ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ダーリン・イン・ザ・フランキス 7」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

グランクレバスから地底へと、叫竜(きょりゅう)の姫にパパ代表が降服勧告をする束の間…あの非情な博士がヒロ達に与えた平穏も、パパ達が探りを入れさせたアルファの報告で幕切れ。
ココロとミツルは禁忌を冒したとして互いの記憶を消され、第十三部隊は他の部隊に合流させられました。と、ここまでが前巻の話。
記憶操作に抗議する博士の回想は、若き日にパパ達と出会った頃から始まる経緯の解説ね…倫理的に問題のある実験で疎まれていた彼は、成金科学者集団の下へ追放同然に転籍させられ。
彼らはマグマ燃料の採掘でエネルギー革命を実現、博士は不老不死の研究に。

この先はストーリーの要なので詳細は下欄にまとめとこ、しかし濃いわ第19話…これを20分に収める構成力ね、ほぼ回想メインとはいえお見事!
そして第20話はEDなしで第21はOPもEDもなし、主席パパの正体と目的が明かされて急展開しまくり!…って今更ですけどネタバレ反対な方、一応この先はゴメンナサイです。笑
さて、ココロとミツルの件で反抗期突入?の仲間たち…肝心の2人が大人しくなっちゃったのとは裏腹に絶対的な存在であるパパ達を糾弾、自分とゼロツーの件も込みで怒りMAXのヒロは三行半を突き付けるもアッサリ了承されましたよ?

次の任務さえ完遂したら、という言質の裏を返すと最終決戦?…ヒロ&ゼロツーはグランクレバス制圧時に獲得した巨大兵器の起動、残りメンバーは叫竜に備えて防衛ミッションだそう。
巨大兵器にヒロ&ゼロツーの機体を埋め込んで制御する、ってさ…いよいよパパ達って信用すべきか怪しくなってきたわ、巨大兵器は叫竜のテクノロジーだろ?
冷ややかだったナインズも、今じゃ露骨に挑発してくるし…逆に“人間をバカにするな”と返すゼロツー、そこに叫竜の大反攻です。
嵐の前の静けさに未来を語り合うヒロ&ゼロツー、このラブシーンが心ざわつかせるのは演出の妙ですな!
(下段に続きます、久々に長文)


前巻

先ずは博士の回想ネタバレからね、ざっと半世紀ほど昔に遡りまして…博士の予想どおり「不老不死が生殖能力を失わせる」と判明するも富裕層は不老不死を選択、新進の成金組織に過ぎなかったパパ達もエネルギー問題を解決した功績で大幅な政治的発言力を獲得。
停滞期を迎えていた物質文明に繁栄をもたらす一方で、過剰な採掘と砂漠化との因果関係を黙殺…不死となって世代交代しない富裕層が、徹底的な経済格差と同時に人口抑制という口実から出産制限にも肩入れ。
思えば初めっからパパ達の青写真どおりに人類は踊ってたのね、そうして奴らは実質的な全権を掌握と。

まるで時を見計らったように出てきた叫竜と全地球規模の砂漠化対策として、人類は移動型ドーム都市に入居して地上生活を放棄…絵空事にしては人の愚かさを衝いてくるなぁ、まるでナチスの人身掌握術だわ。
一方の博士は叫竜の体内からXX染色体を発見、無論コアのXY染色体にも気付いて丸ごと対叫竜兵器フランクスに流用…つまり人類との共通性を知りながら研究に没頭してたのね、しかも生殖能力を持つ者にしか起動し得ないからとはいえ奥さんでテストしてるし。
その勢いで死体の山を築きながらも、竜化成分入りの黄血球+男女ペアでの搭乗方式を確立し叫竜に対抗。

更に叫竜と戦わせるための生殖能力を持つ子供を生産&育成、情操を培う必要から昔ながらの生活環境ミストルティンがパラサイトに用意されたという次第。
博士の年老いた容姿は不老不死治療を受けてない証拠、てコトは子種の原料もか?
やがて「叫竜には女王蜂的な存在がいる」という噂が、っていうかほぼ主席パパ情報だよな…DNAサンプル目当てに同行した博士は出会った姫に魅せられて、片腕を食い千切られながらも機械の体でクローン作りに邁進。
唯一の成功作ゼロツーを責め苛んでた博士の盛り上がりっぷりが愛の証とは、彼のために命を落とした奥さんも草葉の陰で号泣だわ!

以上が博士の回想ネタバレで、ここからは本編です。
地上のドンパチを他所に到着したグランクレバス最下層、そこで再会した姫に殺されかけて感無量の博士!
巨大兵器の格納場所に向かうヒロ&ゼロツー機に追い付いた姫は、コックピットを解除しゼロツーを“紛い物”呼ばわりで強制排除。
実はゼロツーって、博士の性癖以前にパパが作らせた「姫の代替品」だったのです。
この巨大兵器を動かすには、叫竜人の兵器だけに叫竜成分が不可欠と…それは流石に詳し過ぎだろパパ、いくら宇宙人だからってさ。
そうなんです、実は主席パパったら真の姿は宇宙からの侵略者だったのでした。

因みに姫は叫竜の女王蜂ではなく、実は最後の叫竜人だったのでした…そして叫竜も「叫竜人が作った生体兵器」ではなく、自ら雌雄一対で進化した形態だぞ?
主席パパことベルクカッツェっぽい宇宙人の目当てこそが叫竜の巨大兵器でした、ところが姫によって起動されちゃったので人類を踊らせてきた長年の計画も台無しよ…だけど改修作業をしてる間にパパが仕込ませたプランB発動で、いっそ地球ごと爆破しちまえ作戦に変更!
おいおいドイヒーじゃん元パパさん、いや大丈夫よ人類は我らの“永遠の凪ぎ”にご招待〜と間髪入れずマブイぶっこ抜き…やるじゃん、一瞬でオトナ全滅。笑

オトナといっても基準は曖昧で、博士はチンコあるからコドモ扱いだったにせよハチはどうなの?…いや知らなくてOKです、単に居合わせた人間パパだけ吸ってたような感じもするし?
それより巨大兵器の爆弾化だわ、というか姫の歴史解説か…博士の回想どころじゃない、なんと6千万年以上も遡っちゃう一大絵巻!
かつて人類を遥かに凌ぐ高度な文明を築いていた叫竜人に「肉体を捨てよ」と呼び掛けてきた大昔の侵略者、既に精神体に進化して宇宙各所で高度文明をアセンションさせていたのです。
しかし叫竜人が勧誘を拒絶するや全面戦争に突入って、知的と自称する割に強引だなぁ。

実体なき侵略者の物量攻撃という反則技に、対抗する叫竜人側は自らを不死の兵器に改造し叫竜へと進化…ようやく侵略者に勝ったと思えば先遣部隊で、叫竜兵器を取り込む連中の本隊到達に備えるべく地下にて雌伏の時を幾星霜。
その間、弱い叫竜は強い同胞の血肉となって強い叫竜は更に強く進化…それらの集合体が巨大兵器に結実、姫が叫竜人の姿で生き続けた理由も来るべき侵略者との最終決戦のためでした。
博士が受けた警告の意味は「(マグマ化した)同胞に手を出すな」でしたか、人類が叫竜人と同じ進化を辿ったのもマグマ依存に陥ったのも侵略者のせいだけど。

そりゃあ「人類のトップが侵略者でした」なんて、姫に分かる訳ない罠…人類だって知らなかったもんなぁ、侵略者の襲来しか眼中にない姫にしてみれば人間はウザいだけだったけども。
人間が手を出した巨大兵器が罠、そう気付いた時は姫も爆弾化…で、自分が死ぬか爆発するかの二択という有様。
以上、道連れにされた竜化ヒロが姫の意識にコネクトして垣間見た歴史でした。
その頃、地上部隊は大騒ぎですよ…主席パパのネタバレ放送〜姫からの脳内電波で通信途絶+いきなり降って湧いた侵略者の実体兵器と叫竜とで三つ巴だもの!
ゼロツー劣化版ナインズ、パパの忠犬から野犬化。笑

コントロール室に避難していた博士は、ヒロが姫の意識にアクセスして爆弾化が停止した事を確認…自らの戦況判断でヒロを助けに戻った第十三部隊と、瀕死のゼロツーと共に巨大兵器の最終ゲートを目指します。
侵略者が仕組んだ爆弾化は、想定外だったヒロの介入が進行の妨げになっている…更にゼロツーを加えたなら不確定要素が増し計画の確度は落ちる、つまり爆発を止める可能性は上がる!
というか今のゼロツーには侵略者も爆弾も関係なくて、紛い物とかもどうでもいいのよ…ヒロとの約束を果たす、それだけのために。
迫り来る実体兵器を食い止める仲間たち、アツいぜ!

最終ゲートを開く秘策は、博士の義手に生かしていた姫の細胞でしたか…イカレ科学者なりの贖罪に、いわば毒親とも言える彼への感謝で応えるゼロツーに涙。
えぇ大状況とかベタでしょ、それでもグッと来ちゃう演出なのよ…半ば爆弾化したヒロにも諦めないゼロツー、紛い物に自分が失くした何かを感じた姫は叫竜の生命力で2人を導きます。
で、爆弾化を無効化し一気に侵略者の大艦隊を撃破!
またしても6千万年前みたく捨て台詞を残し飛び去る元主席パパ、今まさに地球全土は逆転勝利の歓喜に沸き返…って、まさか燃え尽きちゃったのかゼロツー?
この終わり方はナシだろ!

“この戦いが終わったら俺達を自由にしてほしい”というヒロの願いも、もしや死亡フラグ?って内心ビビってたらコレだもんなー!
これで次回もしゼロツーが死んでたらヤバいわ、彼女のツノが折れたの見せても(人間になれるのかな?)とかは誰も思ってませんから…コードナンバーを剥奪されてナナじゃなくなった旧ナナや、理由も分からず悪阻に苦んでたココロの消された記憶は戻るんでしょ?
だけど全力出し切ったイクノの総白髪は戻らないんだろうね、だとしたら一撃で大艦隊を葬ったゼロツーの魂も戻る気がしないわ…作り話が上手いのも程々にしやがれってんだ、ったく!
0
    | animation | 2019.11.28 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top