ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「おかしなおかしなおかしな世界」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

'63年のMGM映画で原題は「IT'S A MAD, MAD, MAD, MAD WORLD」、スタンリー・クレイマー監督作でスペンサー・トレイシーを筆頭に当時の有名俳優を多数起用したスーパーシネラマ超大作!…とはいえ、今の感覚で可笑しいかは流石に微妙というか厳しいかも。
大体、始まって2分半も歌だけで画面真っ暗じゃ故障かと思いますよ…それから「80日間世界一周」みたいなソール・バスのアニメでオープニング・クレジットがあって7分後から本編。
中盤90分過ぎにインターミッション、ラストも例のライオンが出るまで2分半もスクリーン真っ黒の送り出し音楽だけですからね。笑

そもそも上映時間が160分というのが昔の映画っぽく感じます、近年は映画館の上映サイクルなのかDVDの容量に合わせてるのか90分前後の尺が多い印象で。
それに慣れちゃったせいなのか老化なのか、映画館でも長く座ってるのがシンドくなってきましたし…でもボリウッド映画とかは未だに観客をタップリ楽しませようという意気の、2時間程度じゃ終わらせないぜ?的なイメージがあります。
日本語音声は、TV放映時にカットされた半分くらいがオリジナルの英語音声。
しかしリマスタリング版なのか割とシャープな映像で、開始早々の派手なカー・クラッシュも90年代級。

だけど「35万ドルの大金」ってのは、やっぱり時代を感じますなぁ…居合わせた男達に、息絶える寸前の老紳士が漏らした隠し財産を巡る大騒動の始まり〜!
老紳士は「サンディエゴの南にあるロジータ・ビーチ州立公園の“大きなWの下”に15年間も埋めたままの大金をくれてやる」と言い遺しましたが、事故現場に駆け付けた警察も彼を追跡していた様子…明らかに何か知ってそうな口振りで、やはり連中は隠し財産を横取りしたい警部の指金。
15年前の缶詰会社強盗事件で服役していた老紳士、その目的地は320キロの彼方…各車一斉に猛スタート、しかし警部は監視続行。
(下段に続きます)

先頭を切ったのはプリマスの青いステーションワゴンに乗ったハネムーン中の歯科医メルヴィルと新妻モニカ、続いて赤いワーゲンのオープンに乗る太っちょベンジー&グラサン男ベルの2人組み…家具運搬のトラック野郎レニーを追い抜いた、クライスラーの水色オープンカーには病弱社長のラッセルとバカ騒ぎに呆れる妻エメラインにヒステリックな義母マーカス夫人。
途中で歯科医夫妻は半世紀前のボロ飛行機をチャーター、トラックに追突されたラッセル一行は通りすがりの英国人大佐のジープに便乗…トラック野郎は通り掛かったオットーを引き込むつもりが、おぉっと新たなライバルに豹変しました!

赤ワーゲンの2人組も富豪タイラーの自家用飛行機に乗り込もうと悪戦苦闘、リードしていた歯科医夫妻はツルハシとシャベルを買おうとして地下室に閉じ込められ…と逆転また逆転の道中、更にマーカス夫人がバカ息子シルヴェスターを巻き込み離合集散しながらも海辺の公園に各者到着。
家庭の揉め事に嫌気が差した警部は、目的地がメキシコ国境に近いと気付いて自ら囮となるフリで味方をも欺こうと周辺の包囲網を解除…隠し金はあるのか、そして誰か手に入れるのか?
これは警部の独り勝ちだろうと思ってたら、そこから老体に鞭打つスペンサーの足掻きっぷりにビックリ!

最後は笑えない自分たちを笑い飛ばす、旧ルパン後期みたいなオチ…好いねぇ、底抜けの諦感というか。
ヴィンテージカーの公道レースなんて、さながら実写の「エディット・レーシング」ですわ…シルヴェスターのダッジもオープンカーだし、昔のポリスカーやプロペラ機なども実に魅力的で。
それと「イギリスはアメリカが援助しなきゃ沈没してるクセに感謝もしない」とか「アメリカの男性は去勢された奴隷で二言目にはオッパイ」などと、妙に直球な米英イヤミ合戦も傑作。
コロンボ前の若いピーター・フォーク(CVたてかべ和也)も、イエロー・キャブの運ちゃん役で出演。

他にもチョイ役で序盤にジェリー・ルイス(CV近石真介)、先日の「ミスター・ロンリー」でソックリさんが出てた三ばか大将は中盤の出オチ状態…終盤にはバスター・キートンも出てたようで、シュレルズを主題歌に起用するなどMGMも相当ノリノリだった?笑
カルペッパー警部を吹き替えた森山周一郎の声が若々しい事、他にも吹き替えの声がいちいち懐かしかったなぁ!…という訳で、主な役柄の声優を記しておきます。
ラッセル役CV羽佐間道夫
メルヴィル役CV穂積隆信
ベンジー役CV和久井節緒
ベル役CVも近石真介
シルヴェスター役CV青野武
マーカス夫人CV寺島信子
オットーCV勝田久
0
    | cinema | 2019.12.05 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top