おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
パウロ・コエーリョ(著)、山川紘矢+山川亜希子(訳)「アルケミスト 夢を旅した少年」

もはや何度読み返したか知れませんし、以前にも紹介記事を上げてる筈です。
最初の頃は後半の錬金術師と旅をする部分が印象強く、その後は前半のクリスタルを売る店で働く部分に共感というか惹かれていたような気がします…そしてまた時を経て読み返すと、更に細かな場面にも心が反応するようになりました。
これは別に優れた物語の重層性とかではなく、むしろ人は見たいように見てしまうという感じに近い気も。
結局は常に何かに捕らわれていて、バイアスなしに物事は受け止められないのでしょう…いつか無の境地に至るまで、そういう自分を肝に命じておきたいです。

最初から、風は吹いていたんですよね…そして少年は純粋であるが故に、無意識に大いなる錬金術の技を実践していたのでしょうな。
愛とは、より好い変化です…あるいは、それを実現しようとする魂の試みです。
ただし愛がもたらす変化とは、それ自身であり尽くした結果なのでしょう…少年は羊飼いから水晶売りになり、やがて砂漠の旅人になって最後は大いなる魂と繋がっている自分の心が見せた夢を叶えるに至ります。
それぞれの人がそれぞれの夢を知っていて、叶える事を先ず考えてしまいます。
それが途方もなく困難に思えたり、リスクの大きさに恐れを抱いてしまいます。

少年も、この物語の顛末を知っていたなら最初の一歩は踏み出せなかった気がします…ですが彼は羊飼いでいた時と変わらず目の前の物事に没頭し、何度も諦めかけながらも夢を忘れず兆しに従っていきました。
その夢がどのようにして実現化するか、彼は知りませんでした…物言わぬ羊や水晶の声を聞き、必ずしも友好的ではない人との出会いにも武張らず臆せずに耳を傾け本質を聞き取ります。
以前は錬金術を学ぶ青年が、少年と対照的な敗者として描かれたのだと思っていました…でも彼は彼の道を歩み始めたのですね、そして夢を諦めた者も不幸には描かれていないのでした。

マクトゥーブ、それは書かれている…つまり「既に決定付けられた未来」を指す言葉なのだと、そのように僕は解釈をしていました。
そして、その言葉を少年に教えたのはメルキゼテックだと思い込んでいましたが…実際に言ったのはクリスタル商人であり、らくだ使いとファティマでした。
「決定付けられた未来」というのもまた「諦めろ」という意味ではないと思ってはいましたが、少し安直に捉えていた気がしてきました…といっても、今までとの差をどう言い換えたら好いのか分からないけれど。
言うなれば、それは大いなる意志への信頼に基づいているような感覚ですかね。

幾つか疑問も浮かんできました、例えば砂漠の難民から彼の夢を聞かされた時に少年がその場所を明かさなかったのは何故か…彼が夢を見た場所を掘り始めた時、何も疑わなかったのか。
読み返すほどに、無駄なエピソードがないと感じます…この新たな疑問も、いつかまた読み返した時に新しい発見に変わるでしょう。
特に今回は「行動を通してのみ人は学ぶ」という錬金術の言葉が印象深かったです、もちろん僕は何かを学ぶために本を読む訳ではないのですが…単に経験から学ぶという以上に、世界が語り掛けてくる声に耳を澄ましていようと思います。
マクトゥーブ。


〈パウロ・コエーリョ〉関連記事:
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」| 2007.12.10
【最近読んだ本】旦敬介(訳)「悪魔とプリン嬢」| 2008.09.27
【最近読んだ本】旦敬介(訳)「11分間」| 2008.12.04
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「第五の山」| 2009.05.09
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「星の巡礼」| 2010.06.29
【最近読んだ本】木下眞穂(訳)「ブリーダ」| 2010.07.24
【最近読んだ本】江口研一(訳)「ベロニカは死ぬことにした」| 2011.01.28
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」(再読)| 2012.08.27
【最近読んだ本】山川紘矢+山川亜希子(訳)「アルケミスト 夢を旅した少年」| 2012.08.30
【最近読んだ本】武田千香(訳)「ポルトベーロの魔女」| 2013.05.21
【最近読んだ本】旦敬介(訳)「ザーヒル」| 2015.09.26

関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】ジーン・ブルーワー「K−パックス」| 2010.03.06
【最近読んだ本】ティエリー・ザルコンヌ「スーフィー イスラームの神秘主義者たち」| 2012.08.15
【最近読んだ本】イブン・ジュバイル「イブン・ジュバイルの旅行記」| 2012.12.19
【最近読んだ本】エリック=エマニュエル・シュミット「モモの物語」| 2014.10.26
【最近読んだ本】ルシャッド・フィールド「ラスト・バリア ―スーフィーの教え―」| 2017.10.14
【最近読んだ本】ルシャッド・フィールド「見えない道 ―愛する時、そして死ぬ時―」| 2017.10.24
【最近行ったところ】さや堂ホール「展示プロジェクト ハナムラチカヒロ 地球の告白」 | 2018.11.28


以下、個人的メモ

“もし僕が、今日、すごく残忍な男になって、一頭ずつ殺すことにしたとしても、ほとんどの仲間が殺されてしまってから、彼らはやっと気がつくのだろう(中略)もう自分たちの本能に従うことを忘れている”(p.11)

“友人は彼を変えたいと思い始める。そして、彼が自分たちの望み通りの人間にならないと、怒りだすのだ。誰もみな、他人がどのような人生を送るべきか、明確な考えを持っているのに、自分の人生については、何も考えを持っていないようだった”(p.21)

“人は人生のある時点で、自分に起こってくることをコントロールできなくなり、宿命によって人生を支配されてしまうということだ。それが世界最大のうそじゃよ”(p.24)

“結局、人は自分の運命より、他人が羊飼いやパン屋をどう思うかという方が、もっと大切になってしまうのだ(中略)宝物は流れる水の力によって姿を現わし、また同じ流れによって姿を隠すのだよ”(p.30)

“少年は風の自由さをうらやましく思った。そして自分も同じ自由を手に入れることができるはずだと思った。自分をしばっているのは自分だけだった”(p.35)

“幸福の秘密とは、世界のすべてのすばらしさを味わい、しかもスプーンの油のことを忘れないことだよ”(p.40)

“おまえさんはわしにとって、本当に恵みだった。今まで見えなかったものが、今はわかるようになった。恵みを無視すると、それが災いになるということだ。わしは人生にこれ以上、何も望んでいない。しかし、おまえはわしに、今まで知らなかった富と世界を見せてくれた。今、それが見えるようになり、しかも、自分の限りない可能性に気がついてしまった。そしておまえが来る前よりも、わしはだんだん不幸になってゆくような気がする。なぜなら、自分はもっとできるとわかっているのに、わしにはそれをやる気がないからだ”(p.69)

“人は、自分の必要と希望を満たす能力さえあれば、未知を恐れることはない(中略)自分の人生の物語と世界の歴史が、同じ者の手によって書かれていると知った時、そんな恐れは消えてしまうのです”(p.90)

“ものごとが口づてで伝えられなくてはならないのは、それらが純粋な人生から成り立っており、こうした人生は絵や言葉ではとらえることができない(中略)人々は絵や言葉に気をとられて、「大いなることば」のことを忘れてしまうのがおちだった”(p.103)

“未来がわかっているのは神様だけだ。神様が未来を明らかにするのは、特別の事情がある場合だけだ(中略)もしおまえが、現在によく注意していれば、おまえは現在をもっと良くすることができる。そして、おまえが現在を良くしさえすれば、将来起こってくることも良くなるのだ(中略)神様は、ほんの時たまにしか、将来を見せてはくれぬ。神様がそうする時は(中略)変えられるように書かれている未来の場合だよ”(p.122)

“学ぶ方法は一つしかない(中略)それは行動を通してだ”(p.148)

“夢を追求してゆくと、おまえが今までに得たものをすべて失うかもしれないと、心は恐れている(中略)たとえおまえが心の言うことを聞かなかった振りをしても、それはおまえの中にいつもいて、おまえが人生や世界をどう考えているか、繰り返し言い続ける(中略)もしおまえが自分の心をよく知っていれば、心はおまえに反逆することはできない(中略)だから、心が言わねばならないことを聞いた方がいい。そうすれば、不意の反逆を恐れずにすむ”(p.153)

“その運命はいつか実現します。そうなったら、それぞれのものは自分自身をより良いものへと変えて、新しい運命を得なければなりません。そしていつの日か、大いなる魂と一つになるのです(中略)鉛は、世界がそれ以上鉛を必要としなくなるまで、鉛としての役割を果たすでしょう。しかし、そのあとは、鉛は金に変わらなくてはなりません(中略)私たちが今の自分より良いものになろうと努力すれば、自分のまわりのすべてのものも良くなるということを、彼らは教えているのです”(p.178)

“大いなる魂を育てるのは、私たちなのです。そして、私たちが良くなるか悪くなるかによって、私たちの住む世界は良くも悪くもなります。そして、そこで愛の力が役に立つのです。なぜなら、私たちは愛する時、もっと良くなろうと必ず努力するからです”(p.179)

“何をしていようとも、この地上のすべての人は、世界の歴史の中で中心的な役割を演じている。そして、普通はそれを知らないのだ”(p.188)
0
    | books | 2019.07.23 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top