ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ダーリン・イン・ザ・フランキス 4」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

前巻エピソードを経て高まった集団思春期や競争意識が彼らのポテンシャルを引き出してたのか、急速に叫竜(きょりゅう)撃破数を上げる第十三部隊…従来のコドモ=フランクス運用を否定しかねない成長率は、この部隊に個別の機体を設計した博士の狙い通りなの?
ともあれ今回はヒロ&若干ツンケン気味なオニっ娘ゼロツー以外のメンバー目線で展開するエピソード、パパから勲章授与され初めて許された内部都市入りで“オトナを守ってくれてありがとう”って…勝手に迷ったゾロメ視点で明らかになる、オトナの超合理的被飼育生活と生物学的な断絶。
だけどゾロメは訳ワカメ。

次はミツルのトラウマ克服話、彼の冷めた性格は幼少時に憧れたヒロへの失望にあったのね…虚弱体質を劇薬注射で底上げしてきた彼のED状態に優しく効いたのは新パートナーに立候補したココロの励まし、彼女に惚れてた傷心のフトシと組んだのはイチゴを指名するも女子同士では適正値が上がらず凹んだイクノ。
OP映像も、パートナー・シャッフルに準じて変更。
部隊メンバーが幼少期を過ごした施設に来たのは先伸ばしされてきたゼロツーのメンテナンス目的か…彼女って未だにナインズ時代の制服なんだよね彼女、そして彼女をイオタと呼ぶエリート部隊ナインズ勢揃い。

十三部隊のゼロツーを“人間と仲間ごっこ”と揶揄しつつイチゴに興味津々なアルファが囁いたオニっ娘の素性とは、そして禁止されていた育成施設の訪問でヒロ達が抱いた違和感とは?
“早く人間になりたい”ゼロツーの焦りと苛立ちを見かねて“今のままの君が好き”と告ったヒロに“君はボクの餌”と謎の侮辱発言、竜化するゼロツーに封印されていた幼少時の記憶がフラッシュバックするヒロ…かつて彼が見たのは幼い日のゼロツーで、初回アバンの映像に繋がるって事?
仮にオニっ娘が選ばれし竜でヒロも特殊なパラサイトだったとして、まさかそんだけの話じゃないよね?笑


次巻

前巻
0
    | animation | 2019.09.29 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top