ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたアート
「伊庭靖子展 まなざしのあわい」(←リンク先は公式サイト)

先日の「最近行ったところ」にも書きましたが、東京都美術館のサマーナイトミュージアム割引で観てきました…といっても割引料金だからとか、夜の美術館が好きだからとかでなくね。
何か面白そうな展示やってるかなー、と調べてた時から興味があって…その数日後がサマーナイトミュージアム割引の日だったんで、それじゃあ折角だからと日を合わせただけの事でした。
作者については名前も知らなかったのですが、具象画で抽象を描いてる感じがして心を惹かれたのです。
撮影された静物を写す、といっても一昔前のスーパーリアリズム的な写実性ではない発想が興味深いなと。

作者自身の案で、展示室の込み入った空間を生かした5パートに構成…先ずI部は最も古い2004〜10年に制作された、ファブリックをモチーフとした作品群。
一見するとスーパーリアリズムの手法を思わせる、画面いっぱいにクローズアップされたクッションやシーツ…それこそアクリルのスプレー描きみたいに筆の気配がなく、しかもここまで鮮やかな発色が油彩であるとは信じ難い思いでした。
そして遠目にはモチーフの手触りや織りの繊維まで感じられるのに、間近で観ると本当にベタでエアブラシっぽくて…薄塗りを重ねているのでしょうけど、油絵の技法に疎い僕には謎。笑
(下段に続きます)


〈現代美術〉関連記事:
【最近読んだ本】山口裕美「COOL JAPAN」| 2008.03.25
【最近読んだ本】トーマス・マックナイト画集「Windows on paradise」| 2008.12.09
【最近読んだ本】ミッシェル・ライリー「フランシス・ベーコン」| 2009.02.19
【最近読んだ本】「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】川俣 正(作)、村田 真(文)「A WALK ON THE BRIDGE 橋を歩いていく」| 2009.11.27
【最近読んだ本】佐藤雅彦+菅俊一+石川将也「差分 Difference」| 2012.10.06
【最近読んだ本】ドリ・ハダー「ミンガリング・マイクの妄想レコードの世界」| 2012.12.22
【最近行ったところ】企画展「アートと音楽 ――新たな共感覚をもとめて」| 2013.02.03
【最近みたDVD】「痛みが美に変わる時 画家・松井冬子の世界」| 2013.04.28
【最近行ったところ】「フランシス・ベーコン展」| 2013.05.07
【最近みたアート】「アンドレアス・グルスキー展」| 2013.09.03
【最近読んだ本】「アウトサイダー・アート」| 2013.11.08
【最近読んだ本】「メディア芸術アーカイブス 15 YEARS OF MEDIA ARTS 1997 - 2011」| 2013.11.14
【最近読んだ本】千足伸行「すぐわかる20世紀の美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで」| 2013.12.02
【最近読んだ本】齋藤芽生「徒花図鑑」| 2014.08.12
【最近読んだ本】チャールズ・シミック「コーネルの箱」 | 2014.10.05
【最近行ったところ】企画展「MOTコレクション 戦後美術クローズアップ」| 2015.07.30
【最近読んだ本】山下裕二(監修)「超絶技巧美術館」| 2016.08.03
【最近行ったところ】「ボストン美術館の至宝展」| 2017.08.21
【最近みたアート】「理由なき反抗展」| 2018.09.14
【最近みたアート】「マルセル・デュシャンと日本美術展」| 2018.10.30

II部は'12〜16年に制作された陶磁器モチーフの作品群、I部よりも引いて画面中央に全体が収まっている事と質感が一転してカチカチなのが分かりやすいですね…リネンの柔らかな反射光から硬質で透けるような青磁へ、視覚という光学的な認識に主眼が置かれているのだと思いました。
面白いのは、油彩と水彩で同じモチーフを同じアングルで描きながら同じ写真ではない点です…それを並べて展示していないのも意図があるのか、そして水彩画は全52点の内この3点だけだったのも気になるな。
逆にいえば、それなら何故アクリル画がないんだ?というのが僕には不思議で。

III部とIV部では更にモチーフから離れ、より透明感の高いガラス製品と共に周囲も描写の対象となります…これらの制作年代は'16〜19年、展示会場の館内で撮影して仕上げた作品も含まれていたようです。
といっても背景はアウトフォーカスだったし、そこは気にしてなかったので分かりませんでしたが…モチーフには透明なアクリルボックスや紗の懸かった複雑な反射光が映り込み、いよいよ視覚による認識の際どさを顕(あらわ)に感じます。
そして最後のV部は、'18〜'19年に制作されたシルクスクリーン作品10点+2点で1対らしい映像インスタレーションでした。

前4部のアプローチとは大きく異なる作風で、ちょっと面食らいました…ここにきて観点を変えられると、流れとして繋がりがあるのかないのか戸惑いますわ。
やはり写真ベースながら主体のない風景画で、粒子の粗いモノクロ画像のようだけど…?っていう、このコーナーだけ観る事を拒むような挑むような印象が。
思えばI部の明るさと鮮やかさから徐々にローキーなコントラストへと慣らされてきてたのかもな、でもそこからグレー・スケールをカラー印刷したような無人の光景に連れ込まれてしまう流れが読めず。
それまで観ていた「対象物との距離感」を急にうっちゃって、一体どうした!?笑

実際、I部は海外インテリア雑誌のような雰囲気があってII部もカトラリーのパンフレットを思わせる感じで…IV部も縁側っぽかったけど、思えば画面の向こうに感じた人の息遣いが徐々に遠ざけられてたのかも。
温もり、親密さ…そういう有機性を脂抜きした、まるで「機械化人間が絶滅した人類の痕跡を照合している」的な感覚が最初から仕組まれていたとしたら凄過ぎですよ?
いやまぁ作者の意図ではないでしょうね、個人的には衝撃的な感覚でしたけど。
映像作品は立体視でノイズがムクムク浮き出す幻覚系&記憶の襞をまさぐるトリップ系、関連性は不明ながら病み付きの恍惚感が。笑
0
    | visited / plan | 2019.09.13 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top