素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店 [DVD]
素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店 [DVD] (JUGEMレビュー »)

人生に飽きた大富豪が終活代理店で運命の女性と出会う、という微妙に古臭いプロットに敢えて挑んだ'15年のベルギーと他国の合作映画。
2人が波打ち際で踊るエンドロールに「その男ゾルバ」を連想しましたが、内容は奇想天外なライト・コメディです。
エロもグロも観せずに全年齢での観賞に耐え得る映画です、ヨーロッパ映画らしい上品な笑いで無難にオススメです。笑
紹介記事【2018.07.04】
酔拳 (ドランク・モンキー) [DVD]
酔拳 (ドランク・モンキー) [DVD] (JUGEMレビュー »)

僕にとって(ジャッキー・チェンといえば!)の1本です、「蛇拳」などと同時代ながら、仇討ちなしの明るいストーリー。
しかも赤鼻爺さんユエン・シャオティエンにお調子者ディーン・セキ、凄腕の悪党にウォン・チェン・リーと役者も好いし。
“手は戸を探り 足は戸を破る”とか漢詩っぽく意味あり気だけど訳が分からないフレーズが個人的にツボりました。笑
紹介記事【2018.10.27】
リュミエール! [DVD]
リュミエール! [DVD] (JUGEMレビュー »)

リュミエール協会は1896年より世界各地にスタッフを派遣して最初期の短編動画シネマトグラフを撮影しており、その1割にも充たない108作品を選りすぐって編集した貴重な記録映像集です。
日本語ナレーションは立川志らくによる噺家口調、弁士がわりに的な発案でしょうが好き好きでしょうな。
基本的な映画の手法が早くも完成されていた事に驚かされ、優れた情報媒体であり大衆娯楽でもある動画の偉大さを実感。
現代では一個人の投稿動画が社会を変革し得るまでになった、双方向的な映像の未来を考えてみたりも。
紹介記事【2018.08.11】
光速シスター
光速シスター (JUGEMレビュー »)
星里もちる
好きが高じて往年のドラマ専門チャンネルに勤務する主人公、いわゆる聖地巡礼から帰ると妹が!?
某掲示板のオカルトスレ先取りですか、まぁ連載当時は聖地巡礼なんて言い方もしなかったけれど。
妹の正体は宇宙人、姿を偽装+主人公の記憶を書き換えて居候って!
昔のドラマや特撮へのオマージュを盛り込んだ、作者の趣味全開っぷりと間の取り方が絶妙に可笑しいです。
そして最後は作者に泣かされました、好い意味で。
紹介記事【2018.07.26】
李白の月
李白の月 (JUGEMレビュー »)
南 伸坊
本書から教わった志怪の妙味は、怪談に惹かれる僕の指向を明瞭にしてくれました。
恐怖や怨念じゃないしホラーでもない、不思議の一言では片付かないポッカリとした空白を独特の文体で説明してくれるのですが。
明治大正期の文豪が、かつて日本文学のフォーマットに合わせようとして整理しちゃった翻訳にはない妙味が味わえる筈。
紹介記事【2018.08.04】【2013.07.01】
月光浴音楽
月光浴音楽 (JUGEMレビュー »)
ナカダサトル with FIELD ORCHESTRA
虫の音とか波の音なんかが7トラック、1時間ちょっと続いてる自然音だけのCDです。
本作のポイントは、途中で聴こえるディジュリドゥみたいな謎の低音ですね……聴いてる分に害はないのですが、その場にいるような臨場感に(何の音なんだろう)と聴き入ってる内に爆睡。笑
紹介記事【2018.11.16】【2010.10.20】
遥かな町へ [DVD]
遥かな町へ [DVD] (JUGEMレビュー »)

谷口ジローの同名漫画を実写映画化、だけど何故だかベルギー/フランス/ドイツの合作映画…そして何故かDVD制作は鳥取市?
舞台はフランスの田舎町、帰省した初老のバンドデシネ作家が14歳の運命的な時へとタイムスリップ。
体は少年、心はオッサンて「リライフ」もビックリの振り幅だな!
だけども胸が切なくなるのは、どんな大人の心にも子供だった頃の傷が残っているからなのでしょう。
紹介記事【2018.07.03】
アデライン、100年目の恋 [DVD]
アデライン、100年目の恋 [DVD] (JUGEMレビュー »)

しばらく個人的にハマっている不老不死者というテーマを扱った、麗しきブレイク・ライブリー主演作です。
彼女のコンサバティブなファッションと姿勢の美しさは「隣のヒットマン」のナターシャ・ヘンストリッジを思わせ、チャーミングな表情は深キョン超え!
しかし常人と違うが故に慎重な彼女が恋に落ちたのは、若くて金持ちで慈善家でイケメンで知的でナンパも上手いという胡散臭い程の好青年で……いや、僻みは言うまい。笑
庶民的じゃないラブストーリーが嫌いでなければ、彼女の美しさだけでも。
紹介記事【2018.01.20】
【メーカー特典あり】ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE(オリジナルステッカー付) [DVD]
【メーカー特典あり】ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE(オリジナルステッカー付) [DVD] (JUGEMレビュー »)

台湾のローカル・バスって、高速バスの立派さとは違う魅力があります。
内容はTV番組と一緒です、なので海外とはいえグルメ情報も観光もないのです。
気楽な旅に見せながら、悪天候のアクシデントには同行スタッフの苦労がしのばれます。
個人的にはイイ感じに年増チックなマドンナ、三船美佳にグッときました。笑
紹介記事【2018.10.10】
トウェイン完訳コレクション  アーサー王宮廷のヤンキー (角川文庫)
トウェイン完訳コレクション アーサー王宮廷のヤンキー (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
マーク・トウェイン
中学の時に挫折した、文庫本の分厚さと読み辛さも今なら平気!笑
19世紀末のコネチカット・ヤンキーが何故か6世紀のイギリスで大活躍、つまり「読者の現代>130年前の現代>回想の中の現代」と、著者も予期しなかった入れ子構造なのがまた面白いです。
ちなみに、著者と同い年の有名人は“篤姫、小松帯刀、坂本龍馬、福澤諭吉、松平容保、土方歳三”だそう。
トマス・マロリーの古典文学「アーサー王の死」を読んでいる方なら、もっと面白いのでしょう。
「賢者の孫」のネタ元でしょうか、しかし著者の時代を先取した批評精神に脱帽です。
紹介記事【2018.09.28】
ダウンサイズ [DVD]
ダウンサイズ [DVD] (JUGEMレビュー »)

常々「あらゆる地球的問題の根源は過密状態にある」と思っている僕にとっては、興味深い内容でした。
“1950年代、既に研究所は我ら人類にとって最大の脅威は人口の増加にあると確信しておりました…今日我々が直面している災厄、異常気象に食糧危機、更に水質汚染といった危機を予測していたのです”
手のひらサイズになると、1ドルが千ドルの価値に……しかし所詮は実社会の庇護がなければ維持出来ない縮小ライフ、どこか戦前の移民政策や戦後の社会主義国を理想郷と煽った側のニオイも。
法整備が追い付かない状況を好機と見た連中の憎めなさ、悲劇の象徴にされてウンザリなヒロインなどコメディ調ながら重層的な好い物語でした。
込み入ったストーリーを整理した構成力とテンポよい演出、映像美も見事です。
紹介記事【2018.09.23】
グローイング・アップ5 ベイビー・ラブ [DVD]
グローイング・アップ5 ベイビー・ラブ [DVD] (JUGEMレビュー »)

イスラエル版「アメリカン・グラフィティ」、基本は失恋映画で今回はモテ男ボビーの妹がヘタレ主人公ベンジーの恋人に!
安っぽいファッションやショボいレースなど庶民的で微笑ましく、戦後のアメリカが世界に及ぼした影響力が伺えたりも。
チャリポツ野郎ヒューイのジュース「ブフォ!」、はとこのケダモノ娘フリーダ怪演ぶりは見どころ。
DVD自体のちゃちな仕様は謎です。笑
紹介記事【2018.11.22】
FOR YOU (フォー・ユー)
FOR YOU (フォー・ユー) (JUGEMレビュー »)
山下達郎,山下達郎,ALAN O’DAY,吉田美奈子
ファンからすれば(他のアルバムどんだけ知ってんの?)と突っ込まれそうですけど、本作しか知らないんです僕。
でもこれが彼の最高傑作でしょう、収録された楽曲のバランスも鈴木英人のジャケもね。
スライ風ファンク「Hey reporter!」が入ってる統一性のなさが上手く引っ掛かる構成、ただファン向けのボーナストラックが浮いちゃってるんだよなぁ!。
紹介記事【2018.10.13】
レベルE全3巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)
レベルE全3巻 完結セット (ジャンプ・コミックス) (JUGEMレビュー »)
冨樫 義博
本作は多分、僕みたいに(作者の名前は見聞きするけどナンボのモンじゃい?)位に思ってる人が読むに相応しい気がします。
鴨川つばめ江口寿史に池上遼一タッチの劇画顔と、分かれば尚更笑えるし有名なのも納得の画力です。
それと秀逸なのは筋の運び方と見せ方ね、ただ人間性は疑うけど!笑
紹介記事【2018.08.16】
スターフォース: 最強の軍団、誕生! (ハヤカワ文庫SF)
スターフォース: 最強の軍団、誕生! (ハヤカワ文庫SF) (JUGEMレビュー »)
B.V. ラーソン
電子書籍として発表されたアメリカ版なろうSF小説、子持ちの大学教授がベタな地球侵略に立ち上がるシリーズの第一作。
意外性あふれる教授の頭脳サバイバルに引き込まれます、ハリウッドが映画化しそうなレベル。
しかし8年経ってもハヤカワ文庫から続きが出ないので、ちょっとオススメしづらいです。笑
紹介記事【2018.08.29】
スターオーシャン3 Till the End of Time
スターオーシャン3 Till the End of Time (JUGEMレビュー »)

ディレクターズ・カット版が出てるようなので、そちらをオススメします。
僕も終盤でメニュー画面を開こうとしてブラックアウトや異音と共に「ディスクからデータを読み込み中です」と表示されたままフリーズでプレイ断念中です。笑
リアルタイム・バトルの忙しさは好みの問題として、城下町などの雰囲気が最高!
中世レベルの惑星に来た主人公がハイテク宇宙人側、という立ち位置はユニークで楽しめました。
紹介記事【2018.07.25】
ドゥービー天国
ドゥービー天国 (JUGEMレビュー »)
ドゥービー・ブラザーズ
若い頃は避けてたドゥービー、ですが名曲「Black water」を収録した本作は通しで聴きたかったのです。
M・マクドナルドのAORカラーが強い後期とは異なる、ブルース+カントリーな旨味と寛いで演奏を楽しんでるバンド感が魅力かと。
70年代ウェストコースト・サウンドを象徴するエッセンス満載で、個人的にはアコースティックの低音が心地好かったな。
紹介記事【2018.09.26】
シチズンフォー スノーデンの暴露 [DVD]
シチズンフォー スノーデンの暴露 [DVD] (JUGEMレビュー »)

国家に逆らえばどうなるか、国家は国民に何を隠しているのか?
かつて一躍時の人となったエドワード・スノーデン氏、時点でも無事に恋人と亡命生活を送れている事を祈ります。
本作の原題は「CITIZEN FOUR」で市民の敵(citizen's foe)ではありません、彼を見るとカナダの白人ラッパーSNOWを連想してしまいますが。笑
本作はドキュメンタリーなので、現場の緊迫した空気は本気(マジ)です。
紹介記事【2018.09.01】
K-PAX 光の旅人 [DVD]
K-PAX 光の旅人 [DVD] (JUGEMレビュー »)

自らを千光年も彼方の「琴座に近い“K−PAX”から来た異星人」という患者ケビン・スペイシーと、精神科医ジェフ・ブリッジスの物語として原作小説にアプローチしてます。
いわば両作が互いを補完しあう関係のようで、ミステリー仕立ての原作を分かりやすく観せてる気もします。
スピリチュアルな観点からも、普通のヒューマンドラマとしても充分に楽しめます。
紹介記事【2018.12.11】
心霊づきあい (MF文庫ダ・ヴィンチ)
心霊づきあい (MF文庫ダ・ヴィンチ) (JUGEMレビュー »)
加門七海
いわゆる心霊体験の豊富な著者が、著名人の“さまざまな「視える」人たち”と語らう企画から生まれた対談集。
巻末には漫画家の山本英夫による著者へのインタビューなど、単行本に追加要素を増やした文庫版です。
大御所的な松谷みよ子稲川淳二の他、TVプロヂューサーにタレントにレスラー議員や海外レポーターなどの“霊的なものへのスタンス”は興味深く読めました。
各インタビューを挟むように前書きと後書きがあって、会話の状況が伝わりやすくなってる構成も僕は好きです。
紹介記事【2018.10.15】
いくぜ!温泉卓球!!
いくぜ!温泉卓球!! (JUGEMレビュー »)

頑張りましたね彩京、ユニークなゲームソフトが出しづらくなったPS2で敢えてこれか!笑
まぁ定価で購入する方は今更いないと思うので、中古プライスなら甥っ子たちとの対戦ゲームに適当かと。
愛ちゃん(当時)が卓球するとは期待しないでください、つかCVも違うし。
この偽カータン、色違いってだけで版権とかクリア出来るの?
ステージ数もキャラも少なめですが操作性は良好で、一応キャラ毎の挙動に違いを持たせてる辺りも好感が。
紹介記事【2018.07.19】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
藤原章生「絵はがきにされた少年」

この書題を見た瞬間、思わず「蝋人形の館」の名台詞がデーモン小暮閣下の声で再現されました…もちろん脳内でね、まぁ今では知らない世代も多そうだけど。
「オマエも絵はがきにしてやろうか!?」
いやネタじゃないっす、読み終えるまで表紙を見る度この幻聴が脳内再生されました…でも本書は、元・毎日新聞記者がアフリカ特派員時代のエピソードを綴った第3回開高健ノンフィクション賞受賞作なんです。
僕だけかもしれませんが、どうも「アフリカ」という単語には常に何かしら紋切り型のフレーズがセットになってしまう気がします。
はがしても、剥がしても。

飢餓?貧困?搾取?虐殺?内戦?大自然?野生動物?砂漠?金鉱?ダイヤ?
まぁ「南米」とか「東南アジア」であっても様々な象徴はありますし、逆に日本人も海外からは未だに「出っ歯」「アーモンド・アイ」「ハイテク」「ハラキリ」といった先入観を持たれてたりするんでしょうが。
それでも特にサハラ以南の、いわゆるブラック・アフリカは地理的な遠さもあり(焦点の定まりにくい地域)といった印象が僕にはあります…例えば有名な報道写真「ハゲワシと少女」の真実や、著者が十代で体験した募金のエピソードに垣間見える(実体不明な罪悪感)とも無縁ではないような。

というか「ハゲワシと〜」に関しては、馬鹿げた批判に対して天下の「ニューヨーク・タイムズ」がウソで取り繕った事も興味深いですな…“状況や暴力について陳腐な意見を聞くと、俺の脳はシャッターを下ろしてしまうんだ”と地元紙に語った撮影者は結局、何も知らずに偽善を叫ぶ声に殺されてしまったのだけど。
と、若干ヘビーな話から始まりますが表題その他のエピソードは割と穏やかめです…といっても笑える話はないですし、無知と貧困は語る以前の大前提という。
まぁ西欧人がアフリカに責任を感じるのは分かりますけど、そこに生きてるのはその土地の人々な訳です。

身近というには遠すぎて、そのボヤけた輪郭に何かを連想してしまうのかな…そもそもアフリカ人は1つじゃなく無数の部族があるし同じ種族でも差別対象を呼び分けていて、白人(ブランコ)と黒人の子はムラートでムラートと白人の子はカブリートでと混血にも無数に呼び名があるそうで。
平和な時は肌の色が白に近いほど信頼と優遇を得る代わり、暴動になると今度は白いほど憎悪の対象になってしまう…肌が黒い部族ほど他の部族から蔑まれる共通認識は、やはり白人の優位性から生じたのかなぁ。
(助けたい!)ってのとは違うけど、でも何かもどかしく感じてしまうのは何故?

かつての白人政権が従属しない黒人を無力化するため、ダウナー系ドラッグを開発し無料でバラ蒔いた話は国家の本質を見る思いがしました…しかも「インド人の横流し品」という噂も一緒に流してたそうで、狡猾な情報操作術といい他岸の火事と思ってられません。
そしてアウトブレイクの村の、冗談みたいな情報格差ね…発生源のエキスパートに一切フィードバックがない事にも、搾取に通じる一方通行さを感じました。
マントル対流の影響を受けないほど安定している南アの鉱床は地下深度3〜4千mの坑内堀りが可能なのだとか、でも所詮は人件費の安さで成立してるのね。笑


関連あるかもしれない記事:
【最近みたDVD】「第9地区」| 2013.12.10
【最近みたDVD】「モハメド・アリ かけがえのない日々」| 2014.05.22
【最近読んだ本】池田香代子(再話)、C,ダグラス・ラミス(対訳)「世界がもし100人の村だったら」| 2014.07.10
【最近読んだ本】進藤幸彦「世界の不思議なお守り」| 2016.05.24
【最近読んだ本】チャーリー・ヒューマン「鋼鉄の黙示録」| 2016.07.18

〈アフリカ〉関連記事:
【最近読んだ本】小川弘「アフリカのかたち」| 2009.12.03
【最近読んだ本】アフリカ理解プロジェクト 編「アフリカンアート&クラフト」| 2009.12.03
【最近読んだ本】青木弐朗「リビア ローマ遺跡写真集」| 2009.12.03
【最近読んだ本】佐藤秀明(写真、文)「サファリ」| 2011.08.27
【最近読んだ本】前川健一「アフリカの満月」| 2011.11.07
【最近読んだ本】江口一久「ぼくの村、カメルーン・フルベ族の人びと」| 2012.02.12
【最近読んだ本】松本仁一「アフリカで寝る」| 2012.06.07
【最近聴いたCD】「決定盤!!アフリカンドラム・ベスト」| 2013.03.29
【最近みたDVD】「失われた文明(10)アフリカ 奪われた栄光」| 2013.04.07
【最近読んだ本】竹田津実「アフリカ いのちの旅の物語」| 2014.03.23
【最近みたDVD】「MASSAI, les guerriers de la pluie」| 2014.05.31


以下は個人的メモ


“やっかいなのは、はっきりと言い切れないことに、意味づけを求める人が結構いることだ(中略)「ここにも一つのアフリカの悲劇、がある」「民族の不幸は終わらない」「虐げられた者たちの叫びが、そこにあった」「アパルトヘイト、人種差別の残滓」「貧困の中にも輝く笑顔が」……。そんな余計な一句ばかりでなく、「苦渋の表情を見せた」「力んだ」「怒りを隠さない」……と表現を書き換えるだけで、すべてが嘘になる”(p.104)

“好奇心旺盛であちこち見て回れば物の見方も豊かになり、お金も儲かるかもしれませんが、旅行をするにはお金がいる。でも、そうでなければ、お金など大して使わずに暮らしていける。私が子供のころは、お金なんて、ないも同然でしたから”(p.112)

“日本でも昔、一ヵ所の鉱山にじっとしておらず各地を転々とする鉱夫を「渡り鉱夫」と呼んだ(中略)巻紙には以前働いた鉱山の親方をはじめ複数の鉱夫が、彼の仕事ぶりや、所業を墨でしたため、それぞれの氏名と出身地とともに、血判が押されるのが常だった。渡り鉱夫はこの血判がずらっと並ぶ巻紙一枚を手に、各地の鉱山の門をたたき、職を手にしたそうだ”(p.121)

“外国人のいるところには、必ず金目のものがある。アフリカでは、特に長年内戦を続けるアンゴラのような国ではそれが露骨に表れる。膨大な油田が見つかった沖合いでは米英系のメジャーが開発を手がけている。内戦といいながら、アンゴラへの海外からの投資額はアフリカの中でナイジェリアにつぎ第二位である。油田があるからだ”
“冷戦時代、旧ソ連とキューバがともに肩入れしたアンゴラ政府に、米国の退役軍人らが興した傭兵会社(安全保障会社)が居座っている”
“石油より手っ取り早く外貨を稼げるのがダイヤモンドだ。沿岸部にあるダイヤ鉱山は一応、英国系の企業がおさえてはいるが、産出量は知れている。この国の大半のダイヤは(中略)内陸、ゲリラの多い地でとれる”(p.140)

“こう、何か違うんです。例えば、ペットボトル、水の入ったペットボトル。それをみな必ず持っているでしょ。腰につけたり、手に持っていたり。ここの人間はそんなこと絶対にしないのに。そういう姿を見ると、何だか急に、声をかけられなくなるんです。ああ、やっぱり違うんだって、思うんです。自分は似たような顔をしているけど、結局違うんだって気づくというのか”(p.144)

“ダイヤモンドの発見。それは、たかだか百四十年ほど前の話に過ぎない(中略)南アフリカのキンバリー近郊でダイヤの原石が見つかった。ホープタウンと呼ばれる町の近く、オレンジ川で寝そべっていた十五歳の少年が見つけたのだ(中略)家に帰ると少年はもう何カ月も髪も洗っていない妹にその石を与えてしまった。その妹がある日、石蹴り遊びをしていると、近所のおじさんがその石を目にし、そしてもう少し石に詳しいおじさんへと渡り、ついにロンドンまで運ばれ、ほどなく英国人が大挙してやってくる(中略)ダイヤ発見とともに最果ての地は大英帝国の収奪の場になり変わった”(p.151)

“黒人はダイヤを盗む。でも、混血は信用できる。ここには昔からそんな不文律がある(中略)そして原石を実際に国の外に持ち出すのは古くからレバノン、インド人が主流だ。そして、それを研磨、管理するのは主にユダヤ人だ”
“コンゴでもシエラレオネでもアンゴラと同じく、ダイヤが内戦を、本来なら早々に金がなくなり終わっているはずの戦争の延命を手伝っている”
“一方で、紛争に関わるダイヤを買うなと叫び続ける人々もある。だが、紛争地でダイヤは掘られ、それは「混血」の比較的信用されやすい人々の手を介してレバノン人らに渡り、アントワープなど欧州のダイヤモンド集積地に流れ、最終的に、大半はデビアスの手元に入り込むシステムが連綿とできあがっている”(p.154)

“一八六七年に南ア中部のキンバリーで見つかったダイヤモンドの鉱区を原住民に分け与えないよう、意図的に作られた「鉱山法」が人種差別法の原点といえる(中略)英王室や英国政府、ロンドンの金融街がまだ興味を示さなかったころから、デビアスの創業者、セシル・ローズをはじめとする野心に満ちた英国人が、資源を探り、掘り出す事業をはじめようと、ひとりでアフリカに乗り込んでいった”(p.162)

“一九五九年。この年は奇しくもアフリカのルワンダで「二級市民のフツによる革命」が起きた年と重なる。ただ、長く米国の裏庭、行楽地だったカリブ海のキューバで起きた革命と、アフリカの旧ベルギー領のそれでは、衝撃度に大きな差がある。そのせいか、この一九五九年に起きた二つの「革命」、特権層の追放劇をあえて比較する人などほとんどいなかった”(p.186)

“ゲバラは革命政権樹立後、キューバで工業大臣を務め砂糖の増産を目指すが(中略)早々に工業相のポストを放り出し、もともと好きだった旅行に身を入れるようになる(中略)ゲバラはキューバがまだ軌道に乗らない段階で、アフリカをはじめとする他の地域での「革命」を求めようとした”(p.186)

“「自分の記事にロイターなどの配信写真を勝手に添えるのは勘弁してほしい。貧しそうな子供の写真に、いかにも風の説明をつけるのは、もうやめてほしい」(中略)むずかる黒人の赤子、可哀想、救わなくちゃ……。見た人がそう思うだろうと半ば他人の心理を甘く見ているような、本来、複雑多岐にわたるはずの、それを目にする一人一人の心を侮っているように思えるからだ”(p.212)

“こうした地で報道に関わる者には、「貧困」「援助」というテーマが棘のように突き刺さっている。アフリカの人の言葉や、彼らの生活をつぶさに伝えれば伝えるほど、ひとりで完結しているような生の豊かさや孤高さを物語ることになり、「助けなくちゃ」という使命感をぼかすことになる(中略)つまり、対象についての知識がないほど、「助けなくては」というメッセージは響きやすい”(p.213)

“はっきり言って、食糧はもらいたくないんです。届いたときはみな喜び、何日間かは思いっきり食べますけど。なくなったとき、とても、空しい気持ちになるんです。私たちはこんなに働いて、トウモロコシをつくっても、結局、ただでもらったほどのものをつくれない。だから、もらうのなら、まだ肥料をもらった方がいい。乏しい収穫を前に、これをどうやって分けて、どうやって食べていこうかと思っているときに、ただの食糧が来ると、もう働く気がしなくなるのです”(p.215)

“援助には目に見えない依存関係が隠れている(中略)漠然と無数の人々への援助を考えるよりも、救うべき相手をまず知ることから始めなければならない。先進国の首脳会議などの会場を取り囲み「貧困解消、貧富の格差の是正」を叫ぶ若者たちがいる。こうしたエネルギーを見ていると、一年でいいからアフリカに行って自分の暮らしを打ち立ててみたらいいと思う。一人のアフリカ人でもいい。自分が親しくなったたった一人でいい。貧しさから人を救い出す、人を向上させるということがどれほどのことで、どれほど自分自身を傷つけることなのか、きっとわかるはずだ。一人を終えたら二人、三人といけばいい。一般論を語るのはその後でいい。いや、経験してみれば、きっと、多くを語らなくなる”(p.225)
0
    | books | 2019.09.11 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://mot.lanikeha.gonna.jp/trackback/1009331




    ↑ top