ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PS1ソフト「エクソダスギルティー」

前回の【スィー編】で、ティティの父が遺したメモと賢者ウーが語った世界の真実…スィーじゃなくても頭パンパンですが、この真実にも各々バイアスが掛かっておりますなぁ?
でもそれに気付けるのは【過去編】をプレイしてるからで、未来世界じゃ悪魔でもザザンことアーレスには母なる心ですし…ティティ父の仮説も、ガイア=悪魔=母なる心を物理的にしか捉えていない点で不完全。
ともあれ賢者がくれた水声の書を携え、転移の扉で移動した先は大聖堂?…出ると確かに大聖堂なんですが、何も起きないのは何故?
これは【カスミ編】に主人公変更しろって事だな、でも彼ら一行は聖地に監禁状態で。

なるほど、スィー達が制御塔に行けばロック解除が出来るのかもな…途中ウーの森でティティ父の仮説を読み返してみると、現在読みかけている「ミトラの秘儀」を連想させられました。
一神教を土台に持つ科学的思想がもたらした環境破壊を批判し、ミトラに限らず多神教全般の太陽信仰にあった共生意識の重要性を語ってますね…でも今はそれどころじゃないので先ずはカスミ班の救出に、塔は制御不能のため聖地ラ・ムーで賢者ウーがくれた漆黒の短剣を使ったら救助成功!
しかし何故か背後からザザン強襲、どうやらミスティック・フォレスト通過がバレて先回りされてた様子。

魔剣エクソシジムの妖裂斬にスィーがまとう旧世界の遺産フィフス=セラフィー発動、間に割り込んだリリーヌは今度こそ死亡…どさくさ紛れにウィルを人質にしながらザザンは退却と、ここで改めてザッピング。
相変わらずラ・ムー内でアレ?と思ったらザザンが去った後で、アイは「ウィルが自らザザンに与した」と目撃証言…外に出るとティティが「父の仇を討つ気はない」と言うのみ、とりあえずジーナ=イー城まで行ってみたけど衛兵に門前払いされて話は特に進まず。
【スィー編】に戻すとティティは「ザザンが立て直す前にギッタンギッタンにしてやりたい」って、何なんだよ?

途中で鉢合わせしたカスミから「スィーといるとウィルの顔色が悪くなった」と誹謗中傷され、城に行っても衛兵に追い掛けられて手詰まり状態…そこで奥の手「ワールドガイダンス」で攻略チャートを確認、そういえばウーが“4つの聖なるアイテム”が神への道を開くとか言ってたよなぁ?
そこで【カスミ編】のサラマンダーリングを持つカスミを大聖堂に行かせ、合流した所で【スィー編】にザッピングして水声の書を掲げ…ん?奥の間じゃないのか、というか大聖堂の外で久々にアクア登場でブルーダイアモンドを獲得。
また大聖堂に入るとウー登場、スィーとカスミの決意表明を経て決戦場へ転移!

因みにブルーダイヤのアクア通信は時代が遠いせいか、あるいはアーレスじゃないせいか受信に難あり。笑
そうそう、カスミ班が賢者の居城で合流しても転移の間には入れてもらえないのね…ジブラール坑道がジブラルタル海峡でジーナ=イー城がシナイ山なら徒歩移動は可哀想だろ、それと大聖堂前にカスミ班がいたら水声の書は変化しないの?
一方、ザザンに「リリーヌ様は残念でした」と語り掛けるウィル…考えてみれば彼女はアーレスを好いてたっぽいし、人類の黄昏時へと召喚されて過去を捨てたザザンは母なる心との契約を全うするため魔剣をふるってきたのでありました。


前回

次回
0
    | game | 2019.03.16 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top