ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「色づく世界の明日から 1」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

“ながさき星祭'78”?といっても1978年ではなさそうな近未来、母親がいなくなってから毎日が色盲状態の月白瞳美…代々、魔法使いだけど彼女は魔法嫌い。
一緒に暮らすおばあちゃんから、いきなり60年を遡って「高校生の私に会いに行きなさい」って言われて…“決められた事だから”“行けば分かる”って、一方的に2018年へとタイムトリップして見知らぬ部屋で勝手も分からず右往左往。
その部屋の主である葵唯翔(ゆいと)がいない隙に窓から脱出するも、彼の同級生に見られていて…そんな面倒見の好い仲間たちと過ごす、同じだけど少し違う過去世界でのお話ですかね。

窓に掛かった鍵さえもロスト・テクノロジーで、絆創膏も知らない瞳美…まぁ色々あって臆病なんでしょうけど、焦れったい子です。
唯翔の同級生に連れて来てもらった「まほう屋」、60年先では琥珀おばあちゃんが営む店だけど今の彼女は女子高生…しかも魔法留学中で不在のため、瞳美からすればひいおばあちゃん&ひいひいおばあちゃんの計らいで帰国するまでホームステイする事になって。
そこで耳飾りを落とした事に気付き、探しに行って唯翔の絵を見た刹那…その絵を通じて、何故か周囲も色付いて見えたのでした。
あの絵を、また鮮やかな世界を見たいと願う瞳美は転入した高校で唯翔と再会。

でも今時の学校が、身元引き受け人だけで転入させてくれるかねぇ?…とかいう野暮はナシ、'18年の日本とはいえ魔法が認知されてる位ですし多少はね?笑
ただし若き琥珀ばあちゃんの残した数々の武勇伝によって、多くの生徒は魔法使い=破壊神的なイメージを抱いてる様子…とはいえ魔法使いは珍しいらしく、しかも既に唯翔のカノジョ疑惑が噂されてるという居心地悪さに涙目状態の瞳美。
ちなみに唯翔の女子評は“絵にしか興味ないザンネンな人”らしいです、まぁ確かに無愛想ですが少女漫画の主役はこういう奴だし。
気を取り直し、彼の絵が見たい一心で写真美術部へ。

体験お絵描きも、色が見えない瞳美だけに常識に囚われない色遣い…フォロー役のクラスメイトあさぎに騒動の種蒔き役くるみ、唯翔の幼なじみ将と1コ下ながら立ち位置読んでる千草が写真部+唯一の美術部員である唯翔を加えた写真美術部に入部を決めた瞳美。
徐々にモジモジ癖が抜けてきた瞳美ですが、この子を見てると疲れるわ…いやそりゃ事情はあるのでしょうが、続きを観るか悩むわ。
でもなー、琥珀が帰国の途に就いてるようだし次を観て決める事にししょうか。
イメージカットの背景作画は実写並みですね、写真からCGで起こしてるにせよ頑張ってますP.A.WORKS

琥珀おばあちゃんCVは島本須美、もしやヤング琥珀もなのか?…あさぎCVは市ノ瀬加那で出番少なめの琥珀の父&妖精CVに森川智之、琥珀の母こと瞳美のひいおばあちゃんCVは大原さやかで琥珀の祖母/瞳美のひいひいおばあちゃんCVは何と潘恵子ですか!

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その53


次巻
0
    | animation | 2019.11.10 Sunday | comments(0) | - |













    ↑ top