ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
内田樹「日本辺境論」

樹と書いてタツルですか、変換できないよ…。

実は最近どころか、読了して半年以上も経ってしまっていたりするのだが。
読み終えてすぐに書いた文章が納得いかず、推敲を繰り返した挙げ句お手上げ状態になっていたのだが。
たまたま先日、橋本治の「宗教なんて怖くない!」を読んだら少し整理できた。
本書は難解なのではなく橋本の著作並みに平明なのだが、情報量が濃密なのだ。

確かに「日本の常識は世界の常識に非ず、逆もまた然り」などと言われるし「世界標準に比べて日本は遅れている」という論調もまた割と耳にする。

これらに含まれる、自らを貶めるニュアンスを逆手に取る辺りは小気味よい。
明治期の国旗&国歌制定も、とりあえず対外的に要るっぽいし…という、この辺は高橋源一郎の「君が代は千代に八千代に」でも軽く触れられていたっけ。

“主張するだけで妥協できないのは、それが自分の意見ではないからです。”
“私たちはつねに他に規範を求めなければ、おのれの立つべき位置を決めることができない。自分が何を欲望しているのかを、他者の欲望を模倣することでしか知ることができない。”

なるほど、この国は主に(主体性なんて柄じゃない人)の集まりなんですね。
橋本も(日本人の思考停止がダメではなくて、歴史上それでOKだったのよ)的な事を書いてたな…外国からは異端だろうが、こんなでも別にエエじゃないかと。
ほぼ異論なし。


関連記事:
【最近読んだ本】内田樹・平川克美「東京ファイティングキッズ・リターン」| 2011.05.20
0
    | books | 2010.12.04 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top