ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
中島美嘉「VOICE」

彼女が歌う「ダーリン・イン・ザ・フランキス」というアニメのOPが、何故か僕にとって妙に衝撃的で気になり出して…本作は多分そんなに新しいアルバムではないと思うけど、図書館に置いてあった中では一番ジャケ写がマシだったので借りてみたという訳です。
あのOPを聴くまで、いわゆる「歌い上げ系の女性シンガー」という印象だったんですよ…そういうタイプは基本的にスルー対象ですし、大抵の写真では病的かヤンキーっぽいのも個人的には好みじゃない感じで。
本作のジャケ写はメイク薄めで、屋久島ロケっぽい深い緑のナチュラル感が好さ気だなぁと思ったのです。

しかし件(くだん)の「ダリフラ」OP曲「Kiss of death」と比べてしまうと、やっぱ(それ以前の彼女)なんだよね本作は…楽曲のテイストが違うって事は関係なくて、単に歌唱の表現力が「Kiss〜」程には備わってはいないという印象で。
いや本作の歌も普通に上手いんですよ?歌唱力は充分にあるけども旧バージョンとでも言いますか、僕が認識していた過去の彼女なんですわ…「Kiss〜」のように、すべてのフレーズが胸に迫る感じがないという。
逆に言えば未だバージョンアップし続けているんだよな彼女って、売れ続けているだけでなく自分の歌声を掘り下げ続けているのね?

全14曲中7曲で彼女が作詞に関わってますが、なんか辛い恋でもしてたの?っていうか全体的に苦しい心情吐露になってますね…特に森三中と組んだ“MICA 3 CHU”名義の2曲などでは怒りモードだし、アルバム・コンセプトというよりはプライベートが反映されているような感じがします。
あるいはそれが彼女のスタンスなのかもしれません、つまりファンが自身を投影したり親近感を抱くような生々しい実在性を中島美嘉という本人と似て非なるキャラクターで演じているとか?…いや適当な想像ですけどね、とにかく今度は「Kiss〜」後の楽曲を聴いてみないと分からないなぁ。


関連あるかもしれない記事:
【いま聴いてるCD】V.A.「RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS」| 2008.07.04
【最近読んだ本】イジマカオル「最後に見た風景 Izima Kaoru 2002 - 2004」| 2014.03.02
0
    | music | 2019.10.23 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top