ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「魔法少女特殊戦あすか 1」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

(魔法少女+戦隊モノ?)
上のTSUTAYAディスカス作品ページには解説文もレビューもなく、パッケージ画像も新作とは思えない地味さで…限りなくハズレ臭い博打と思って借りてみたら、意外と話は骨太そうです。
絵柄は現代版セーラームーンといったお決まりの美少女記号、そして重火器の精密描写など今時ですけど。
魔法の背景には過去の荒唐無稽な異世界大戦を設定、ぬいぐるみ状のファンシーな外見を持つ生命体の襲撃と敵対勢力の精霊界に支援された人間界で選ばれし少女が変身して戦うのです。
ありがちパターンだな、と思ってたらアバンでラスボス倒して3年後が本編なのね。

アバンの性急な背景解説は(前シリーズからの続き?)と思わせますが、おそらく前作とかなくて単に経緯を端折っただけでしょうな。
世界を救った9人の魔法少女、生き残った彼女ら5人は平穏な日常へと戻っていきました…とはいえど魔法は解けてなくならず、その半端ない戦闘力は人間界で放っておかれる筈もなく。
転校生あすかはスポーツ万能な“深夜アニメのヒロイン系”、もちろん彼女は国家機密マジカルファイブの一人…戦時中の報復で家族を惨殺され、今は陸自将校の飯塚が保護者替わり。
平和な世界の女子高生として暮らしながらも、人知れずPTSDを抱えてます。

親しい人を巻き込まないため人付き合いを避けてきた反面、事件のニュースを見る度に自分の使命を果たしてないような罪悪感に捕らわれる彼女…絵柄の割に結構ヘビーな設定ですな、陸自の新設した対魔法生物部隊への加入を拒むあすか。
しかしテロリストの無差別殺傷に居合わせ、友人が狙われた瞬間に魔法少女ラプチャーとして単身で事態を制圧完了…飽くまで友人たちを守る以外に変身しないと頑なに参加要請を拒む彼女ですが、認識阻害の魔法効果も魔法関係者には通じず身バレしてたのでした。
世界各地のマジカルファイブを炙り出す“悪い魔法少女”の目的とは如何に?
(下段に続きます)

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その54


次巻

ラスボスが倒れても世界は平和にはならなかった、凶悪犯罪や様々な紛争が魔法少女の戦いを終わらせない…あーなんだか「竜二」を思い出しちゃいました、人並みの生き方を続けられずに望んではいない居場所に帰るしかない的な感じが。
ただし“強い力は人を変える、人が力に使われるようになる”“力に使われるのではなく、使う側でいるため”“まともな世界から、離れてしまわないように”といった独白からは、また別のアウトロー感が漂ってきます…昔のヒーロー物が得意とした、いわば「デビルマン」的な孤高さかも。
渋谷と新宿三丁目の崩壊景色、なんか物足りないな。

テロリストの報復に加担する“悪い魔法少女”は、壊滅させた旧敵ぬいぐるみ魔法生物の残骸を改造して正規の魔法少女データ収集。
特戦軍とは名ばかりで、魔法生物に対抗し得るのは国内に1人しかいない元戦友の魔法少女…前衛が不可欠な回復魔法に特化したウォーナースことくるみは、あすかが守ると約束してリクルートした巨乳でした。笑
“私を魔法少女にしておいて、自分は逃げ出すなんて”という次第で、くるみもあすかのクラスに転入してきます…なんか外堀を埋められてますあすか、次巻辺りで観念して特戦軍入りするのだろうと思われます。
あるいはグズりまくるか?

結局この先は「ヨルムンガンド」みたいな現場で、大戦の英雄として戦い続けてくのでしょうけど…最近こういう「過去の戦乱が」っぽい色を付けたアニメって増えてる気がしますな、どんな気配が制作側には軍靴の足音に聞こえてるの?
'19年の作品で、アニメーション制作はLIDENFILMS。
0
    | animation | 2019.11.27 Wednesday | comments(0) | - |













    ↑ top