ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ポール・アンダースン(著)、岡部宏之(訳)「百万年の船 (1)」

再読です。
ちょうど読みかけている「ミトラの秘儀」という本に、パンノニアという地名が出てきて本書を思い出したんですが…単に主人公の一人がハンノと名乗っていただけで、時代的には第一部の「トゥーレ」と被っているものの具体的な関連性は見出だせませんでした。笑
本書に関しては以前の記事にて要点を書いちゃった気もしますが、壮大な歴史の流れを確認するため改めて…個人的には第一部の舞台となる紀元前310年前後の世界が最も印象的です、それは遺跡や文献を通して朧気にしか感じられない往時の空気感が見事に描き出されているからでしょうね。

第二部「不老不死の桃」にて描かれる西暦19年の古代中国は、新王朝から遠く離れた寒村が舞台なので歴史の隔たりは感じられず寓話的です…最初に次巻から読んだし今回は再読というのもあって驚きはありませんが、もしこの1巻から読み始めていたら第一部とは時間も場所も登場人物も一致しない第二部は衝撃的だったのではないでしょうか。
そして359年のローマ時代が舞台となる第三部「仲間」は導入部を第一部と同様に船主との会話から始めるばかりでなく、主人公ルーゴが第一部でギリシャ世界の脅威となりつつあったゴール人の国ガリアに移ったハンノだと明かします。

しかもルーゴ(ハンノ)は手際よく、第一部で遠征したプレタニアに財産の一部を隠しておいたのでした…同じ土地で長く暮らす事を避け、周囲から怪しまれないよう移住に備える生き方を身に付けたという訳です。
第一部の時点で既に700年近く生きている孤独な不老不死者は、1,300年目にして同じ立場から人々に殺されかけていたルーファスの救助に成功します。
しかし、続く第四部「パルミラでの死」はイスラム教黎明期の641年を生き延びるアリヤットの物語に…更に第五部「だれも運命を避けることはできない」は、ノルナゲストが語る戦士スタルガトとの思い出話に。

ミレニアムが迫る998年のノルウェイ(トゥーレ)に戻ってきた、流離いの吟遊詩人ノルナゲスト…ハンノの別名かと思わせて、そう匂わせる描写はありません。
不老で粗野なスタルガトを説得するゲストでしたが、ルーファスとルーゴのようにはいかず…長命に疲れ死を受け入れたゲストの願いは成就したのでしょうか、その願いが叶えられたようには読めないのですけど。
というか、様々な神々を信仰する短命人を不老不死者の視点から描写する場面が多々あるのは興味深いですね…特にこの1巻で舞台となる世界のほとんどが一神教的だから、というだけではないような気がします。

1050年のキイフ(キエフ)に移る第六部「出会い」はスラブ系と思しきスヴォボダが主人公ですが、カドックとルーファスと名乗る二人連れに暴漢から救われます…第三部でブリタニアに去って後300年を経たルーゴことハンノは、キムルー(ウェールズ)を拠点に北欧まで広く旅する貿易商カドックとして彼女に出会いましたが同類とは気付かずに別れてしまうのでした。
その22年後の1072年、第七部「同類」で遂にカドックはコンスタンティノープル(イスタンブール)でアテナイースを名乗るアリヤットとの接触を果たします。
2千年に亘った希望はしかし、儚い夢に終わります。

慎重に慎重を期した接触でしたが、不老不死の女性として生き延びてきたアテナイースにとっては同類の伴侶を得る喜び以上に身バレの恐怖が大きかったのね?
あるいは彼女がパトロンの高官に秘密を明かし、公的な保護を得ようとして裏目に出たのか…ともあれロシア貿易も潮時と見極めていたカドックたちは窮地を脱しますが、彼の落ち込み様には同情を禁じ得ません。
逆に、恋に浮かれてたカドック(ハンノ)を諭す野蛮人ルーファスの指摘が冴えてるのもまた気の毒で…とはいえ新ローマ帝国の栄光に対するアテナイースとカドックの温度差には、男女の性差が感じられましたね。


〈ポール・アンダースン〉関連記事:
【最近読んだ本】「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近読んだ本】「百万年の船 (2)」| 2016.12.31
【最近読んだ本】「百万年の船 (1)」| 2017.02.18
【最近読んだ本】「百万年の船 (3)」| 2017.03.19
【最近読んだ本】「大魔王作戦」| 2017.06.21
【最近読んだ本】「百万年の船 (2)」(再読)| 2019.07.18
【最近読んだ本】「百万年の船 (3)」(再読)| 2020.04.24

関連記事:
【最近読んだ本】山崎秀司「図説 ペルシア」| 2007.11.08
【最近読んだ本】スーザン・M・マーグソン「ヴァイキング」| 2008.11.18
【最近読んだ本】「イブン・ジュバイルの旅行記」| 2012.12.19
【最近読んだ本】「NHKスペシャル ローマ帝国 COMIC Version 超大国の興亡〜皇帝たちの光と影」| 2013.12.14
【最近読んだ本】紅山雪夫「ヨーロッパものしり紀行 《神話・キリスト教》編」| 2014.06.25
【最近読んだマンガ】幸村誠「ヴィンランド・サガ」1巻| 2014.09.16
【最近読んだ本】栗生沢猛夫「図説|ロシアの歴史」| 2015.05.10
【最近読んだ本】森野たくみ、松代守弘「古代遺跡」| 2016.06.15
【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近読んだ本】アン・ブラッシェアーズ「マイ ネーム イズ メモリー」| 2019.07.30

〈長命/不老/不死〉関連記事:
【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
【最近読んだマンガ】里中満智子「マンガ ギリシア神話3 冥界の王ハデス」| 2009.05.18
【最近読んだマンガ】荒川 弘「鋼の錬金術師」17巻| 2010.01.16
【最近読んだマンガ】岡野玲子「陰陽師」13(太陽)巻| 2010.03.10
【最近読んだマンガ】高山しのぶ「あまつき」10巻| 2011.06.27
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】舟崎克彦(文)、橋本淳子(絵)、小林敏也(構成)「大仙人」| 2012.12.31
【最近みたDVD】「ハンコック」| 2013.02.23
【最近みたDVD】「未来惑星ザルドス」| 2013.03.14
【最近読んだマンガ】沙村広明「無限の住人」30巻| 2013.11.28
【最近読んだマンガ】田辺イエロウ「終末のラフター」| 2014.07.26
【最近読んだ本】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近みたDVD】「AVALON」| 2014.10.28
【最近みたDVD】「THE NATURAL」| 2014.10.31
【最近読んだ本】トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」| 2016.03.27
【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
【最近やったゲーム】PS2ソフト「幻想水滸伝III」| 2016.05.11
【最近読んだマンガ】赤松健「UQ HOLDER!」1巻| 2016.10.30
【最近読んだマンガ】茶鳥木明代「デュラララ!!」3巻| 2016.11.23
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「百万年の船 (2)」| 2016.12.31
【最近みたDVD】「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版」| 2017.03.01
【最近読んだ本】宮部みゆき「あやし」| 2017.10.29
【最近やったゲーム】PS2ソフト「幻想水滸伝III」| 2017.11.14
【最近みたDVD】「アデライン、百年目の恋」| 2018.07.01
【最近読んだマンガ】オノ・ナツメ「レディ&オールドマン」VOL.1| 2019.09.07
【最近みたDVD】「さよならの朝に約束の花をかざろう」| 2019.09.23
0
    | books | 2019.06.05 Wednesday | comments(0) | - |













    ↑ top