ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
陳凱歌(著)、千夜ハルコ(編訳)「運命の子」

著者のチェン・カイコーは映画監督で、本書も監督作品のノベライズみたいです…韓流歴史ドラマ風な表紙カバーと本書の薄さから、きっと長編大河小説の序章部に過ぎないのだろうと思っていたら大ハズレで。
きちんと本書一冊で完結してましたよ、薄いのに。笑
因みに舞台は半島じゃなくて大陸で、時は晋代…古代中国の伝承を基に脚色が繰り返され元代に完成された雑劇の演目「趙氏孤児」を更に脚色した、いわば忠臣蔵のような感じですかね。
もし(史実に基づく)と謳ってもウソとは言えないんだろうけど、基本的には昔から人気が高い報恩仇討ちの武侠ドラマという訳です。

ただ、武侠といっても一族虐殺の乱戦状態やクライマックスの一騎討ちといったバトル・シーンは割とアッサリした印象ですね…思うに小説では中心的な人々の感情や関係性を丁寧に描き、おそらく映画ではワイヤー・アクションやCGを用いた剣劇で華やかさを演出しているのではないかと。
また興味深い事に、先日読んだ「重耳」こと晋の文公の名が最初に出てくるんですね…文公の重臣と知られた趙衰の血を継ぐ唯一の子は、実の子を身代わりにした町医者によって政敵の一族皆殺しを免れたのです。
まぁ「重耳」は日本人が書いた歴史小説なので、武侠物ではありませんけども。

というか本書だって別に武侠物と謳っている訳じゃなく、武侠の定義も分からないクセに僕が勝手に決め付けただけなのです…なので実際「武芸に秀でた人物が私利私欲でなく男気に惚れ大義に命を捧げる」といった武侠らしさは本書に感じられません、紛らわしい書き方してゴメンナサイ。笑
趙氏を滅ぼした武将と復讐の機会を伺う町医者、武将から我が子同然の寵愛を受ける運命の子…御家再興の大義はあれど、義侠心あふれるキャラクターが存在しないのは残念に思います。
しかし巻末解説によれば、むしろ著者は運命の岐路に立たされた心の揺らぎを描きたかったようですね。

本書の原典となった雑劇は明代に伝奇物の「八義記」としてリメイクされ、そちらは滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」の元ネタみたいに特徴的な義士が活躍するそうで…今も京劇の「八義図」として演じられている武侠仕立てのアレンジではなく、著者はヒューマン・ドラマとして人物造形のリアリズムを追求したのね?
映像で観ればまた違うんだろうけど、小説としては中途半端さを感じましたよ。
伝奇ファンタジーじゃないし武侠アクションとも思えない、といって大河ドラマの壮大さも感じられず史実というにはウソ臭過ぎる…でもこの薄さにしては読ませます、コスパ高いです。
初版'11年、角川文庫。


〈古代中国〉関連記事:
【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」| 2008.10.07
【最近読んだマンガ】久保田千太郎(作)、久松文雄(画)「秦始皇帝」上下巻| 2009.09.22
【最近読んだマンガ】和泉かねよし「二の姫の物語」| 2009.06.25
【最近みたDVD】「古代建築博物館」| 2010.05.15
【最近読んだマンガ】加藤四季「お嬢様と私」3巻| 2010.07.10
【最近読んだ本】奥平卓+大村益夫(訳)「[中国の思想]老子・列子」| 2010.07.18
【最近やったゲーム】PS1ソフト「射雕英雄傳」| 2012.09.04
【最近やったゲーム】PS1ソフト「射雕英雄傳」| 2012.09.05
【最近読んだ本】金庸(著)「射(周鳥)英雄伝【第一巻】砂漠の覇者ジンギスカーン」| 2012.10.14
【最近読んだ本】舟崎克彦(文)、橋本淳子(絵)、小林敏也(構成)「大仙人」| 2012.12.31
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】伊藤清司(監修・解説)「怪奇鳥獣図巻」| 2014.08.09
【最近読んだ本】杉原たく哉「いま見ても新しい 古代中国の造形」| 2014.09.23
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだマンガ】皇なつき「黄土の旗幟のもと」| 2015.04.24
【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近読んだ本】宮城谷昌光「重耳 (上)」| 2019.05.10
0
    | books | 2019.09.17 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top