ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「盾の勇者の成り上がり 1」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

どうやらラノベ原作みたいですね、原作者と絵師が併記されてましたから…主人公は爽やかオタク大学生、経緯は図書館で手にしたヒロイック・ファンタジー。
えぇ、よくある話ですよ。
どうでもいいけど図書館にしては書棚の本はカテゴリーも並び順もメチャクチャなのね、ともあれ「終末の災厄をもたらす“波”から世界を救う勇者」の一人として異世界に召喚され。
ところが彼は「盾」の勇者、他の3人がそれぞれ「剣」と「槍」と「弓」を伝説の武器として有しているのに攻撃手段は素手なのか?
拳闘士ですらないとは、まだ短剣だとか魔法の杖とか他にもあったでしょうに!

同時に召喚された他の勇者は、それぞれ業物同様に性格も攻撃的ですな…まぁ言ってる内容は常識的とも言えなくはない条件交渉で、その適応性の高さ+全員が日本人青年という疑念は並行世界からの被召喚者だったという都合の上塗り。笑
拝謁した国王いわく“波”とは、周期的に魔物が降り注ぐ終末期の現象だそう…第一波で多くの兵を失い、残り数回の“波”を凌ぐべく召喚に至ったという話。
視界の隅に映るアイコンに意識を向けると自身のステータス情報が確認出来る魔法に魔物のマーカー表示など、近年のRPG系ラノベやアニメの王道スタイルを踏襲したのか伏線なのか。

翌日からはレベル上げですが、伝説の武器で共闘すると反作用が起きるので各勇者で個別パーティ結成…ところが志願した冒険者は他の勇者に集中、ただでさえ不利な武器(というより防具)な上に彼だけRPGゲーマーじゃなかった事から「勇者に備わるべき知識が足りない」と噂になってた様子。
そこに鞍替え立候補した可愛娘ちゃん、異世界での出会いを期待した主人公は願ったり叶ったり…ところが翌朝、一転して勇者失格&婦女暴行未遂の烙印を捺され無一文で国を追われるとはドラマチックですな!
しかも元の世界に戻れるのは、勇者4人の全滅か“波”すべてを退けた時のみ。

可愛娘ちゃんの色仕掛けにまんまとハメられ、仲間と思ってた他の勇者には見捨てられ…異世界で冤罪の絶望と怒りに震える元勇者という特異な設定を、丁寧な演出で無理なく1話にまとめた構成は期待出来そう。
盾の効果で防御力は高いものの、やっぱり素手では攻撃力が低過ぎて超ザコを倒すのも一苦労…魔物の残骸は収入源だけでなく武器のレベルアップ素材でもあり、徐々にスキルも修得していくようではありますが。
大枠としてはよくある話でも、切り口次第なのかもね…これはちょっと続きも観たいな、といっても1巻に4話を収録してるので残り3話に関しては下段にて。

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その46


次巻

「01 盾の勇者」の話は上段で記たとおり、ただ国を追われた訳じゃなかったのね…城外の森で超ザコ相手に一晩中バトルしてようやくレベル2に、狩った素材を売った金で先ずはメシという底辺サバイバル生活は流石に気の毒すぎる気が。
そもそも何故に攻撃力ない勇者が?という疑問こそが答えなんでしょうけど、この仕打ちも実は真の勇者フラグとして国王が仕向けたって事もありそうな予感。
さて「02 奴隷の少女」では刻印により主人に逆らえない獣娘を買った盾の元勇者、明らかに主人公より弱いのに?…ただ獣娘の経験値は主人公にも入るし、育てれば少しは使えるのか。

そういや盾のスキルって防御だけじゃなく生産系に伸びるのね、そこは「オンリーセンス・オンライン」っぽい気もしますが…まぁ盾が「蛮勇によらない力」の象徴と思えばね、そんな平和的スキルなんでしょう。
次の“波”に備えたい焦りと稼ぎを兼ねた地道なレベル上げ、どうにか近隣の村まで行けるようになった主人公…しかし「03 災厄の波」で訪れた第二波と共に発生場所へ転送された4人の勇者パーティ、主人公は襲撃を受ける村を守る囮となって住民の救護を優先。
更に主人公を見下していた王立騎士団の危機も救い、巷間の噂よりも眼前の恩義で人心を変えてゆくのか?

ところが「04 暁の子守唄」は第二波を退けた宮中の祝宴で、何かと主人公を目の敵にする因縁の可愛娘ちゃんに踊らされる槍の勇者と決闘沙汰ですか。
国王も何のつもりか決闘を後押し、武器を持てない主人公に勝機があるとも思ってないのにね…というより八百長だろうが「槍」が勝たなきゃ終わらない、まるで民衆のガス抜き的な勧善懲悪の茶番でしかなかったとは!
ここで因縁の可愛娘ちゃんが国王の娘と判明、獣娘との契約も強制解除されて主人公の究極ネガティブが盾の暗黒面を発動…獣娘の信頼により今回は収束しましたが、このカース・モードは今後の鍵になりそう。

盾の勇者CVは石川界人、獣娘CVは瀬戸麻沙美…可愛娘ちゃんマインCVはブリドカットセーラ恵美、次回より登場のフィーロCVは日高里菜
0
    | animation | 2019.08.21 Wednesday | comments(0) | - |













    ↑ top