おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ダーリン・イン・ザ・フランキス 6」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

16話からOP&EDが変わりました、OPは中島美嘉「Kiss of death」別アレンジに…どちらかというと個人的には前巻までの方が、歌唱にも楽曲にもドラマチックで好みだけど。
さて遂に心から互いを受け入れ合えたヒロとゼロツー、ですが叫竜(きょりゅう)の巣窟へと通じるグランクレバス攻略戦は序ノ口に過ぎません…多くの都市が自爆アタックで壊滅し、ヒロたちパラサイトの住むミストルティンもボロボロに。
ギリギリの補給物資で自活を続けて早1か月、ゼロツーもじゃじゃ馬っぷりが嘘のように馴染んでます…人間になりたい衝動が、ヒロとの件で治まったのかも。

長い休暇の中で溢れ出す思い、パパたちに見捨てられた疑念やフランクスに乗れる心身の限界…そして唐突なココロとミツルのキス、というかタイトルはフランクス+キスだったのかな?
戦いに明け暮れ、それ以外には何も知らなかったパラサイトの日常…それは博士の配慮なのか企みなのか、人間らしさって何なのか。
折角の好いムードも、押し掛けたナインズの同居からまた暗い気配に…ココロが廃墟から持ち帰っていた出産の解説書は“自分がいなくなる前に何かを残したい”彼女の密かな希望でしたが、それはパパが禁じた内容だと言い“気持ちわるい”と嘲笑するアルファ。

そこに第十三部隊の監督官ナナ&ハチが現れ、ココロを叱責中にナナの感情が爆発?…この2人もパラサイトだったのかぁ、つかアルファって説明キャラかよ!
どうやら思春期前のパラサイトには、フランクス操縦のために生殖機能が残されているそうで…しかし去勢されたオトナ達がコドモを寄生虫呼ばわりしてる世界ってのもエグい設定だわ。
その頃、叫竜勢トップに降伏勧告に向かっていたパパ2名を“人間に成り済ます者”と見抜き瞬殺した「叫竜の姫」…これは人間vs.叫竜の構図から、人間もどきと三つ巴になるのかな?
しかも姫って001なの?

叫竜の姫がナンバリングされてるって事は、叫竜自体が人造生命体なのかな…そして人類の最高指導者であるパパ達が人間もどきだったら、ココロとミツルの子作りこそが真の希望かも?
次々と思春期を迎えつつある第十三部隊の面々、イクノの告白に「生きてるって、面倒臭い事の積み重ね」と返す達観ぶりを見せるイチゴ…ミストルティン最後の日はココロ&ミツルの結婚式で終わる筈が、ナインズ率いる強襲部隊に連行された危険分子の新郎新婦は再教育プログラム行きに。
そして竜化が進み角が生えてきたヒロ、彼は満更でもなさそうなんだけどハッピーエンドは期待薄かもね。

しかし今更ながら色遣いが絶妙ですな、特にOPの前期と対になるカラー・デザインとか…立体視の3Dメガネを思わせるマゼンタ×シアンというテーマカラー?も、様々な二項対立を埋め込んだストーリーの暗喩になってるんでしょうし。
ナナのCVは井上麻里奈でアルファCVは斉藤壮馬、叫竜の姫こと001は釘宮理恵


次巻

前巻
0
    | animation | 2019.11.15 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top