ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
森薫「乙嫁語り −おとよめがたり−」2巻

今回のあとがき漫画のタイトルは「兎追いしかの山」、鹿の山ではありません。
それによると“「乙嫁」とは古語で「若いお嫁さん」「美しいお嫁さん」という意味”だそうで“一説には「かわいいお嫁さん」とも”とありました、作者の造語じゃなかったのね…だけどアミル(二十歳)は「若いお嫁さん」じゃないのですよ本作の世界では、というか所謂先進国が勝手に成人年齢を押し上げたんであって動物としての人間は15〜6歳が繁殖期なのよね。
とはいえ婚姻関係は嫁さん個人より家同士の繋がりですし、幼過ぎるよりはね!
頭の布は“自分が死んだ時に埋葬するため”だそう。

と、いきなり巻末の遊牧民あるあるネタから始めちゃいましたが…本編は前巻に続きアミル実家の再襲撃がメインになります、そして後半にはイギリス人学者スミスが村を去りました。
順番に書きますと、先ず新キャラが登場しました…気が強いせいで婚期を逃しているパリヤ、ちょいとツンデレ気味なのが好印象。
そして実家のアミル奪還作戦パート2、彼女の実家はカルルクとの婚姻を踏みにじろうが嫁いだ娘が虐待されて死のうがヌマジ家との縁戚関係を維持したいのね…まぁ結婚に当人の意向なんて本来は関係ないし、しかもヌマジ家はロシアに与して勢い付いてるらしく。

村の郊外で襲われた時はスミスの機転で窮地を脱し、夜討ちの陽動で隙を衝かれるもカルルクが勇敢に阻止して追い返しました…ここで殺さないのがポイントですな、不義理をされても感情に流されないというね。
そしてロシアの影は後半のエピソードにも絡んでおり、マケドニアからの使者に次いで女性のイギリス人探検家がスミスへの手紙を届けに来ました…彼は純粋な学者として滞在していたのか、それとも英国の諜報部員だったりもしたのかな?
カラザへと発つ彼を送るカルルクとアミル、途中までといっても野営を重ねて隣街近郊へ…道中に交わす詩吟、そして時間が美しい!


前巻
0
    | comic | 2019.10.24 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top