ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ダーリン・イン・ザ・フランキス 5」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

1クール終了回は、前回ラストからの回想始まり。
ヒロとゼロツーの独白が積み重なり、それぞれの失われていた思い出がよみがえります…孤独な実験材料だった彼女にゼロツーと名前を与え、連れ出したヒロ。
適性値の高い10番台パラサイト同士のイチゴ、そしてミツルと交わした約束…最も期待される適性を有しながら、子供らしかったが故に危険視されてもいたヒロの記憶が消された理由。
青い血のゼロツーが赤い血の人間になりたい理由は、僅かな愛の証だった絵本と幼い頃の逃避行にあったのね…愛する人と結ばれて幸せに暮らす、その願いが彼女の生存理由だったとは!

誰からも愛情を注がれないパラサイト達、仲間すらいないオニっ娘…彼らの行動原理に潜む幼稚な衝動を笑えるのは、きっと何も知らない子供だけでしょう。
あの記憶が封印されても、思いまでは消せなかった…2人の人生を決定付けた短い出会いは、最悪のタイミングでよみがえりました。
自分が取り込もうとしたパートナーが望んでいた相手だとゼロツーが知った時、ヒロは“いつ竜化が始まってもおかしくない程”危篤状態に…激怒したイチゴは「ヒロを騙して人外にしようとした」とゼロツーに絶縁宣言、回復したヒロはゼロツーの傷を舐めてから適性が変容したのだと思い至り。

あの逃避行の最中にゼロツーの血を取り込んだ事と、その後に低下した適性値や彼女とだけフランクスに乗れている事実とは符号している?…それを確かめようにも第十三部隊にはナインズや各都市のフランクスと協同の制圧任務が下り、ゼロツーにもナインズへの帰還が命じられたのでした。
“私の事は憎んでもいいから、どこへも行かないで”と言う本気のイチゴ、だけどゼロツーが知っていて自分を利用したのか確かめたいヒロは病室を脱け出しゼロツーの部屋へ…そして入れ違いで裳抜けの空の病室へ連れて来られたゼロツーは、イチゴたちに「騙したな!」と感情を爆発させ。

仲間を半殺しにしたゼロツーに“君は人間じゃない”と吐き捨てたヒロ、その言葉に心折れたゼロツー。
意気消沈してナインズに合流する彼女、幼い頃みたく立派になっちゃったツノ。
“人間になりたいと願う切っ掛けになった彼を罠に嵌め、自分と同じバケモノに仕立て上げようとした”というモノローグからはヒロを覚えていたとも受け取れますが、彼がゼロツーを思い出した時の驚きぶりからは決して(知ってて騙した)とは思えないんだよなぁ?
きっと彼女は自分のパートナーが誰なのかに気付くまでは、自分と組んでも死なない人間が竜化する事を望んでいたのでしょうけど。

人類の未来を賭けたグランクレバス制圧戦は叫竜の守りも半端なく、ゼロツー同様の人外部隊だった精鋭ナインズに劣らぬ戦果を上げるまで成長した十三部隊も物量に勝る敵にタジタシ!
パパも鬼畜の作戦実行で他都市部隊の自爆攻撃や移動都市に特攻させるも全滅の危機、それでも叫竜の中を丸腰で走るヒロにイチゴも根負けして野獣化して単騎で戦うゼロツーの機体へ。
既に人の意識を失いかけていた彼女の思い出、ヒロを通して覚えた「ボク」「ゼロツー」「ダーリン」…この世界に抗う2人は遂に心を通じ合わせグランクレバスの扉を突破、しかし叫竜の核にいた人って何者だ?
(長くなったので、続きは下段で)


次巻

前巻

ヒロ&ゼロツーの清々しいラブコールに泣かされかけて、微妙に引っ掛かったんですがね…実在する絵本だった「まものと王子様」ありきで本作が生まれたのか、本作とのメディアミックス的に絵本が後付けで制作されたのか気になります。
騙した騙されたを越えて、傷付けられる苦しみよりも大きな愛に至る…そう捉えればシンプルな神話なんですけど、見せる構成やキャラ造形と演出で等身大に物語を感じさせてくれます。
オーディオ・コメンタリーも今回からスタッフを迎え、シリーズ構成と監督を担当した錦織敦史&キャラデザ及び総作画監督の田中将賀がゲスト参加で解説。

そういえば例の絵本は本作の副産物で、完全生産限定版DVD特典にもなったのね…作画の南野あき/POOなる人物は、作中の制服コンセプトデザインも担当。
キー回の13話が3人で14話は市ノ瀬加那(イチゴCV)、15話が上村祐翔(ヒロCV)と1巻ゲストだったメイン・キャストも参加に。
やはり声優だけじゃなく制作側がいるとコメンタリーらしくなりますね、例えばイチゴというキャラクターは市ノ瀬の声質や演技によって当初の造形にフィードバックを及ぼしていたとかね…配役オーディションで上手い声優がゴロゴロいても、むしろ作り手を刺激する声かどうかが決め手になっているというのは納得。

でも基本的にはゼロツーの声を決めてからヒロを決めて、メイン2人を軸にして他キャラの声がキャスティングされていったそうで。
感情が抑制されているパラサイトの中でも、より子供らしさが残る10番台のイチゴは起伏が激しい性格なのね…ヒロはというと感情面よりも好奇心が強くて対照的なのが3桁組のミツルなんだけど、その線で考えていくと十三部隊では最高ナンバーのゾロメで辻褄が合わなくなるっていう。笑
プリプロダクションから3年がかりで音声収録が最終工程に近い筈でも、やはり絵に命が吹き込まれるという作品の正念場なのだというのが伝わってきました。
0
    | animation | 2019.10.11 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top