ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ジーン・ウルフ(著)、岡部宏之(訳)「独裁者の城塞〔新しい太陽の書4〕」

シリーズ最終巻の再読です、前巻ではスラックスを出奔して辿り着いた湖畔の城でバルダンダーズとの再会から対決へと至り…師匠から譲り受けた拷問者の剣を失った上に調停者の鉤爪と呼ばれる宝玉を割ってしまったセヴェリアンが、遂に「独裁者」として王の帰還を果たすまでの物語です。
大森望による巻末解説によると、著者は“意味のないことは一行も書かない”そうですが…しかし僅かな出番しかない割に伏線でもなく後から名前が挙がる登場人物の多さは、セヴェリアンの完全記憶という設定を強調するためじゃないの?
必然性を感じないエピソードも結構あるし、未だ謎。

おそらく普通の感覚で読み流しておいて、ノリだけの理解力で貶す読者は少なくないでしょうね…一度観ただけでは分からない映画と同じで、本書もまた繰り返して読まれるよう緻密に設計された物語の一種である点には僕も同意します。
ただなぁ、改めて読んでも印象が大きくは変わらない歯応えの強さはどうなんだろう…まぁ一度目で読み込んだ情報量の多さを咀嚼する意味で、二度読み必須という気はしましたけどね?
そして優れた物語の多面性と多義性は、読み手の心理や知識の変化を映す鏡のように感じる訳で…再読までのスパンが短かったので、今回は今イチなのかも。

しかし調停者の鉤爪とは一体、何だったのでしょう?
本書の冒頭でも行き倒れた兵士を再生させますが、実はセヴェリアン自身もまた鉤爪を身に付けて間もない時期にアヴァーンの刺から再生していたのでした。
彼の旅には2つの目的があり、警士としてスラックスに赴任する旅の次にはペルリーヌ尼僧団に鉤爪を返す事が旅の主目的となります…しかし鉤爪の終着地は彼が拷問者から独裁者を経て調停者へと至る道だったのです、あの執拗なヘトールを従えたアギアでさえもが無意識に旅の御者を演じさせられていたのでしょう。
そして調停者は、新しい太陽へと旅発ったのでした。
(長くなったので、続きは下欄にて)


〈新しい太陽の書〉関連記事:
「拷問者の影〔新しい太陽の書1〕」| 2017.01.15
「調停者の鉤爪〔新しい太陽の書2〕」| 2017.01.21
「警士の剣〔新しい太陽の書3〕」| 2017.03.05
「独裁者の城塞〔新しい太陽の書4〕」| 2017.03.26
「新しい太陽のウールス」| 2017.04.05
「拷問者の影〔新しい太陽の書1〕」(再読)| 2017.04.22
「調停者の鉤爪〔新しい太陽の書2〕」(再読)| 2018.03.13
「警士の剣〔新しい太陽の書3〕」(再読)| 2019.04.07

「新しい太陽のウールス」(再読)| 2020.02.17

“ほら、人間はみな植物のようなものでしょう。美しい緑色の部分があって、しばしば花や実をつけますし、まっすぐに太陽に向かって、自存神に向かって伸びていきます。また、それと反対の方向に、光のこないところに穴を掘って伸びていく暗い部分もあります(中略)太陽に向かって昇る力を植物に与えるのは、根の部分です。もっとも、根がそのことを知っているわけではありませんが(中略)自分自身への関心は、わたしたちに見えず、また、めったに考えをめぐらせないものから発生するということです(p.86)”という言葉には、シュタイナー的なニュアンスを感じました。

また“われわれの知る宇宙は拡散して無限の空間に消滅し、その破片が集まって(空間は湾曲しているから、最後には出発点で出会う)、その種からふたたび花が咲く。このような開花と衰退のサイクルの一つ一つが、神聖な年の区切りとなる(p.402)”は「K-PAX」「アルケミスト」に通じる宇宙観を感じます。
しかも「繰り返される宇宙の息吹きから別の宇宙へと脱出する“〈時〉の回廊”を発見した高度な生命体が、ビッグ・クランチからビッグ・バンの過程を終えた宇宙に戻って来た」という示唆は、実に興味深いですね…神ではないけど、人類世界の創造主という仮説。

そして“恐怖とは、膿の流れるできもので顔の形が変わってしまう病気のようなものである。人はできものの根源よりもむしろ、できものを見られることを恐れるようになり、また恥辱に感じるだけでなく汚されたように感じるようになる(p.342)”とは言い得て妙です、恐怖心の対象そのものよりも自分が抑圧する心理的な恐怖の方にフォーカスしてしまうという矛盾ね。
因みにセヴェリアンの完全記憶って、五感のドラレコ状態で保存されているものの“望めばそれをいつでも取り出せるというわけではない”のがPTSDみたいで却って不自由そうだわ。
と、今回はこんなトコで。
0
    | books | 2019.06.28 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top