ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
森薫「乙嫁語り −おとよめがたり−」1巻

なんと!中央アジアのお話でしたか…パラッと見た感じ(モンゴルかな?)とは思ってましたが、意外にも作者は中学〜高校の頃シルクロード・ブームに影響されて結構ハマってたそうで。
巻末あとがき漫画に“馬とかモンゴルとか民族衣装とかが好きだった”“あとメイドとイギリス”とありますので、作者得意の英国淑女モノに劣らぬ気合いと愛情が込められているのでしょう…正直この“じゃらじゃら”&“じゅうたんじゅうたん”な細かさ、好きでもなきゃ描かないよな?笑
特に民族衣装の人物となると、刺繍や生地の質感なんかを動きやパースに合わせて描いてく訳ですからね。

舞台は19世紀の中央アジア、カスピ海周辺の地方都市…元遊牧民で何代か前に定住化したエイホン家の末っ子後継ぎカルルクの許へ、遊牧民ハルガル家から嫁いできた年上女房アミル。
年上といっても、むしろ12歳で嫁をもらうカルルクが若過ぎる気もしますが。
この時代この土地の常識じゃ、20歳で既に行き遅れ扱いなんですね…それこそ童謡「赤とんぼ」の歌詞みたく、日本だって“結婚適齢期は15−16くらいだった”訳ですし生物としても発情してる年頃なのですよ。
現代社会は20歳から成人と決めてますが、当時は短命だったし多産は生物としての基本方針な訳ですし?

遊牧民族の定住化にはロシア人の侵入と支配が背景にありそうですが、そういった政治も今後は描かれるのかな…当面は実家ハルガル家のアミル奪還工作がメインになりそうな雰囲気で、あとはカルルクの甥っ子と木彫職人の交流ですかね。
この職人を描く事で現地の伝統的な建築様式がイメージしやすくなり、いわゆるパオとかゲルとかいう幕家から移行して数世代でこれだけ確立されている理由に思いを馳せてしまいます。
そして上手いのは、エイホン家に居候しているスミスの使い方ね…どうやら西欧から来てる文化人類学者なんですが、説明キャラにせず引っ込んだ立ち位置で。

とにかくアミルが時に凛々しく時に健気で時に大胆で、カルルクも年相応の幼さはあれど末子相続社会だからか芯が座ってて男前で。
しかも画集や写真集を眺めるのとはまた違った、中央アジアの生活感!…丁寧に描き込まれていながら画面がスッキリしているのは作者の画力ですな、早く続きが読みたくなってきます。


次巻

〈森薫〉関連記事:
【最近読んだマンガ】「シャーリー」| 2008.07.13
【最近読んだマンガ】「シャーリー」(再読)| 2011.06.14
【最近読んだマンガ】「シャーリー」2巻| 2020.04.23

関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】岩間史朗「名もなき日々」| 2008.10.14
【最近聴いたCD】「サカルトベロ 奇蹟のポリフォニー」| 2010.04.16
【最近読んだ本】伊藤和也「ダラエヌールの子供たち アフガニスタンの小さな村にて」| 2010.08.26
【最近読んだ本】ティエリー・ザルコンヌ「スーフィー イスラームの神秘主義者たち」| 2012.08.15
【最近読んだ本】イブン・ジュバイル「イブン・ジュバイルの旅行記」| 2012.12.19
【最近読んだ本】菅沼晃「モンゴル仏教紀行」| 2013.03.07
【最近読んだ本】齋藤亮一「ゆるやかなとき 齋藤亮一写真集」| 2013.03.10
【最近読んだ本】鬼海弘雄「アナトリア」| 2013.03.16
【最近みたDVD】「蒼き狼チンギスハーン」| 2013.11.30
【最近読んだ本】大石芳野(写真・文)「それでも笑みを」| 2014.05.29
【最近読んだ本】林典子「キルギスの誘拐結婚」| 2015.04.20
【最近読んだ本】栗生沢猛夫「図説|ロシアの歴史」| 2015.05.10
【最近読んだ本】パウロ・コエーリョ(著)、旦敬介(訳)「ザーヒル」| 2015.09.26
【最近読んだ本】森住卓(写真・文)「セミパラチンスク」| 2015.11.21
0
    | comic | 2019.09.19 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top