おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近行ったところ
恒春 (4.5/7 台湾 '18)

高速バスを降りてすぐの、洒落た飲食店に何気なく目をやったら…あれ、店内に下がってるのは古着?しかもメニューにメキシコ料理が?
ジョー山中っぽい店員にスモークサーモンのブリトーとホットコーヒーを注文し、古着Tシャツを吟味…地元っぽいオジサンが話しかけてきたので「Sotty, I can't speak Taiwanese」と言ったら、背後から「Where are you from?」という声が。
最初は外人同士の会話と思ったけど、振り向いてみたら自分が訊かれていたのでした…声の主は、背中を向けている先客カップルの白人男性。
「From Japan, Tokyo」と答えると、今度は女性の方が「あ、日本の人ですか」と反応。
彼女は10年ほど前に日本語を学んだらしく、男性も東京にいた事があるそう。

主に女性が日本語で話してきて、たまに男性が英語で合いの手を入れる感じで一緒にランチ…よさげな宿を知らないか尋ねると、彼女の父親が利用した事のあるホテルでよければ案内してくれる事に。
ここで遅ればせながらお互い自己紹介、男性はラリーで女性は元ちゃん。
本当は彦(ゲン)なのだけど、彼女の好きな映画のキャラに因んで同じ発音の元にしたのだとか…その映画は恒春が舞台で、台東生まれの元ちゃんは3か月ほど前に越してきたそう。
Tシャツは200元均一で3枚購入。
宿の名前はmu-mu、その近くに映画ロケした家があってカップル多数インスタ写真中。
mu-muの交渉は元ちゃんが仕切ってくれて、800元とは思えない部屋で大満足。

元ちゃんは周辺を案内してくれそうな雰囲気だったけど、ラリーは退屈そうだったので2人の厚意に感謝して再見。
例によってロープ張り洗濯、それから宿の自行車で周辺探索…城壁が作られたのは「清代に日本の侵攻に対抗して」と何かで読んだけど、現在は部分的にしか残っていないとか。
元ちゃん&ラリーは「城壁の上を歩いた事がある」らしいけど、適当に旧市街を回ってみた印象では案外に狭いような…あっという間に陽が傾いて5pm、一旦mu-muに戻ってロビーの年配女性を相手にダメ元でネカフェ筆談。
いや網路といってもワイファイじゃないんだよなー、向かいに住むオバチャンのスマホ翻訳&検索で単なるコーヒー屋まで案内され苦笑い。

ネカフェ探しを城壁の外へ広げてみたら迷ってしまい、一気に日が暮れて暗い夜道は路面のデコボコもスクーターも危険だわ…明るい方へと走っていたら夜市の人混みに突入、すごい混雑なのでmu-muに自行車を返して徒歩で出直し。
人疲れしてきて、空腹の赴くまま屋台で次々と買い込んで宿に…基本的に肉で揚げ物で食い切れず満腹、残りは朝食にって事で早寝。
mu-muのTVはCATVなくて民放もノイズで観れたもんじゃないので、読書が捗る環境なのだけど…日中がバタバタ過ぎて、ビール飲むと眠くなってしまうという有様。笑
過去の台湾旅行で「夜がヒマ」と学習したので、文庫本3冊も持って来たけど全然読んでないや…DSなんて出番まるでなし、ロッカーに預けりゃ好かった!


高雄 (4/7 台湾 '18) 

〈台湾 '18〉記事:
【1/7】高雄(高源旅社泊)
【2/7】高雄(凱旋中華〜駁二大義)
【2.5/7】高雄(三民区興隆街〜夢時代、儂來商務旅館泊)
【3/7】高雄(高雄国際機場〜哈瑪星)
【3.5/7】高雄(西子湾〜旗津島、旗津道酒店泊)
【4/7】高雄〜恒春(旗津島〜潮州〜枋寮)
【4.5/7】恒春(夜市、mu-mu泊)
【5/7】恒春(旧市街城壁散策)
【5.5/7】恒春(ホエール・カフェ〜墾丁、mu-mu泊)
【6/7】小港(高雄国際機場⇔草衛)
【6.5/7】小港(高雄国際機場〜小港、橙商旅泊)
【7/7】帰宅(高雄国際機場〜成田第3ターミナル)


以下は個人的メモ画像(5枚)
mu_inn#303
恒春mu-mu_inn#303_t.jpg(←左クリックで拡大表示されます)

恒春南門
恒春南門_t.jpg(←左クリックで拡大表示されます)

西門内側
西門1_t.jpg(←左クリックで拡大表示されます)

西門外側
西門2_t.jpg(←左クリックで拡大表示されます)

恒春全区
恒春全区_t.jpg(←左クリックで拡大表示されます)
0
    | visited / plan | 2019.01.03 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top