ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
マシュー・スケルトン(著)、大久保寛(訳)「エンデュミオンと叡智の書」

初版'08年の新潮文庫、原書の発表はその2年前…この如何にもハリポタ二番煎じ感たっぷりなタイトル&表紙カバーながら、歴史を股に掛けるスペクタクル・ロマンの気配に惹かれて手にしたという次第です。
印刷の父とされるグーテンベルクの助手エンデュミオン・スプリングの視点で描かれる中世の物語と現代の少年ブレーク・ウィンターズの物語を繋ぐ“空白の本”と“最後の書(ラスト・ブック)、時空を超えたビブリオ・ミステリー!…だけどドラゴンが出てきたり、やっぱり結末が続巻に持ち越されるというお約束な展開には正直なところガッカリさせられましたけどね。

面白いのは、別に選んでるつもりはないのにイギリスが舞台の小節が続くなぁというのと…同時に読み進めていた「ハイ・フィデリティ」と共通していた(エサに食いつく)表現ね、会話中で言うまいとしている事を相手につられて喋っちゃうという場面なんですが。
もしかしたらイギリス特有の笑わせ方なのでしょうか、まぁ偶然が重なっただけでしょうけど…こうして邦訳されてしまえば映画と違ってイギリス英語かは分からない筈なのに、何故か英国小説には共通する特有の空気が感じられるのです。
それは歴史じゃなく、家並みとか路地や時間の流れ方が関係していそうな気も。

15世紀半ばのエンデュミオンと現代のブレーク、それぞれのエピソードが行き来する構成は「マイ ネーム イズ メモリー」を思わせますが…本書で描かれるのは現代編が“最後の書”の登場と紛失まで、中世編は現代編での舞台となる新天地オックスフォード到着までと序盤も序盤です。
著者自身が同校出身なだけに情景描写は細かく、実際に現地を見学された方は思い出に浸れそうですが…愛着ある光景を簡素に表すって難しいんですよね、言い方を変えれば冗長すぎ。笑
ただ、書生たちが筆写に挿絵彩色に装幀など分業で写本に励む時代のオックスフォードはファンタジック。

本書は語り聞かせ本なのでしょう、言葉遊びも子供向けですし…大人が読んでも物足りないけど、子供が読むには複雑な気もします。
程々に先読み出来ちゃうのはやむを得ないのかもね、最初は可愛げなく思えた妹ダックとブレークの距離感は上手いと思いました。
エンデュミオンが実在したのかは不明ですが、実在したグーテンベルクの偉業を横取りしたヨハン・フストやピーター・シェーファーの描かれ方は著者の仮説に基づいているようですね…というか本来は著者が論文として発表したかった自説を、色々考えて近頃流行りのフォーマットで物語に落とし込んだような印象も。


関連あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】港千尋「文字の母たち」| 2009.05.06
【最近読んだ本】平野甲賀「平野甲賀 装幀の本」| 2009.09.06
【最近読んだ本】山王丸榊「書体の研究」| 2011.04.10
【最近読んだ本】伊達千代&内藤タカヒコ「デザイン・ルールズ『文字』」| 2013.09.15
【最近読んだ本】岩田託子、川端有子「図説|英国レディの世界」| 2013.09.24
【最近読んだ本】清水謙太郎「こんな仕事絶対イヤだ!」| 2014.01.31
【最近行ったところ】上野の森美術館(「世界を変えた書物展」)| 2018.09.30
0
    | books | 2019.08.07 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top