に飲ませた。
ほとんど彼女が話していた気がするけど交互の会話にはなっていて、共通点もないのに会ったばかりとは思えないほど打ち解けていた…僕が犬と戯れてクルクル回ったら僕のズボンから鍵が鳴る音がして、取り出したら玩具と勘違いしたラブラドールに速攻でくわえられ、お座りさせてゆっくり持ち上げたら離してくれたのでご褒美にメチャクチャ誉めるとラブラドールが大興奮して吉田羊と大笑い。
そんな、笑いながら喋ってる自分の声で目が覚めた。


いやー、ここまで盛り沢山で全編ハッピーな夢ってのは初めてかも!…少しもイヤな気配がなくて、夢にありがちなブッ飛び感もないし脳内補正も皆無ですし?
ま、吉田羊っていうのは正直よく分かりませんが。笑
近頃は普段にも増して夢を見ているのは覚えているのですけども、肝心な内容に関しては不思議なくらい思い出せないでいました…良くも悪くもインパクトに欠ける内容なのだろうけど、まぁ寝覚めが悪くないのを良しとするかっていう。
今回は目が覚めた瞬間に夢だったと分かって(何この豪華さ!)と、あまりのハッピーセットさ加減に却って怖くなった位ですよ。

別に明晰夢が見られる訳ではないし自分の意思で内容をコントロールしてはいないのに、現実でも仲良しな人たちも、現実では知らない人たちも、みんなワイワイ楽しいムードだったし。
バンドあり弾き語りありの音楽とアウトドアと、しかも気持ちの好い夏の夕暮れ時…といっても少し陽が傾いた程度の明るさで、状況的にも文句なしでしたし。
ラブラドールは昔飼ってて死んでしまった犬ではなく、見覚えのない細身かつ大柄なチョコラブだったけど…吠え癖のない、精悍な体つきでも愛嬌あるドングリ眼の間抜け面でしたよ!笑
まるで無意識にリクエストでもしたかのような夢で。

ただ1点だけ謎なのは吉田羊ですね、まぁ前日に考えてたとはいえ…それはむしろ(なんで人気あんの?)という、好意的とは思えない内容だったものですから。
これは実に個人的な感想なのですけど、彼女や黒木華に僕は女性としての魅力をちっとも感じないのです。
それは束物アイドルに対しても同様ではあれ、ああいうのは需要としてなら分からないでもない訳で…黒木華も百歩譲って地味フェチ需要があるのかもしれません、でも吉田羊に関しては本当に人気の理由が謎で。
だけど当たり前ながら嫌いな訳ではないので、会えば楽しく話せるだろうし夢の中でも実際そうでした。

というよりも、夢の中で会話した時間では彼女が一番だったんですよね…話しやすくて自然に打ち解けていたし、夢に出てきた人たちの中で最も親密な感じになっていたのは犬のせいなのかもしれませんけど。笑
そういえば彼女と話している時、自分が他の人に対する時の間合いがゼロになっていた事に気が付きました…そう思ってみると、この夢って(普通にしてる顔)からテンション上げる前と後で周囲との関係が変わったような気がしてきました。
基本的に(大勢でワイワイ)が苦手なのは、無理にテンション上げてるのが面倒だし疲れるからなのですが。

でも無理のない程度に少しニコニコ度をアップしてたら、子供に懐かれてセッションに招かれて…ご無沙汰な友人から自作曲を贈られ、最終的に吉田羊の犬に大笑いさせられる(幸が幸を呼ぶ流れ)に乗った訳か。
普通にしてる時は決して不愉快そうにはしていないつもりだけど、やはり誰かと会ったらニコニコ顔にした方がお互いにハッピーという事か…まぁ旅行の1日前に見る夢として上出来ですな、あの初夏の夕暮れ感は正しく僕がイメージする台湾そのものでしたからね。
ここまで徹底して楽しい夢は、なんか勿体ないから分けて見たかったなぁ…そう思うのは夢だからで、現実にこうなったら分割とかセコい事は考えませんよ?笑


追記:旅先でもニコニコを失いかける度、この夢を思い出して朗らかさを心掛けてました。夕方は暮れるのが早くて、それに自分も妙にバタバタしてて満喫したという程ではありませんでしたが・・・まぁ己の体力低下を痛感したとはいえ、何事もなく帰れて好かったです。
0
    | in sleep | 2018.12.07 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://mot.lanikeha.gonna.jp/trackback/1009030




    ↑ top