おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「プラネット・ウィズ 3」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

前巻ラストで世界征服の野望を語り、自ら残るヒーローを2人に減らした所長…その内1人は単なる爺さんじゃなく、スーパーマンよろしく飛来した幼い所長を我が子として育てたとは!
一方、既に記憶が回復してる事を委員長に悟られた主人公ですがヒーロー全員の竜の力を回収…最後の1人となった所長はその頃、封印派の手先だった秘書と白犬閣下が合体したネビュラウェポンと対決中でした。
強い竜の力を持つ所長は人類最強のサイキッカーに違いない、そう判断した白犬は秘書を通じてネビュラの対抗勢力を準備させていたのね…それは力の行使に対する、一種の美学として。

ところが所長の力を見誤っていた閣下ウェポンは力負け、そして断りもなくデカネコ先生&仮面主人公ウェポンに続きを丸投げ!?笑
主人公の故郷であるシリウス星系を滅ぼした罪で処刑された竜、その生まれ変わりが所長だったのか?…よく分からないまま最後は主人公の下駄パンチに敗れて灰と化した所長、これで人類の危機は去ったのか?
いやいや、次回サブタイトルは「シリウス」ですし話がスケールアップしそうな予感…夕陽に佇む爺さんの姿も意味あり気でしたし、元ヒーローたちや委員長だって中途半端なままだし。
ちなみに爺さんCVは清川元夢、やっぱ配役が絶妙。


次巻

前巻
0
    | animation | 2019.10.16 Wednesday | comments(0) | - |













    ↑ top