ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
石塚千尋「ふらいんぐうぃっち」7巻

いきなり中国らしきロケーション、とくれば真琴の姉で天才的な魔女の茜ですね…ちゃらんぽらんに見えて実のところ、犬養さんのために呪解薬を探したとは!
しかし辿り着いた“世界経済が混乱するとかなんとかで協会からあまり広めないでって言われてる技術を沢山持ってる”ようには見えない食堂のオバチャンからは、逆に“山消しの魔女”という異名で呼ばれた茜が“崖えぐり”へとランクアップしちゃう顛末が強烈で笑いっ放しでしたよ…南極から南仏(?)まで、そして走馬灯エンドルフィンからの片靴下脱げかけ状態ね!
弘前市下湯口の日常だけじゃない、この振れ幅よ。笑

そして見慣れた下湯口と違ったモダンな町並みは、もしやリアル弘前市中心街?
犬養さんの住んでるアンティークな建物、なんか有楽町の日比谷側にあるビルっぽいんだけど…これがリアル賃貸物件として実在するのなら、冬場の光熱費に目を瞑ってでも住みたいっ!
第40話「走る薬草」で魔女トリビアを披露する鹿角先輩、1コ上なのに圭ん家で勉強会?…真琴が再生栽培してたマンドレイクが「マー」とか言いながら脱走!って、魔女バレにうるさかった先輩も馴染んだ様子。
かと思えば真琴も他では気を付けてるのね一応、この(身近じゃない程度には)な浸透度もユニークだよね。

ラストに出てくる女性レポーターは前巻のサマーこと夏の運び屋が仕出かした不始末でも登場しましたが、どうやら協会は今もマスコミ関係やインフルエンサーに対しては規制を弛めていないようで…うっかりハンディカムを全力投球とか笑うしかないというか可笑しいでしょ、しかし貴重なネタに対する慎重さからして今後も出没しそうな気配。
因みに“ぎっくり腰って英語だと「魔女の一撃」って言う”そうで、魔術と魔法は“素材を組み合わせて起こす”か“魔女単体で起こす”かの違いだそう…後者は本作上の設定かもしれませんけど、本当に近頃の漫画って設定が密だよなぁ。


前巻
0
    | comic | 2019.10.06 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top