おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
THE SQUARE「うち水にRainbow」

先日の「LUCKY SUMMER LADY」に続き、友人に貸してもらったザ・スクェアのCDです…現在はTスクェアなんだそうですが、本作が改名前の'83年にリリースされてるのとややこしいという事で旧名表記にて。笑
本作、個人的には彼らの代表作だと思ってます…ってまた他のアルバムだって聴いた事ないどころか、本作ですらちゃんと通して聴いた事もなかったクセにね!
しかし1曲目にビートルズのカバーを持ってくるとは、っていうかオリジナル曲だと思ってたわ…あんま原曲を聴いた事ないのもあるけど編曲の妙かもね、ラストでリプライズしてるのは本作の隠しテーマって事?

ザ・スクェアって「リーダー安藤まさひろのロックなギター+伊東たけしのリリコン」というツートップ感が強く、楽曲も8ビート・インストな印象ですが本作はバラエティに富んでます…2曲目の如何にも安藤な「君はハリケーン」を筆頭に、彼らの代名詞ではないにしても代表的なナンバーが数多く収録されてます。
スラップ・バトル風の4曲目「Stingray」はリアルタイムで聴いちゃってたら影響されてたかもなぁ、でも楽曲というより単なるソロじゃん…安藤らしくないと思ったら案の定ベースが書いてたのか、今となっては影響されなくて一安心の80年代なチョッパー合戦。

続く「Hank & Cliff」は安藤が作曲してるし彼らの代表的ナンバーではありますが、ロックしてないしベースラインがイカしてます。
そして松任谷由実が楽曲提供した「黄昏で見えない」でも聴けるホーンは元スペクトラムの新田一郎率いるNITTA GROUP、この曲のラテン・フレーバーは和泉宏隆のアレンジですかね?
「カピオラニの通り雨」は初めてオアフ島に行ってカピオラニ通りを歩いてて思い出し、妙に感動したスロー・ナンバーです…この曲もユーミンかと勘違いしてたのですが、和泉でもなく安藤が書いてたとは意外。
ラス前「Barbarian」は安藤ロック炸裂、僕は苦手。

因みに3曲目は同時期のカシオペアっぽい気もするけど、やっぱり惜しくも届いてないな…7曲目はフェイザーのギター・カッティングなど70年代を思わせるサウンド構成ながら、80年代半ばのポップさも持ち合わせる安藤の作曲センスを再認識させられました。
バラエティ豊かなだけに好みじゃない曲もあるのですけれど、トータルのパッケージングとしては完成度が高いアルバムだと改めて思いましたね僕は…って偉そうなコト書いてますが、カシオペアで言えばスタジオ・アルバムとしては「フォトグラフス」に匹敵する位の一枚ではなかろうかと。
全10曲の40分強、本作もCD選書シリーズでした。


〈ザ・スクエア〉関連記事:
【EP】ザ・スクェア「マジック」| 2009.08.12
【DVD】「THE LEGEND 〜31年振りのザ・スクエア@横浜ライブ〜 特別編」| 2017.06.29
【CD】「Lucky Summer Lady」| 2019.07.21
【CD】「ALL ABOUT US −Best Selection−」| 2019.08.03
0
    | music | 2019.07.28 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top