おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
石塚千尋「ふらいんぐうぃっち」6巻

あーこれ読んでたわ…と思いつつも気持ち好く再読しちゃいました、気付いても途中で止められなくて。笑
もしかして結構、間が空いてたかも?…というかね、所々に覚えのないコマが。
下手するとコマ単位じゃなくページで見覚えがなかったりして、自分の脳に欠陥でもあんじゃないかと不安にもなってしまいました。
特に真琴より1コ上の先輩魔女・鹿角小夜が職員室で“まこと”を特定する件(くだり)なんて、見開き2ページ丸ごと描き下ろしか?って位の印象…そんな感じで以前に読んだ時よりコマが増えた(気がする)分、話の流れがスムーズになってディテールも鮮明に。笑

思えば最初の「千夏のお祝いファンタジーもつ」と「寝坊した夏の運び屋と冬の根掘り」の後は、一応ずっと新キャラ登場エピソードだったんですね…実際に鹿角センパイが出るまで「使い魔&火曜日限定トンカツ学食」で2話引っ張りますけど、これが終盤の祈祷系ミッションだけのキャラだったら勿体ないよなぁ〜?
改めて見ると鹿角センパイのキャラ付けってユニークですね、一見キツめなのを自覚してる絵文字や顔文字を多用したメールとかイヤな事から逃げる女々しさ?とか…単にギャップの魅力じゃなくて、矛盾した言動の節々に感じられる人間味が可愛くて可笑しいです。

しかし逆に、今回は存在感が更に薄くなってたな圭…女子連にも“半分女の子みたいなもん”とか言わせて、作者が圭を男扱いしてないのもどうかと思うなー?
だって、そんなら草食系男子キャラとして描けばまだしも…母親と一緒に出ても顔で区別が付かないのって、実はそこも意図的に描いてたりするのでしょうか。
とはいえ、男女が出てきて恋愛に発展しないのは本作の面白さでもありますからね…とりあえず魔法=バトル的な可能性もなさそうですし、この淡白さとユルさで続いてくれれば好いな。


次巻

前巻
0
    | comic | 2019.08.16 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top