おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
V.A.「LATINA CAFE BEST OF」[Disc 1]

かなり昔に聴いたコンピ盤を、改めて図書館で借りて聴き直した次第…というか、実は他のコンピと間違えて借りてきて焼いたまま放置していたのだ.笑
正直に言って、当時の(期待と違った)的な肩透かしが思い違いではなかったと再確認した。
「Latina Cafe」はWAGRAMというレーベルのコンピレーション・シリーズらしく、本作はシリーズのベスト盤として'06年にリリースされたようだ…謳い文句は“ラテン/ワールド・ミュージックシーンを代表するアーティストの代表曲を豪華収録”、とりあえずこの2枚組の1枚目に収録された16アーティストの内ではマルコス・ヴァーリとセウ・ジョルジ位しか僕の知った名前は見当たらない。
意外なのはピエール・バルーのフレンチ・ボッサか。

ウィリー・コローンばりのサルサにキューバン・アフロ、ブラジリアン・ポップス(MPB)にラテン・ジャズ…旧来のラテン・ミュージックから近年のクラブ系サウンドまでをアラモード形式でコンパイルし、幅広く網羅した印象はある。
が、悪く言えば散漫でもあり…流し聴きにはビート感のバラつきが耳に残るし、せめて(これだ!)と感じさせるキメ曲の1つはあっても好かったろうにと思う。
本作は長く聴き込むアルバムではなく、自分好みのラテン・サウンドを見付けるための入門編カタログ盤と考えた方がよさそうだ。
2枚目も、この延長だろうな…聴くけどね、一応。笑
曲名およびアーティスト名のリストは、以前の記事に記載。



〈サルサ〉関連記事:
【いま聴いてるCD】ウィリー・ボボ「レッツ・ゴー・ボボ」| 2007.07.19
【最近聴いたCD】ジミー・キャスター「ヘイ・リロイ」| 2010.06.12
【最近聴いたCD】SPANISH HARLEM ORCHESTRA「UNITED WE SWING」| 2011.06.05
【最近聴いたCD】ウィリー・コローン「オリジナル・ギャングスター」| 2011.10.18
【最近聴いたCD】WILLIE BOBO & HIS ORCHESTRA「Let's Go Bobo !」(再聴)| 2012.09.30
【最近みたDVD】「サタデー・ナイト・フィーバー」| 2013.06.23
【最近みたDVD】「デイブは宇宙船」| 2017.03.14
【最近みたDVD】「ポリー my love」| 2017.03.29
【最近聴いたCD】V.A.「IRMA LATIN FLOOR」| 2018.03.07
【最近みたDVD】「カムバック!」| 2019.10.29


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『El barrio - Los Hombres Calientes (1998)』(Sound Only)


『Pierre Barouh-Samba Saravah』
0
    | music | 2019.03.21 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top