オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-250AV
オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-250AV (JUGEMレビュー »)

安くて丈夫で高性能なヘッドフォン、もし壊れても買い直す予定。
ハウジング部分が小さめな割に、長く装着してても耳が疲れないし遮音性も高いし低音も出てます。
紹介記事【2019.03.31】
南の島のティオ (文春文庫)
南の島のティオ (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
池澤 夏樹
14歳の少年ティオが小さな島の出来事を綴っていく連作短編集で、実在の少年とポナペ島をモデルに著者自身が様々な島で聞いた話を再構成したのだそう。
前年の台湾旅行で読んだ本書は「海の向こうに帰った兵士たち」という一編を加えた'10年12刷以降の増補版で、この(南の島の物語を南の島国で読む)という旅のエクストラに新たな一編がオマケされたのは嬉しい偶然でした。
紹介記事【2019.01.24】
ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム (シークレットDVD同梱)
ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム (シークレットDVD同梱) (JUGEMレビュー »)

最近は評価が好転してきたようで、実際PS2最終期に出ただけあって申し分ない出来栄え。
一見、難しそうなバトルシステムもプレイの幅を広げてくれます。
その辺も含め、ノーマル版のやり込み本ですが「ファイナルファンタジーXIIのあるきかた」も併せて是非!
紹介記事【2019.03.28】
レディ・プレイヤー1 [DVD]
レディ・プレイヤー1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

スティーヴン・スピルバーグ監督による'18年のSF作、娯楽映画には珍しく2時間超の長尺ながらダレ場なし。
是非DVDで繰り返し観てください、マニアックな小ネタ探しだけでなく。
天才変人の孤独と愛情が実は普遍的である事、それもまたイースター・エッグかと。
紹介記事【2019.02.11】
琉球奇譚 シマクサラシの夜 (竹書房文庫)
琉球奇譚 シマクサラシの夜 (竹書房文庫) (JUGEMレビュー »)
小原猛
石垣島に行くのに持ってく本でしたが、結局フライト乗り遅れもあって到着前に読み終えてました。
おどろおどろしさは控えめで、怖いというより不思議だったり哀しかったり薄気味悪かったり程度。
しかし寝静まった石垣島のゲストハウス夜11時、軽く読み返していてドキドキ。
紹介記事【2019.05.02】
夢かもしんない コミック 全5巻完結セット (ビッグコミックス)
夢かもしんない コミック 全5巻完結セット (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
星里 もちる
「光速シスター」「怪獣の家」から立て続けに読んじゃいました。
妻子持ち営業マン&思い出のアイドル、の幽霊?
本作もまた「いい人」を主役に、大人社会の悲哀と可笑し味を描きつつラストで涙腺を決壊させます。
紹介記事【2019.01.17】
ハイ・フィデリティ (新潮文庫)
ハイ・フィデリティ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ
女性弁護士と別れ話が進行中なアラサー中古レコード店主の、シット・コム的な恋愛×音楽in the UK。
60-70年代メインのネタで会話の可笑しみ倍増、分からなくても巻末の「ほとんど注解に終始する訳者あとがき」が丁寧にフォローしてくれますし、むしろ訳者の注解コメントで笑っちゃったりも。
紹介記事【2019.06.23】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
2030年の旅 (中公文庫)
2030年の旅 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
恩田 陸,坂口 恭平,小路幸也,瀬名秀明,宗田理,支倉 凍砂,山内 マリコ,喜多喜久
なんか「2300年未来への旅」を連想させるタイトルですが、日本人の作家による近未来SFアンソロジーです
お題は“東京オリンピックからさらに十年後”の7編、個人的には坂口恭平による巻末エッセイの「自殺願望は脳の誤作動」にハッとしました。
紹介記事【2019.01.04】
デッドマン [DVD]
デッドマン [DVD] (JUGEMレビュー »)

別に「ブレイブ」と本作をジョニデ繋がりで観た訳ではないのですが、結果としては彼が「ブレイブ」を世に出した理由も感じ取れた気がします。
シンプル過ぎるヤマなしオチなしイミなし流浪譚ながら、詩人ブレイクを知っている方には意味深いのかも。
星野通夫の「森と氷河と鯨」で見たハイダ族やトリンギット族を思わせる、アイヌに似た文様の集落……同化政策は祖先の魂を殺すのですね、非物理的な世界で。
静寂と、雨の船出の美しさが忘れた頃に沁みてきます。
紹介記事【2019.02.23】
ブレイブ [DVD]
ブレイブ [DVD] (JUGEMレビュー »)

ジョニデが監督と共同脚本に主演と、ミーハーなファンこそ必見ですね。笑
シンプル&ヘビーな本作、イギー・ポップやノーギャラ出演のマーロン・ブランドら敬愛する人物と撮った彼の気骨が詰まってます。
特に冒頭は二度観て、彼がアメリカ本国での公開を拒んだ心に思いを馳せては?
紹介記事【2019.02.22】
夢の階段 (新潮文庫)
夢の階段 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
池波 正太郎
本書の7編はデビュー作を含む現代小説で巻末の2編だけが時代小説、しかも全編が本書初収録。
現代小説とはいっても昭和で言えば29〜36年、著者が31〜36歳の間に発表された戦後の気配が濃厚に感じられる「現代」。
いわゆる大物海外ミュージシャンの死後どっと出回る未発表音源みたいな、クオリティの心配は当然ながら無用です。
紹介記事【2019.06.15】
その男ゾルバ(特別編) [DVD]
その男ゾルバ(特別編) [DVD] (JUGEMレビュー »)

'64年の英米とギリシャ合作映画、英国育ちのスランプ詩人が屈強な男ゾルバと過ごしたクレタ島での日々が描かれます。
「無法松の一生」の三船敏郎を思わせるゾルバの心情も、目を疑うような島の人々も音声解説なしでは理解し難いかと。
対照的な二人の男のエンディングは、ジワリと胸に残ります。
紹介記事【2019.01.30】
【2019.01.31】
波乗りの島―ブルー・パシフィック・ストーリーズ (1980年) (角川文庫)
波乗りの島―ブルー・パシフィック・ストーリーズ (1980年) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
片岡 義男
僕が初めて手にした著者の小説であり、著者の初期短編集でもあります。
ハワイイに住む青年サーファー、バリー・カネシロを主人公にした連作5編を収録。
写真の佐藤秀明との巻末対談も含め、失われゆく最後の輝きを僕は感じました。
紹介記事【2019.04.24】
 (JUGEMレビュー »)

作者の他作品を読んだ記憶は曖昧ながら、その時に思った(あんま上手くないな)という印象は何だったのやら。
サイバラ風でも四コマでもなく、ストーリーの組み立てもシッカリしてるしコマの流れも自然だし。
洒落にならない裏話も飄々としたキャラに救われます、男性も一度は読んでみましょう。
紹介記事【2019.05.12】
サムウェア・ディープ・イン・ザ・ナイト
サムウェア・ディープ・イン・ザ・ナイト (JUGEMレビュー »)
スウィング・アウト・シスター
ヒット曲を連発してた90年代を過ぎ、'01年にリリースされた本作は妥当というか順当な仕上がり。
ブレずに焦りも無理もなく、エレポップの衣を脱いで一層60年代ソウルやバカラック温故知新をアダルトに昇華。
気に入った曲だけ摘まむんじゃなく、一枚として聴くべき。
紹介記事【2019.06.18】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
クルドの星 1~最新巻(文庫版)(中公文庫) [マーケットプレイス コミックセット]
クルドの星 1~最新巻(文庫版)(中公文庫) [マーケットプレイス コミックセット] (JUGEMレビュー »)
安彦 良和
「機動戦士ガンダム」のキャラでお馴染みの作画家による漫画ですが、中東の少数派クルド人を描いてるレアさでオススメに。
もっとも「これからだ!」オチは、日和った編集の強制打ち切りか?
トルコの“土くさい人々”に惹かれた結果が何故かクルド視点、でも本作同様に何一つ解決してないんだよね現実も。
紹介記事【2019.05.06】【2019.05.30】
ルーティーン: 篠田節子SF短篇ベスト (ハヤカワ文庫JA)
ルーティーン: 篠田節子SF短篇ベスト (ハヤカワ文庫JA) (JUGEMレビュー »)
篠田 節子
副題に「篠田節子SF短編ベスト」とあるけど、どんな類いのSFなのかがまったく伺えない、鯨幕というか昔のVIVA YOUみたいな表紙カバーが斬新。
巻末解説によると、著者は20余年のキャリアを持ち一般にはジャンル横断作家と認識されているそうで。
アニメ化されそうなハードSFから昭和ジェンダー恨み節、エスノ土着オカルトを経て超高齢化+正論社会の果てまで心刺しまくり。
紹介記事【2019.03.26】
 (JUGEMレビュー »)

本作は明治から昭和にかけて親しまれた、泉鏡花の“三大戯曲”をコミカライズした作品集です。
単行本化に際して描き下ろされたオマケ漫画+原作者の略歴や作品解説&文庫描き下ろしオマケ漫画と人形師による解説も収録と、これまで鏡花文学に触れて来なかった僕には有難い仕様。
人形師の一文が印象深く、100年近く前の物語にハッとさせられるのは人間に進歩などないからかも?
紹介記事【2019.04.13】
ざ・ちぇんじ 全2巻 完結セット(白泉社文庫)
ざ・ちぇんじ 全2巻 完結セット(白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
山内 直実,氷室 冴子
平安期の古典文学「とりかえばや物語」に基づく氷室冴子の小説をコミカライズした本作、氷室冴子も古典文学も完全スルーでしたが予想外の面白さにビックリ!
男勝りな双子の姉×病弱が故に女君として育った弟、姉は男装のまま御所に入内&弟も女官で後宮入り?
見事な風呂敷の畳みっぷりと、千年前のラブコメでLGBTを先取りのエキゾチック・ジャパンは未見なら是非!
紹介記事【2019.04.30】【2019.05.29】
ヒート [DVD]
ヒート [DVD] (JUGEMレビュー »)

ロバート・デニーロvs.アル・パチーノ、この豪華共演が「午後のロードショー」で掛かるとは!
マイケル・マン監督が脚本も手掛けており、適度に緩急を付けながら3時間近く視線を釘付けにします。
まぁ「似た者同士で対照的な立場」という月並みな設定ではありますが、改めて映画は筋書きだけでは分からないなと。
紹介記事【2019.05.28】
フロントミッション サード
フロントミッション サード (JUGEMレビュー »)

遂に全ルート攻略完了、しかし未だ引継ぎ要素は完クリ出来ずボリューム満点!笑
シミュレーションRPGって得意ではないけど、PS2の後継作「FM4」と本作は別格です。
紹介記事【2019.05.26】
PURPLE RAIN (DELUXE) [2CD] (2015 PAISLEY PARK REMASTER, PREVIOUSLY UNRELEASED TRACKS)
PURPLE RAIN (DELUXE) [2CD] (2015 PAISLEY PARK REMASTER, PREVIOUSLY UNRELEASED TRACKS) (JUGEMレビュー »)
PRINCE & THE REVOLUTION
'84年の大出世作&未発表曲集のダブル・リマスタリング作。
同世代では(プリンス=キモい)でしたが、自ら「King of Pop」を名乗った生前のMJより全てが革新的でした。
ソウル/ファンクを抑えたロック・ハードな「パープル〜」と、前作に近いエレ・ファンク中心の未発表曲集なので万人受けしないのは当然だけど本物の「Prince of Pop」は明白よ?笑
紹介記事【2019.05.09】(Disc 1)
紹介記事【2019.05.17】(Disc 2)
ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD]
ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD] (JUGEMレビュー »)

観たのはTV放映でした、でもどこカットしたかも分かるので。
もはや脱ルパンした立場で多くは語りませんが、アニメ版ルパンの最高傑作です。
本作後の脳マモーが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のエゴになる件とかは誰か考察してください、ただ政治ナンセンス的なあのオチは「ルパン三世」が生まれた60年代末の土壌を意識していたのではないかと。
観る度毎に、頭でっかちに神を夢みたマモーの涙が沁みてきます。
紹介記事【2019.06.03】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「スキャナー・ダークリー」

オーディオ・コメンタリーにて再視聴です、解説は脚本・監督のリチャード・リンクレイターキアヌ・リーブスに製作のトミー・パロッタ…そして特別ゲストに原作者P・K・ディックの娘アイサと“ディックの大ファン兼友人”J・リーセム(ジョナサン・レセム?)なる小説家も声の出演。
その小説家曰く、本作には“1つの場面に何重もの意味がある”のですね…故に制作者と出演者に加え、原作執筆時の状況やディック作品全般の考察を交えて語られる意義がある訳です。
映画として難解な印象はありませんでしたが、Amazonのレビューも投稿時期が早いコメントほど評価が割れていたのを思い出します。

監督は実写をアニメ化する手法を過去にも使っていて“映画を見る観客たちに疑問を抱かせたかった”んだそう…“これは現実なのか作り物なのか”、その問い掛けは確かにディック作品に通低する特徴なのかも。
ディック本人も特典のインタビューで言ってましたが、SFは子供向けと見なされてきたそうで…娘曰く、そうした評価は現在の“大人向けのアニメでもバカにされるのと似ている”と。
実写で撮っていたらCG表現は数年でチープに見えてくる、という監督の意見も単に俳優を観たかったレビュアーには関係ないのでしょうな…観るのは自由でも、そんな評価ってアリ?笑

スクランブル・スーツの表面には150万人の外見が反映されている、という設定は「個であり全でもある存在」を示唆しているのかな…あるいは着用者に一般市民の代表とか象徴といった意味合いを持たせてるのか、また劇中でこのスーツを着用しているのは2人の主要人物だけだったのも(台詞なしの通行人としてはいるけど)興味深いです。
捜査官は権力の象徴であり、権力には明確な外見がない…現実の社会には、RPGゲームのラスボスみたいに実体を持つ絶対的な権力者なんて存在しませんし。
キアヌが、自身の説教めいた場面で“中身は犯罪者だ”と言ってたのは印象的。

しかし原作者がFBIに開示請求した資料には、彼が送った手紙しかなかったとは…特典インタビューは鵜呑みに出来ないのね、幻覚や妄想ってマジ怖ですわ。
麻薬による全能感は、70年代以前からティモシー・リアリーらが語ってます。
物質Dについて「目的は現実からの逃避だったのに奴隷と化す、そういった一面は現在の資本主義や娯楽にもある」とキアヌ、更に“自由を求めるための手段が監獄に変わってしまう”とも…だからこそ権力側は支配の現状に適応しない市民にDを常用させたいのかもね、監督は症例ではなく“1回で即中毒”という設定を重要視したようですが。
(長くなったので、続きは下段で)


〈フィリップ・K・ディック〉関連記事:
【最近みたDVD】「ブレードランナー」| 2013.02.06
【最近みたDVD】「ブレードランナー(完全版)」| 2013.02.12
【最近みたDVD】「ブレードランナー ディレクターズ・カット(最終版)」| 2013.02.18
【最近みたDVD】「ブレードランナー ファイナル・カット」| 2013.02.20
【最近読んだ本】「トータル・リコール――ディック短篇傑作選」| 2013.04.30
【最近みたDVD】「トータル・リコール」(2012)| 2013.08.22
【最近みたDVD】「トータル・リコール」(1990)| 2013.09.27
【最近読んだ本】V.A.「きょうも上天気」| 2015.01.09
【最近みたDVD】「マイノリティ・リポート」| 2015.09.17

ウィノナ・ライダーはスクランブル・スーツ着用時の演技を他の役者任せにせず“とても重要”と考えていたそう、演じ分けには苦労したようですしドナ役も辛かったとか…きっと彼女は「なりきり型」の俳優なんでしょうな、だけどティモシー・リアリーが名付け親という出自を知ると全力で演じたのも納得。
あと、ウィノナの裸体はアニメで描いたものだそう。
“政府は単に監視をするだけじゃない/スターリン時代のソ連のように/わざと反体制勢力を作り出したりする”のは“声高に政府を批判することで人々のストレスを発散させる”どころか、本当の反体制分子を手の内で転がす腹でしょう。

言われてみれば原作者の作品って、主人公が被害妄想的で孤立しやすいかも…僕が知ってるのは映画がほとんどだけど、大体が権力と陰謀が関係してるんだな。
何かとの戦いを叫ぶ者が権力を握り人心を操れる、その矛盾を指摘する人が先ず弾圧される…って、たまに語りが脱線して辛口世評になってるけど監視対象にされちゃいそう。笑
「未来世紀ブラジル」との共通点は医療従事者の描写も関係ありそうです、彼らが(自分を社会的にジャッジする他者)として描かれているせいかな…まぁ彼らの異常性はボブ/フレッドの心を追い込む役割だった訳ですが、医学的判断を下す相手に烙印を押されるってのは怖いわ!

確かに「未来世界では何でも新品」というのはSFあるあるですな、ただ原作はSFをと依頼されたディックが近未来設定で描いた私小説の趣きがあるようで。
本作は“麻薬撲滅キャンペーン”ではないし“対象を非難も美化もしていない”とはいえ、本作を原作者の体験に寄せて語るのも「ヤク中の自分語りかよ」と観る気を失くす人もいそう。
主人公ボブ/フレッドの自己監視状態は、執筆時に自分自身を見詰めていた原作者の姿とも重なります…劇中の彼が幻視する過去は、原作者が“離婚しクスリにおぼれる前の”平穏な家庭だったとはアイサの証言。
そう聞くと私小説だわな。

車の故障も現実のエピソードに由来するそうですが、劇中ではボブ/フレッドの狭くイカれた世界が猛スピードで社会から離脱してゆくメタファーとも受け取れますね…劇中でも(誰かの罠か?)と疑念が湧く演出は、観ている方も彼らの思考パターンに呑まれそう。
ウディ・ハレルソンが演じたラックスマンのモデルとなった人物も“最後の献辞の中にいる”そうで、更正施設ニュー・パスにもモデルがあったとは…ヘロイン中毒者の施設にわざわざヘロ中のフリして入所した原作者、実際に施設スタッフと接して“中毒者の存在を利用して金儲けしているだけだ”と中の実態を理解したのだとか。

麻薬絡みの逮捕者は“当時は20万人だった服役者数が今では200万人以上になっている”そうで“刑務所自体も次々と民営化が進んでる/貧しい地方自治体には貴重な収入源だ/雇用も増える”と、現在の「民営化されて政府の公共部門が企業の私有物となる資本主義的未来」も原作者の予言通り…身柄の安全を名目とした「形式上の逮捕」が意味するのは法的手続き不要の拘束と抑留、これも現実味が感じられて恐ろしい!
偽りの過去、偽りの業務…でも待てよ、記憶の改変は中毒症状じゃなかった筈だよね?
彼らは捜査官を名乗っていても、その雇用主は業務委託された私企業だったりしそう。

上司の“どんでん返し”以降は“映画版オリジナルの展開”だったと知って、意外というより微妙に納得。
ディックの小説は短編しか読んでないけど、映画化されるのも短編に多い気が
それ故にか、特に新旧「トータル・リコール」だけでなく原作は設定やストーリーの骨格に過ぎない使われ方が多い印象はあります。
この原作が長編だったかは知らないものの、短編だったら確かに“どんでん返し”でオチだったろうなと思えるので…となるとラスト10分で描かれる新たな“どんでん返し”オチは秀逸です、ドナ/オードリーと話してるのはニュー・パス本部の職員と同一人物か?

“この社会は過去の世代が苦労して築いたのに/今の我々はそれを知らない/恩恵をこうむっているのにね/先祖が流した血の上に”
この終わり方には希望があるけれども、その希望に繋がる人物は予め救いなどない「大義のスケープゴート」だったのね。
序盤で“登場人物は明らかに原作者の個人的な知人だ”と語っていたのは小説家でしょうか、アイサも“70年代に父が実際同居していた友人が――全身を虫に覆われる幻覚を抱いていた”と証言しています…“この小説だけは創作されたくなかった”という彼女に、監督は「実写ではなくアニメ」「遺族の意見も取り入れる」と約束をしたそうで。

ラストに流れる長い献辞も原作を尊重した証ですね、リストの中には彼女の母も入っていると聞いてしまうと一層切ないです…因みに画像付き献辞のルイス・マッケイは“俳優で テキサス大学の哲学教授でもあった”人物で、プロデューサーのパロッタが紹介したディック・ファンの1人として監督は知り合ったそう。
あとこれはムダ知識ですが、アメリカでも“オタク”って言って通じるのね!笑
今までに観た、ディック作品を原作と謳った映画の中では断トツの出来だと僕は思います…まぁ「ブレラン」は別格として、その他は特に人物描写が疎かになっちゃってた気がしますね。
0
    | animation | 2019.08.02 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://mot.lanikeha.gonna.jp/trackback/1009463




    ↑ top